FC2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
152への道
150キットの状態から152へって、やってみると
結構大変。よく調べずに、やり始めたせいで
変更点が、泥縄に出てきてたり、キットと実機の
イメージが違うなって気がついたり・・

まっ、そんなこと言ってもいいキットなんで。

まづは、コクピット。計器盤の出来が良かったので
裏から削って、計器の部分に穴を開けて、
適当にデティールパーツにあった、計器のフィルムを
コピーしたのを切り抜いて貼ってみました。
なんとなく、精密感でたかな。 キットに組んだらまったく
見えなかった・・・

001_201908250459415f5.jpg

キャビンも、簡易リアシートみたいにキットはなってますが
152は、ここただの物置場。・・キットのまま組んどきます。

外形で改造しなきゃいけないのは、カウルに集中。
排気管が2本出しから、1本出しに、オイルクーラーの位置
変更、ランディングライトの新設、開口部形状の修正。
カウルの上にこぶを作る。

カウルのこぶは、開口部パーツを下側につけて調整。
後はパテ細工。
002_20190825045937915.jpg
裏の開口部も一旦埋めてやり直し。
003_2019082504593809d.jpg

後は、翼端形状と足カバーの形を修正したら
パッと見、152になると思います。

しかし、機体はスマートすぎて実機の雰囲気が今一。
004_20190825045940d4c.jpg
飛行機プラモの中では、似ているほうだと思いますけど。
実機は、カウル、キャビン、尻尾と胴体が3っつに別れて
いて特にキャビン周りに結構ボリュームあります。

キットは上記を綺麗に繋いでいて、メリハリにかけて
キャビン周りが一回りスマート。ある意味、実機より
かっこいい。

出来のいい、計器とか雰囲気とか。
実機より、マニュアル化なんかを基にキット化されたんじゃ
ないでしょうか。

キットは綺麗なモールドで今、それを無視して外形だけ
弄ってますので、モールドの復活もそろそろしなきゃ。

でわっ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.