FC2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
お手付き通信
お手付きだらけの我ブログですが、またお手付きが増えました。

私の在庫山には、大量のキットが積まれてますが、特定の機種は
複数のキットを積んでます。
F100スーパーセーバーは、72、48で4,5個。F104なら8.9個、前に
も書きましたが、マジステールもたくさん。ミラージュやら、ラファール
や、ゼロ戦やら、案外同じキット積んでます。

でっ複数積んでるキットに、F11F1タイガーがあります。72、3個 48
2個積んでました。こないだ、ハセ72のレジンの機首が入った、ショート
ノーズを処分したとこなんですが。

同じ機種でマーク違いを並べたいなと思って、F11F1 行きます。
CIMG3515.jpg
キットのデカールと、別売りで結構種類も確保できたしね。

取りあえず、筋彫り反転を2個分スタートしました。
上は筋彫り後、エナメル黒流して、掘り直した筋彫りチェック用。
下は、おなじエナメル黒塗って筋彫りを浮き上がらせたもの。
この後、スポンジやすりを軽くかけておきますよ。
CIMG3514.jpg
このキット、キット開発時にハセガワがアメリカに実機取材に行ってて
キット発売当時、実機写真特集が、2ヵ月に渡ってモデルアートに載った
くらい、力の入ったもの。凸彫りですが、びっしり筋彫り入ってます。

なかなか、反転終わらないし。上手くいかない・・・
それなのに、初版は説明書の水平尾翼の塗り分け指示を間違えてます。
尾翼がグレイと白の塗り分けの奴お持ちでしたら、初版ですよ。

同じキット、飽きないで作れるかな、デカールの分コンプリートもしてみたい。
あと2個キット買うかな・・。
でわ



スポンサーサイト



エアフィックス 旧48 ハリケーン完成いたしました。
エアフィックス 旧ハリケーン完成いたしました。
懸念だった、脚は1.5㎜くらい詰めたのかな。現物合わせで
縮めました。
004_20210314082726c23.jpg
側面ですが、スタイルの良さも分かってもらえると思います。
このキットが世に出た頃には、48は、あとモノグラムのⅡ型
位がまともなキットって言われてて、他は、アオシマの72とか
レベルの32くらいかな。それらに比べて、飛び切りの
スタイルの良さだったことが思い出されます。
キットの問題は、合いの悪さと、シャープさのないパーツくらいかな。

スピナは尖がったほうを使うと、機首とぴったり合います。
今回使った、丸い方はちょっと、繋がり悪く修正必要。
脚は主脚、尾輪とも長いので調整要ですね。
さらに、尾輪は取り付けの穴を少しいじらないと、まっすぐ付きませんよ。

翼と、胴体の接着には滑り止めのモールドが邪魔だし。ひけも
あるので、削り落としてから合わせるのがお勧めです。

プロペラの雰囲気とか、脚とかは細かいモールドなのに。
排気管はダメダメ。今回はキットのを整形してつけてますが
かなり手間とりました。ここは別売りを使ったらいいかもです。

001_20210314082722096.jpg
002_202103140827232fd.jpg
003_2021031408272594b.jpg
コクピット内にエッチングと、デカールは別売りを使いましたが
ほぼほぼキットのパーツで素組です。

積んでいる人は是非作ってみて下さい。
また、引っ越しますよ
また引っ越します。と言っても6月予定ですが、

色々処分して身軽にならないといけないんで、マンガや
文庫を処分してきました。

さて、ハリケーン。
脚を組みましたが、ここが大変。
CIMG3505.jpg
かすがいに入ってるモールドには接地点がありません。
なので、結局、軸一本で止まってる構造。脚庫なんかも
当時としてはモールドされてるのに、これじゃ、ひっくり
返して見られませんね。足カバーも強度材として
使うのかもしれませんが、私はもう薄く削って、合わせるのも
難儀です。
CIMG3507.jpg
んで、組んでみましたが。漂う、これじゃない感。なんでだ?
脚が長すぎて、実感損ねてます。
結構、脚が長いキット多いですよね。

カバー越しに脚柱が実機はほとんど見えてない。ここも違和感
の原因の様子・・

CIMG3506.jpg
尾輪もそのままつけると長すぎる。腰高感が凄い。。
もう主脚は付けちゃったしなーと悩みましたが、一旦取り外して
縮めることにします。
でわっ。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.