taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
小物小物
小物を少々進めていきましたよ。
まずはフォッケ。
防弾版
キャノピーを後期型にしてしまいましたので
合わせて防弾版も変更の必要があります。
ドラゴンの152作ったときの残りのエッチング
を利用してパテ細工します。
フィッテリング
こんな感じになりますよ。しかしドラゴン以降
の各社図面は参考にしているのが同じなのか
部品の流用が利きますね。JMCではハセのジャン
クを探しておきましょう。
こいつで
ささっと色塗って組みつけていきましょう。
機軸とスピナが・・
ここまで組んでみると、スピナが下向いちゃって
ます。かっこ悪いのでなんとかしなきゃね。

エルロンのタブは飛び出させました。
キットはこう。
エルロン
図面を見ているとこのようになったものや。タブの
切れ込みは入っているが、幅はエルロンと同じもの
やら切れ込みだけのものなど。統一されてません。
タブの切れ込みにまで、言及されてるメッサーなん
かとは資料の追い込みが違うようです。
いろいろ悩みましたが、この写真を参考にして
エルロン2
上の写真のように、エルロン修正いたしました。
本当はどうなってんだか。
キャノピーの上のフレームの塗装とか、プロペラの形状
やら、作り出すとややこしいことばかりです。
余り気にせず生きますけどね。
もう色塗っていかないといけませんね。この後の作業は
色塗りながら並行してですね。

さてと、隼はといえば
前回掘り込んだオイルクーラー取り付け部。
オイルクーラー
こんな感じになりました。取ってつけた感はなくなったと
思いますよ。
スピナー
ハセの隼で似てないんじゃないかと思う部品1号スピナです。
ジャンクのスピナを削ってみました。雰囲気改善できたと
思ってます。ちなみに2号は足カバーです。3号は脚柱。
あとは、文句つけるほうが罰当たりです。
仮組です。
んで、仮組スピナはこんな感じになります。でも、私が作ろう
と思ってた隼はスピナの後半が外されてました。無視するか
どうするかちょっと考えましょう。

スタイルの追い込みはこんなもんで、こいつも次回から色塗り
ですね。

そうそう、このキットを作られる方は、防弾覆は胴体を張り合
わせるタイミングで接着することをお勧めします。
そのほうが、整形が楽で綺麗に作れますよ。

では。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
背景にチラチラ見えるTa152?の方が
今更気になります
2011/09/20 (火) 00:04:34 | URL | YAMATO #-[ 編集]
こんばんは。

隼のクビレを見ただけでイキそうになります。

takiさんはタミのアクリルカラーご愛用ですか?もしそうなら、筆塗りご教授ねがいたいです。
2011/09/20 (火) 21:03:18 | URL | わかみやん #-[ 編集]
YAMATOさま、ありがとうございます。
152のラインも参考にしながら進めて
ます。152はあっさり仕上げましたので
今回はこってり塗るつもりです。

わかみやんさま、タミヤのアクリルは1本
しか持ってません。クレオスのラッカーが
基本です。タミヤのアクリルはかまちゃん
さんと言う人が筆塗り達人でしたが、最近
HPも更新されてなくお忙しそうです。

どうにも、タミヤアクリルはグロスカラーが
乾かないという思い出がありまして、苦手
です。
2011/09/21 (水) 08:00:45 | URL | taki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ