taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
キャノピーは難しいね。
3連休中日、相変わらず怠惰に暮らしております。
今日は彩雲をちびちびといじっておりました。
夜は外ご飯しようということで、朝から昼まで
だらだらと寝転びながらやってましたよ。

デジカメ画像200311 1366

切り取っていた、カウルフラップと排気管を薄く
削って貼り付けていきました。
カウルフラップと胴体に隙間出来て良い感じです。
一番上のカウルフラップのみ、幅の調整がありで
すが、うまく収まってくれました。

デジカメ画像200311 1368

キャノピーにも手をつけました。モールドがわかるよ
うに黒を塗ってから表、裏から削りましたよ。
上から見てフレームからはみ出して見える窓を削り
おとして角が立つようにしました。
さらに、後部キャノピーは後ろに向かって広がって
いるので広がり部分を削って幅が一定になるよう
に削りました。ハを 11にする感じです。
後部キャノピーの下のフレームは最後に
調整するので削り落としてます。
デジカメ画像200311 1370

第一キャノピーの一番前はゆがんでいるので
フレームの部分はカットしてゆがみ部分を減らし
第一キャノピーの裏側を削り込むことで、平面に見え
るようにしました。カットしたところと、サイドにはプラ
板を貼って胴体のカーブに合わせようと思います。
デジカメ画像200311 1369

後ろの機銃窓は磨いているときに、機銃の穴にひび
が入っちゃったのでくりぬきました。ここはヒートプレ
スでもして作らなきゃいけませんね。
デジカメ画像200311 1371

磨いてから胴体にセットしてみます。
後部キャノピーの上下幅は機体セット後に調整します
ので、今は雰囲気だけ。
削ったせいで面がゆがんでいるところもありますが、
キャノピーの形自体はスクエアな感じが出せたのでは
ないでしょうか?
お手軽な修正で、キャノピーの雰囲気が改修できたの
でこれでいこうと思います。一番薄くなったところで
始めのプラの厚みの三分の一位になってます。

機銃周りのガラスを、どうやって絞ろうかは後で考え
ます。

コクピットをでっち上げて早く士の字にしたいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ