fc2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
タミヤ、アオシマ ガンマ 完成しました。
ガンマ、1型、2型 完成いたしました。1型はタミヤ純正
2型は、フレーム、外装、タイヤをアオシマ、エンジン関係
ホイールをタミヤ使用してます。

アオシマは、ちょっとカウルでかいみたいですね。
ウィンドウスクリーンの歪みも気になるところです。
アオシマのシートはゴムのようなプラで、摺合せ大変でした
600番のペーパーを当てて形状合わせました。
色は、ミッチャクロンっていうプライマーを吹いてから濃い
ブルー吹いてます。ミッチャクロンが小さな擦り傷消して
くれたみたいです。タミヤのシートもアオシマより明るい
ブルー吹いてます。もうちょっと明るいほうが実車に近い
ですが、明るすぎると途端におもちゃっぽくなるので、この
辺りで塗りました。難しいですね。

まあ、2個並べられるのは、模型ならでは良かったです。
ガンマのキットはまだ3型1個タミヤの赤ガンマ1個アオシマ
の黄ガンマ1個、青がもう1個 都合4個あります。
400も2個あるし、レーサーでガンマの名の付くの入れたら
他にも7,8個あるかも・・

そのうち、ガンマラインナップ増やしましょう。
ガンマは1型に乗ってました。

CIMG4096.jpg
CIMG4095.jpg
CIMG4093.jpg
CIMG4092.jpg
CIMG4091.jpg
CIMG4090.jpg
スポンサーサイト



いつもながら、無計画
いつもながら、無計画で作ってるので、最後付近で
中々終わらせられません。しかも、最後のドタバタで
汚くしちゃうし。。

前回のデカール失敗。 タッチアップしてクリアーかけ
ました。
CIMG4086.jpg
1型ガンマのほう。デカールに似た色を、デカールの境目に
塗って、目先をそらす方向で。変にデカールで修正せずに。
白地のままだったら。近似色作って、もう少し綺麗に
出来たかもしれない。焦って、デカール貼って失敗だわ。
色は、ブルーに白、それに、クレオスの色の素のイエロー
少しで似た色を作れると思います。誰かが失敗したときは
参考に・・

2型の方は、帯の欠けは近似色で塗り、ロゴも白を上塗り
しました。
CIMG4087.jpg
ロゴはもうチョイってとこですが、この辺で、普通に見る分に
は気づかれないと思います。

あと、2型のリアカウルの濃いブルーを追加して。ラインの
太さを調整いたしました。
CIMG4088.jpg
クリアーパーツも塗ってます。2型はスモーク掛かって暗いので
裏からスモークのフィルム貼って、さらにアルミテープを重ね
貼りして取り付けてます。

スクリーンも塗り終わり。
CIMG4089.jpg
フレームの塗り残しとか、カウルの細部塗装や裏塗装で大体
終わりに出来そうですが、

最期に、シートをブルーに塗るのが残りました。
2型のシートはゴムで出来てるので、これをどうやって塗るかが
最期の問題です。
でわっ。
処分本の話
こないだ、実家に帰った時に、自分の物を粗ほぼ捨ててきました。
そう、断捨離アンになったのでした。

中学、高校の頃のモデルアートやら航空ファンやらそらもうばっさりと
捨ててきました。
でも、いくつかは今の住まいにも送ってたんですが・・
こちらで、確認したら、社会人になってから改めて買ったりして
重複してたり、もういいやって思ったりした本が何冊か出ました。
実家では、そりゃもうばっさりと捨てたんですがね。
ブックオフやら持ち込んでも、捨てられるだけだし。

欲しい人がいたら、着払いで送りますよ。コメント欄で連絡ください。
無ければ、捨てちゃいます。
このブログ見てる人はおじさんばかりでしょうから、持ってるよって
人が多いでしょうが。
CIMG4083.jpg
CIMG4084.jpg
CIMG4085.jpg
モデルアートマニュアルはニチモやら、フジミやらサニーやらに訪問して
ます。いまさら読み直すと、ニチモ専務、息子で事業に興味ないみたい
だし、つぶれるわね。って思ったりできますよ。
小坂さんや斉藤さん、白井さんなんて神もデラーのお話も載ってるよ。

でわっ。
ガンマデカール貼りました。
ガンマにデカール貼りました。
001_20221025150008321.jpg

まあまあ狙い通りに貼れました。
2型は白が透けることを想定して、デカール部分を白抜きに
してましたが、スズキのロゴのデカールのスケ具合を見ると
そんなに神経質にならなくても良かったかなって感じです。
アオシマのデカールは硬くて何ヵ所かわれましたが、なんと
か寄せ集めて繋げました。

でも、こんなに少ない数のデカールでも、
002_2022102515001016c.jpg
リアカウルとシートのつなぎ目を破いてます。
似た色のデカール貼りましたが、色の違いわかります。

色々割れた、2型のデカールは
004_20221025150011aa7.jpg
スズキのロゴに欠けが出ちゃってます。カウルのラインの
薄い青にも欠けが・・まあ、私が作ればこんなもの。
取りあえず、乾いたらクリアーかけて仕上げを進めましょう。

でわっ。
ガンマの外装塗り始め
お手付き消化モデリング。ガンマまでたどり着きました。
外装をマスクしてエアブラシで吹きました。新しいコンプレッサーの
実力が今までと段違い。今までより、感覚的に濃いめに溶いた塗料を
吹きつけていくと、塗った傍から乾いてくれます。
実感で、今までの3分の一の時間で塗れました。
にじみも少ないし・・ただ、艶を出す塗り方は考えないと今までみたいに
塗りっぱなしで艶がでるってことはなかったです。

今までのようにってことだと吹き圧を弱くして薄めた塗料を吹くと艶がでる
塗装法ってことですね。塗りの幅が広がりますね。

というわけで、今こんな感じ。
CIMG4078.jpg
2型ガンマは、ラインの白が透けそうなので、ラインのデカール分白抜きに
してます。

乾燥させて、少し塗装の段差を落としたら、デカール貼ります。
もう少しですね。バイクは、次RC211V行きます。
でわっ。
ドラゴン ウーフー完成いたしました。
ドラゴンのウーフー完成いたしました。
アンテナとか、マスバランスとかピトー等の小物を付けて
動翼部分中心に薄くスミ入れしております。

CIMG4072.jpg
CIMG4074.jpg
排気管はこんな風に、後ろ側が焼けたように塗りましたが
ちょっと明るすぎたかな・・
CIMG4073.jpg
細かい所では、機首のアンテナ、取り付けのアームはキットの
取り付けでは強度が出ません。取り付け部をカットして、アームと
胴体を摺合せして隙間なくしてから、穴開けてピン打ちしたほうが
いいですよ。エッチングのレーダーは、3本ほど、切るとこ間違えて
短くしたので、プラ板を細く切り出して、接着、長さを合わせました。
黒く塗るのでわからないでしょ?アームとの取り付けは、そのまま
取り付けて、すきまにパテ入れしましたが、センターがずれるし
ここは、一旦取り付けの為の窪みを一旦埋めて、穴開け直したほ
うが手間だけど苦労しないと思います。
CIMG4075.jpg

機首の足は。0.7㎜程長さを詰めてます。

一番気になったところは、胴体と翼のつなぎ目、胴体側の翼取り付け
部が盛り上がってて翼と直線でつながらないです。そこを削って中翼
の飛行機らしく、胴体からすっと翼が伸びてるように見えるように削り
倒しました。
CIMG4076.jpg
ただ、この作業で胴体の四角さが強調されちゃいますね。
タミヤの48や、造形村の32の丸い胴体が本当なんでしょう。
元気のある方は見直してみてはいかがでしょう。

塗装は斑点模様で妥協しましたが、これで完成といたします。

ドイツの大戦末期の飛行機は恰好がいいのが多いので、この辺
のをまた作りたいですね。Ard234とか、プファイルとかね。
でわっ。
ウーフー立ちました。
ドラゴンのウーフー、斑点模様入れました。
再現法は、75を広く塗って、76でメロメロ入れていく
つもりでしたが・・75で斑点を一部書いてたら、もう
いいかって見切りで前面に斑点入れてしまいました。

CIMG4070.jpg
CIMG4068.jpg

スピナ、プロペラは差し込んで固定する仕様なので、裏に
止めを作って、回るようにしてます。
CIMG4067.jpg
でっ、つけられる部品をいっぺんに付けました。

デカールは基本キットの物を使用しましたが、
垂直のカギ十字のデカールはついてなかったので、
昔のハセガワデカール。
胴体の国籍マークは、キットのは黒でしたが、最近
の考証は白で中がグレィの様子。ストックから、サイ
ズの合うのを探して、貼ってます。
CIMG4071.jpg
後は、エッチングパーツらが少しですが、エッチングの
アンテナは切り出し位置を間違えて短くなってるし。
2枚になってる垂直尾翼つけたら、しりもちついたので
前脚の足庫に3.5グラム錘を詰め込んだり。

最期にどたばたやってます。

あと少しです。

お手付き、仕上げよう。ウーフー
長く放置してた、マジステールが終わったので、続けてお手付き
プラモに手を付けます。
ドラゴン ウーフー。
ざっと、下地の色を塗ったところで、手が止まってました。
久々みると、翼の付け根や、カウル周りに傷や面の乱れが・・
改めてそのあたりを削って、整えたりしました。部分的ですが
下地からやり直しです。

でっ、キャノピー枠を塗って機体にセットしました。微妙に出た
段差はパテ埋めしてます。
CIMG4064.jpg
スピナも先に色塗ってます。
CIMG4065.jpg
塗り終わったら、機体に接着してしまいます。
白うずまきに時間とられました。
CIMG4066.jpg
小物も先に塗っておきます。

今日はここまでです。

ウーフー終わったら、ガンマを仕上げます。
でわっ。
久々の完成品 マジステール
フォンドリーのマジステール完成いたしました。

完成報告の前に、キットの説明書のわからなかったところ。
説明書でM(メタル部品)指定のパーツですが、
CIMG4053.jpg
メタル部品はこんな砲弾型の部品になってます。
余り部品に、L字型の小さなエッチングもあります。
CIMG4054.jpg
実機はパイプに棒がついたような形で小さいです。
CIMG4056.jpg
なので、メタルパーツは使わず、エッチングを使用します。
パイプの所に、プラ棒の半身を貼って丸くしました。
CIMG4058.jpg
でっ、0.3㎜の穴を開けて差し込んで接着。こんな感じに。
説明書にはないですが、エッチング使用をお勧めします。
CIMG4059.jpg
機首のリングですが、実機はこんな感じで太さが変わってます。
CIMG4057.jpg
再現しようと削ってたら、パキッと割れちゃいました。なんとか繋
ぎましたが、形状は再現できず。ただ、太さはキットの3分の2
くらいにはしてます。

CIMG4061.jpg
このスリットもキットのモールドの半分くらいの大きさに縮小してます。
組み立ての一番の問題はバキュームのキャノピーが胴体にかぶさるよう
な形になってるところ。実機は胴体とキャノピー枠に段差なくスムーズに
繋がっており、ここを再現するためにプラ板貼ったり、パテ埋めしたり時間が
掛かります。作られる人は気をつけて下さい。

でわっ完成写真を。
CIMG4060.jpg
CIMG4062.jpg
CIMG4063.jpg

ようやく、進めました。
しばらく更新空きました。1週間ばかり北海道でグライダーして
ました。今回ではソロなし、単座も遠く練習フライトばかり、昔
出来ていたことが出来ないのか?今までも出来てなかったのか?
まっ今シーズンは終わり、来年頑張ろう。

でっ北海道行の前後、お手付きを整理していくことにして、マジステール
を進めました。
色々考えましたが、結局、銀色はクレオスの8番を筆塗。
CIMG4048.jpg

一気に塗りました。これが裏目に・・機首の蛍光オレンジや、インテークの赤
エアブレーキの赤の為に、白の下地を改めて塗る羽目に。先に白塗って
から銀を塗るほうをお勧めします。で手間かけましたが、結局筆でペタペタ
塗って、デカールを貼りました。
デカールは貼りやすかったです。エンブレムなんかは白字になってなく
発色がくすんでますが注意書きなんかのデカール貼ったら気にならなくなり
ましたよ。
CIMG4050.jpg
CIMG4051.jpg
CIMG4052.jpg
まだ、エルロンの作動用ロッド等つけなきゃいけませんが、形になって
ひと段落です。
レジンは合わないし、エッッチングも使えない仕様の物が多いし。
お勧め出来るキットではないですが、組みあがってくると雰囲気は
いいですね。って機首と風防回りとか、翼の取り付け部とか、キット
ではなく、私が作ったラインの所も多いですが。

まあ。製作はお勧めしないキットです。
でわっ。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.