FC2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
P40N ハセガワ 72 完成です。
ハセガワ72 P40N 完成いたしました。

形がいいし、部品は少ないし、いいキットでした。
ただね。機首の排気管が水平でなくちょっと上向
に付きますね。前(機首方向から見てソの字になり
ます。ここは両方の排気管が水平になるよう調整
すれば良かった。あと、後輪の軸が長いかな。

これから作られる人はちょいと気を付けてみて。

さてッ前回まででほとんど部品付いていたわけで、
あとは作り時に切り飛ばした、翼端灯やらピトー管
機銃なんかを付けて塗るだけ。
CIMG3040.jpg
CIMG3041.jpg
翼端灯は、エポパテ練って、筋彫り用の金属定規の
穴に固くなってきたエポパテを押し付けて型取り
(固くなるまで待つのが肝ですよ)出来のいいのを
削ぎ取って接着してます。これを型取りして透明
レジンで抜くと透明な翼端灯ができますがどこまで
追い込んでません。
接着はセメダインのハイグレード模型用を使用。
これ確か2年前の静岡で買ったもの。使い勝手いいの
ですが、こういうとこでしか使わないので全然減り
ません。去年の静岡で、セメダインのブースの人に
「これは、使いやすくて重宝してますありがとう」と伝え
て喜んでいただけたんですが、この調子で使ってると
10年は持ちそうです・・

でっピトー管は同じ時期にP40やってたプラモ名人の
ヒロシさんがピトーのでっぱりまで再現されてて・・
うちもやっとくかってことで、お手軽にプラ片を貼りつけて
おきました。ちなみにピトー管は0.35㎜の虫ピンを切った
ものです。
CIMG3042_20181007044951a91.jpg
CIMG3043_2018100704495249a.jpg
CIMG3044_20181007044953701.jpg
CIMG3045_20181007045941a85.jpg
キャノピーは後ろの2本のフレームが細く決まって
良かった。
タイヤはカバー有がキットのデフォ。実機通り
カバーの縁どりを入れました。
スポークタイプのタイヤもあれば、塗装の
バリエーションに対応できるのにね。

足カバーとか、機首の仕切りとか薄く出来るのは
極力薄くしてます。

機銃とかピトー管は0.4㎜の真鍮パイプ使いました。
この真鍮パイプ、銀座の天賞堂とか、川崎の電車模型
の専門店で買った、肉薄の真鍮パイプです。
九州ではどこで売られてるのだろう手持ち在庫がつきそう
です。ネットで探すと見つかるかな。

さてっ仕掛品が山のようにあっても、1っこ出来ると次が
気になるもの。
CIMG3047_201810070459445e1.jpg
昨日台風で外にも出れなかったので、いろいろ出したり
しまったり。
リマさんが最近完成させた、かっこいいコルベット見て
コルベット作りたくなったり、シボレーならカマロもいいな
って引っ張ってみたり。
最近出たジェミニのイルムシャ―からデカールやら
レカロシートやら、ホイールなんかを取ってきて、角目四灯
を117クーペから持ってきたら、ピアッツアネロとか、カゲムシャ―
仕様にできないかとか妄想したり。

97戦作って最近の老眼に優しく、48のぺロ作を増やそうかとか

CIMG3046_20181007045942db7.jpg

P40の合間にやってたこいつも大体部品ついたし、塗るか。
でわっ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
完成おめでとうございます。
ハセガワのP-40基本形は良いんですがなんだかんだ言っても古いですからね。
アカのキットはタイヤがカバー付きとスポークの両方入ってますし、キャノピーも2種入っていますよ。

1つ完成すると仕掛品があっても新しいの開けたくなっちゃう気持ち分かります。
コルベット逝っちゃってください(笑)
2018/10/09 (火) 14:31:32 | URL | ヒロシ #-[ 編集]
ヒロシ様ありがとうございます。

アカは部品取りに良さそうですね。

流石、ヒロシさん、私の行動読んでますね。
コルベットの部品外して組み始めました。

2018/10/10 (水) 05:32:21 | URL | taki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ