taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
とりあえず隼から
伸介が法律より、893が役に立つって判断して
たってことなのに、行列・・て番組まだやるん
ですね。役に立たない弁護士って言われてる
ようなものなのに、出演弁護士って恥ずかしく
ないんだろうか?

さて、隼と百舌スタートさせました。
とりあえずカテわけは隼から、作業の多いほうを
カテゴリーに加えていきましょう。

申し訳ないですが、製作を追う方は両方見てくだ
さいね。って今までもカテわけいい加減でしたっけ

まづは、筋彫り。
筋彫り中
ざっとキットの凸を凹に変換。
エンジン抜き
カウルの位置決めの部分を削り取れば、後からエンジン
を入れられるので、色塗る前に胴体が接着できます。
コクピットは後からはめられます。
72のコクピットなので、キットのままで追加工作無しで
行きますよ。
フォッケはここを抜く
フォッケもコクピットを押えるモールドの前側を削り
落とせば、コクピット後はめ出来ますよ。
ということで、塗装は後回しで、胴体接着しちゃい
ます。

しかし、このフォッケ、キャノピーの天蓋が小さすぎて
合わない、調整しようにも風防側は分厚くて所定の位置
に収まらない。なにか対策がいりますね。
キャノピー使い物ならないぞ
では。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
フォッケはレベルのでしたよね?
私も持っているんですが、キャノピーが糞ですね。
確か以前スケビで外国のモデラーの作品が紹介されて、製作記が載っていましたが、ハセのキャノピーが簡単なすり合わせでフィットするって書いてありましたよ。
私もレベルの作るときはそうしようかと思ってます(笑)
2011/09/06 (火) 14:16:04 | URL | ヒロシ #-[ 編集]
ハセのキャノピーですか?今在庫ないし
ハセのA8がコンボしか売られてなかった
ので、レベル買ってきたんですよ。

家にあるのは、アオシマの152とスコードロンの
別売りキャノピーでも、どちらも後が膨らんだ
タイプなんですよね。
使うなら防弾版を自作する必要ありです。

塗装も限られちゃうけど、まずはスコード
ロンでやってみます。
2011/09/09 (金) 07:49:43 | URL | taki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ