taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
こないだからの出来事
急に涼しくなりましたね。
体調を崩したりしてないでしょうか?
P51もGSも、ちまちま作業が続いて
今ひとつ楽しくないですよ。
さくっと作れるキットでももう一個お手つき
してしまいそうです。

さて久々にGS
ばらしました

いまさらなのですが、
どうにもエンジンの腰下がでかい気がします。
実車写真の、シリンダーの前後幅から推察しても
やはり、腰下の前後長が長すぎます。なので、
2mm強縮めて見ました。
縮めました

もちろん、フレームもカットするハメに
まさしく泥沼もでりんぐ。
少しはバランスが良くなりますように。と願いながら・・

教訓、似てないと思うキットには、実車全体の
バランスのわかる、図面か、写真が必要。
流石12分の1ともなれば
ある程度理詰めで全体のバランスを検討しないと
似てきませんね。
GSは完成の目処が立ちませんし、似てこないし
作りながら、敗北感を味わってますよ。

んで、P51も少し、
キャノピーの合わせとか、今日も細かい仕事です。
キャノピーフィッテイング

キャノピーは厚みがあり、コクピットがゆがんで見えますが
とっても透明度の高い綺麗なものがついてます。
キャノピーの合いは基本的に良いですが抜きの関係で胴体
のキャノピー接着部の掘りが甘いので、キャノピーの厚み分
掘り込んでやればピッタシ合います。
後部キャノピーは後端をキャノピーフレームに
あわせるとキャノピーフレームの前部に若干隙間が空きます。

キャノピー自体も、前部後部、少し削るだけでぴったり合います。
流石はモノグラムと感心させられるところです。
でもフレームとキャノピーの厚さがあわないので、なにか
考えないとキャノピーをいかにも接着しましたってなっちゃ
いますね。ここはタミヤと一緒で手がかかりますそうです。
足カバー

あとは、水平の取り付け部にプラ板貼って厚みを調整。
足カバーは、ノースアメリカンの機体らしく、閉じた状態に
したいので、ここもプラ板を貼って隙間がなくなるように
調整いたします。さっさと士の字にして色塗りたいですが

モノのP51は、下面のアウトレットの再現が今一なので
ここをもう少し作りこむのと、水平尾翼が羽布貼り表現な
ので、金属表現に替える必要がありますね。
もっとサクッと作れると思っていましたが、ちょっと手が
かかってます。

あとは近況。先日船の科学館と、本田ウェルカムプラザに
行ってきましたよ。
宗谷の写真と、F1の写真貼っておきます。宗谷

F1

ニッキーヘイデン

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
takiさん、お久しぶりです。

>さくっと作れるキットでも

1/700の潜水艦などいかがでしょうか(笑)。バイクもムスタングも、もうしばらく忍耐が続きそうですが、がんばってください。
ところで、宗谷ですが、この写真どこから撮ったんですか???
船の科学館の上ですか???
2007/09/03 (月) 17:36:56 | URL | Kazu #9K64Lzaw[ 編集]
kazuさま、コメントありがとうございます。
実は、一個、新たに手をつけてしまいました。お船ではありません、近くアップいたします。

宗谷の写真ですが、船の科学館の展望台から見下ろしてとったものです。
科学館の中に60mの高さの展望台があるのですよ。港の風景が一望できてなかなかのものでしたよ。
2007/09/04 (火) 05:27:46 | URL | taki #-[ 編集]
どもです。
takiさま
お久しぶりです。相変わらずリハビリちうですして、食玩の1/144ドイツ機なぞを作るのがやっとです。
blog更新してませんが、YZRM1はrossiの絶不調とともに沈没してます。
静岡の会場で話したカウルファズナー用のマイナスねじを切ったリベットは、先週東京出張の時にMr。Craftへ寄ってModelFactory HIROの新製品をゲトしますた。
2007/09/05 (水) 20:58:48 | URL | でてすけ #-[ 編集]
でてすけ様お久しぶりです。
ロッシ君頑張って欲しいですね。
もてぎにはヤマハのバスツアーで
応援にいきますよ。

ヒロのリベットよさげですね。
私も購入しようかな。
2007/09/06 (木) 23:11:13 | URL | taki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ