taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
リベットに関する私事
細かい話なのですが、リベットについて。

長文になります。

枕頭鋲は打つと頭が表面と平に合う
ようになってます。
なので、鋲を打つ穴には、フレームにドリルで
窪みを付けたり、外板も厚いのは鋲の頭分板を
削ります。なので、穴が深いと鋲の頭付近の板が
へこんだようになります。
河口湖のフレームだけの零とかみると穴の周りに
窪みが付けられているのが分かります。

板のほうも、フレームの穴に合わせて、あらかじめ
穴をあけておき、フレームに位置合わせしてから
鋲とめします。この下穴あけの精度が落ちると
外板に歪みが出ます。末期の日本機の波うちは

上記の理由の組み合わせで、出来たものだと推測
されます。

もともと、歪んでついてる外板なので、飛行による
ストレスや、磨きなどがあると、フレームより押し込め
られるので、へこんできます。これが私が思う機体の
べこつきです。
末期のドイツ機辺りは外板が厚いこと
もありますが、工作精度も高いのでこういうリベットの
乱れは見られませんね。リベットラインをパテ埋めしてる
写真もme262やme162なんかにはみられるくらいだし。

img_1122.jpg
あきみずさまのサイトより。
大きなフレームの穴の周辺がへこんでいるのがわかる
ト思います。(河口湖のゼロです。)
CIMG2445.jpg
私が持ってる実機の外板(グライダーですが)
鋲周りが削られてます。

日本機でも、厚板使ってる彩雲とか、大戦初めの
機体がきれいなのも上記の理由だと考えてます。

零と紫電改以外は案外綺麗だもんね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ