taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
最終コーナーが見えてきました。
P51最終コーナーが見えてきました。最大の難関、銀塗装が
残っていますけどね。
今日はキャノピーの最終調整。操縦桿と照準機を取り付けて
キャノピーを閉じてしまいます。

モノのP51のキャノピーは民さんと一緒でフレームとキャノピー
の透明部分が別パーツになっている厄介なものです。しかも民さん
と違って分厚いしね。

まずは、風防と天蓋を接着し、フレームを胴体に貼り付けてしまい
ます。キャノピー1

かっちり接着できたら、次に、キャノピーを仮あわせしながら。
隙間の調整。仮あわせ

ここで、変な隙間が出来たら、フレームとキャノピーが一体に見え
なくなります。隙間埋まったら、フレームとキャノピーの接着面に
黒を塗って、接着剤を多めに塗って貼り付けます。
しかし、キャノピーの後ろの縁が他に比べ厚いために、キャノピーに
黒が写りこんでしまいました。本当にうまくいきませんね。

貼り付けたら、キャノピーと、胴体とフレームが自然につながるよ
うに慎重に、フレームを削ります。キャノピー2


隙間や、傷をパテ埋めして、キャノピーも削ってラインをあわせます。
キャノピーを磨きなおして、パテも削ったのがこの状態。キャノピー3


しかし、一箇所キャノピーを削ったときの削り粉と水がキャノピーと
計器版カバーの中に染み出したようで縁が白く曇ってしまいました。キャノピー4


なかなか、うまくはいきませんね。
やっと、これで機体の塗装に入れそうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
takiさんは、ここのところ手を抜きませんねえ。
確かにキャノピーのラインが綺麗に処理されている模型は、一気にリアリティが増します。
この調子で、がんばってください!
2007/09/17 (月) 22:08:01 | URL | Kazu #9K64Lzaw[ 編集]
Kazu様、おはようございます。
キャノピー周りの隙間、段差が気になるのが仕様のようです。

でも、銀塗装がうまくいってません。
だめかも。
2007/09/18 (火) 09:02:21 | URL | taki #-[ 編集]
takiさん、キャノピーにここまで手を入れていらっしゃるんですね。
自分は、とんでもなく合わないときなどは、見なかった事にしてしまったり、蜜柑山にお引取りいただいたりと、ヘタレな対応に終始いたしておりますよ。
次回作では、takiさんを見習ってチョットガンガってみようかなと思ったりして・・・
2007/09/19 (水) 23:19:50 | URL | とどっち #12FJPiaE[ 編集]
とどっちさま、キャノピー周りは
単に自己満足の世界です。
あまり効果のない工作かも
知れません。

キャノピーで失敗すると、取り返し
つきませんから慎重に行きましょう
2007/09/20 (木) 22:21:39 | URL | taki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ