taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
すごいぞ、ICM
お手つきでほったらかしていた、ICMの97戦を
しばらくぶりにいじりました。
パーツ数が多く、微妙な調整に時間がとられる
キットですが、基本的な合いやスタイルはよい
キットです。説明書の作り方では、整形がやり
にくかったり、作業がやりにくいところが多いので
少し順番を入れ替えて作ります。
まずは胴体

コクピットの部品をすべて片側の胴体に貼り付け
ますよ。先に貼り付けて後から筆塗りしました。
部品は、床、椅子、計器版、機銃、防火壁と
盛りだくさん。すべて超デティールですよ。
コクピットは組み込みます

コクピットの床は説明書では、最初に翼下に貼り付
けることになってますが、胴体に直付けしたので、
翼との取り付け位置のピンをけづり落としておきました。
翼と胴体をあわせてみる

胴体と翼で干渉するところを調整していくこと
にします。これで、胴体と翼で別々に作業できます。
尾翼は割ります。

全部で5パーツで構成される尻尾ですが。
水平は二つに割って左右後から差し込むことにして
ラダーとラダー下部を先に貼り付けちゃいますよ。
これで、胴体と水平尾翼別々に作業できますよ。
超絶エンジンを組込む必要もあるし、胴体だけで作
業出来るようにすると、後々便利だと思います。
エルロンですよ

翼のエルロンですが、仮あわせします。長さも
形も合いますし、ヒンジ部の位置も合ってます。
しかし、ヒンジの長さとエルロン側の受けの切り欠き
の長さが違います。こうゆう微妙な調整がいちいち
必要で一気に組めないです。
エンジンはこんな感じで収まる

超絶分割で一番問題のエンジンは支持架をつかわな
くてもシリンダー幅とカウル内径がぴたりと合うので
固定には困りません。とりあえずはキット優先で支持架
も組みますが見えないと割り切ればかなりのパーツを
つけなくてもよさそうです。ちょっと気が楽になりますよね。

今回は資料後回し、ちゃんと組むこと優先で作ります。
スタイルもデティールもかなりのものですからね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ちゃんと組める自信がなくてうっちゃりました><
こんばんわ。
買って、おお!と
思うと同時に、
こ、これはどうしようか、
と迷うキットでした。

とりあえずスジボリしてみようかとちょっとスジボリしたところで
どっかにしまっちゃいました。

とゆーことでtakiさんが完成させたのを見てから、
エンジンかけようとおもいました。

ディティールはすごいんですけど、
なんというか、組みづらそうで><
2008/06/09 (月) 00:49:18 | URL | Mach0.9 #SFo5/nok[ 編集]
Mach0.9さま、コメントありがと
表面のデティールはある程度あきらめ
ないと完成しそうにないですが
手順を踏めばちゃんと組めるキット
ですよ。(かなりオリジナルに手順を
踏んでますが)
筋彫りはあきらめて外形だけ追いかけて
完成させようと思います。単色だし
案外早く完成できるかもです。
2008/06/10 (火) 07:24:03 | URL | taki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ