taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
F5A銀塗り。
前回ざっと下面に銀塗りましたが、インテーク周りも凸凹
を。修正したり、ペーパー掛けの跡を修正したりしているうちに
銀塗装はすっかり落ちてしまいました。

でっ改めて銀塗り、今度は下地に黒を塗って。
下地をチェックしてから塗りました。
銀塗り開始
最近は、薄い塗膜で、下地が透けるように塗るのが流行
ですが、それはブラシの話。筆だと黒塗ったから金属感がでる
というよりは、塗り残しが良くわかるのと、プラ時にそのまま
塗るより色のりがいいのが黒く塗った理由です。

でっ今回は使い込まれてしかも銀色に塗られている機体が
モデルです。なので銀色にフラットベース投入です。
塗った後の表面積が増えるからなのか、つや消しのほうが
塗料の乾くのが早いというのは、模型作ったことある人なら
実感している現象です。

ちょこまかちょこまか筆を動かして、乾いたそばから塗り重
ねていきます。

ここで、裏ワザ、大体塗れたら、一旦クリアーを塗ります。
銀塗装が筆で難しいのは、銀の粒子が露出していて
乾いて塗り重ねても前に塗った銀粉を拾ってしまって
ずっとむらが残ってしまうこと。

クリアー層入れて一旦塗膜を固定してしまってから上塗り
すれば綺麗に塗れます。本当ですよ。
カーモデラーさんが仕上げ近くにクリアー分の多い銀を
噴くテクニックと似た考えですよね。

最近はやりのぺかぺかの銀塗装には使いにくいテクで
すが、昔の自衛隊機なんかにはぴったりの塗りかたです。

で塗りあがりました。
塗り終わり
ぺかぺかの塗りあがりが欲しいわけじゃないので、仕上げ
も、つや消しクリアーでコートしてます。

上面も、塗りながら気になったところを削ったりやすったり
しながら塗ってますよ。
上面も塗りながら修正
筆塗だとこんなことも簡単ですよ。

さてハリアーは、アウトリガーを塗り分けて
脚生やしました。
足が出る
デティールなんか何にもないキットなのに、前脚の
雰囲気だけいいんですよね。不思議。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ