taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
懐かしい話
まあ、プラモは子供の頃、王道の遊びでしたから
物心ついたときには、何かしら作って遊んでたわけです。

プラモ屋の棚に売れ残って(箱の価格にシールが貼り足して
あってね。最初600円くらいだったのが1200円とかになって
るんですよ。) いるレベルの32シリーズなんかを作ってた
訳ですよ。レベルの32の52型が当時の私のリアルなゼロ戦
だったんですけど、ちょっと高めのハセの52型丙も買うわけ
で、造り比べになるわけで、そうやって組んでみると、
ハセのが断然かっこいいわけですよ。

そうやってプラモって実物の縮小でも、メーカーによって全然
ちがうんじゃんって感じたのが、私がプラモに足を突っ込む
第1歩目だった気がします。
そうそう、LSの32ゼロ52型は全然似てませんでしたね。
(LSの企画じゃなくて、つぶれそうな会社の金型だそうです)

2歩目は、PPC作品集を模型屋で見たときの驚き。
3歩目は、エアフィックス24のメッサーE型の作例を小坂さん
が作ってるモデルアートを購入したときでしょうか?

というわけで、ハセが新しいゼロを32で出したそうなので
初心に戻るかと、購入してきました。

箱絵のカウルのリベットラインちがうやんなんて細かいこと
言いませんよ、タミヤなんて風防内機内色で塗っていて
これは、浜松の広報館の52型ですか?なんて箱絵だもんね。

言いすぎました。

タミヤのすきを突いたのか、52型丙です。
でも、私は初代32キットをやり直してくれたんだと思って嬉しく
なってたんです。

作るのはいつになるのかわかりませんが、ハセへのお布施
ですね。

年取ると、懐かしいのが嬉しいですね。
新ハセキット
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ハセガワの零戦でPPCに応募し、入選したのが大学生の時でした。
受験だったのに製作してたのは高3だったのですが、その年の締め切りに間に合わず、翌年一般部門で応募。
前年に間に合ってれば一つ下の高校部門だったので結果は違っていたかもなんて今では懐かしい思い出です。

私も当時のキットと今回のキットとどう違うのか、作ってみたい気はありますが、なかなか時間が…(笑)
2016/07/22 (金) 14:05:23 | URL | ヒロシ #-[ 編集]
私はPPC終わってからですね。プラモ
まともに作り出したの。
高校生のころから、すごかったんですね。
尊敬します。

そうそう、32のキットなんて手を出さないようにしてたのに、旧キットとなにが違うのか
とか、タミヤと比べてどうなのかとか気になって

いらんもん買いそうです。旧長谷なんて
3000円しませんしね・・
2016/07/23 (土) 11:25:54 | URL | taki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ