FC2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
筆塗 銀色
さてっ昨日は、ヤフオクドームで野球見ましたよ。柳田の満塁ホームラン
っていう素晴らしいのも見ました。穂高のも良かったですよ。

で今日はお花見方々散歩してきました。

筆塗の銀。最近モデルアートなんかで筆塗特集してますが、長年筆塗
やってるとピンのぼけた感じ。新塗料の売り込みみたいですね。

なので、私の塗り方をチョイ紹介。
CIMG3127.jpg
使ったのは、クレオスの8番の銀。筆はタミヤの安いやつ。
クレオスの銀は、何年前かな粒子が細かくなって光るように
なりました。そのころうまく筆塗できなくて困ったの覚えてます
それから、試行錯誤したんですよ。

筆は、腰の弱いタミヤの筆が塗りやすいです。
鼬やら、なんとかスキーとかより銀は塗りいいです。

クレオスの薄め液で薄めた銀を塗っていきますよ。
こんな感じ。
CIMG3128_20190331174611069.jpg
思ってるより薄いって思ってる人おおいんじゃないで
しょうか。(っても最近は50人くらいにしか見られてないか)
色のむらは出てますが、筆目は出ないくらいの薄さです。
筆で塗料を引きずって出来る縞模様が出ない薄さです。

これ、銀に限らずラッカーの筆塗は、このくらいの薄さの
塗料を塗り重ねるといいんです。モデルアートやモデグラ
の筆塗特集は濃すぎるしだからリターダーなんか入れて
しまって、乾くのに時間かかるし筆目が出たりしてうまく
行かないんですよ。

田中塗の筆塗本見ても、塗料の薄さは一回じゃ色が出ない
位のはずです。展示会なんかで田中塗り見て筆塗しました
って方の作品が、ペンキで塗ったみたいになってること
ありますが、濃い塗料を重ねることでペカペカになっちゃうんです。
水彩みたいな感じまで薄めて塗るといい感じに塗れるはずです。

CIMG3129_20190331174612aae.jpg
一回全体に薄い銀を塗ったところです。
CIMG3130_20190331174613a3e.jpg
同じくらいに薄い銀を塗り重ねて2回目。1回目と2回目塗りの
間は10分くらいです。乾いたと思ったらすぐ塗りますよ。
銀は隠ぺい力が強いので、実はすぐに色が出ます。

銀の粒子が揃わずに塗った後がパートごとに目立つのが
筆塗銀の難しい所です。

ここから、口頭で説明が難しいですが、薄い銀を塗り重ねる
ときは塗っているときは筆の方向をそろえますが、乾いて
次を重ねるときはそんなに方向にこだわらず。下地が薄く
見えてるところを重点的に塗っていきます。ムラをつぶす感じ
ですね。

薄めた銀を塗ってると、途中で筆先がぱらぱらになってきます。
そうすると銀のドライブラシをしているようなものです。

銀以外の塗料ではこうなりません。クリアー以外のクリアーレッド
、ブルーなんかは筆先が粘ついていきます。
なので、銀に変化付けるのにクリアー系を入れるのはこの塗り方
には向きません。純色を使うといいですよ。

CIMG3132_20190331181027259.jpg

銀のドライブラシになっているだろうときの塗料の様子です。
指に塗ってみました。こんな色つきになっているときに
銀の塗膜の層が出来ているところの上にドライブラシ塗りを重ねると
輝き方が揃って平滑な塗膜になってきます。(エアブラシみたいに
はなかなか難しいですけど)

ここまでのテクニックでさらに塗りやすくするのには、乾燥を早める
為に艶けしにして塗るといいですよ。ざらついた仕上がりになるの
で、使い込んだ感が出ますけど。

薄めた銀を重ねて塗膜を作る。塗膜の上にドライブラシみたいな塗り
で平滑にしていく。の繰り返しですね。

でっこの塗り方を進めていくと、シンナー分タップリな塗り方ですので
塗膜をサクッとさらっちゃうことがありますってか多発します。
泣き4 (1)
いわゆる、泣きってやつです。泣きが入ると同じような重ね
塗りでは被害が広がるだけで決して収まることはありません。

普通に銀以外を筆塗してても起こりますけどね。
銀以外は乾いてから濃いめに調整した塗料で泣いたところを
埋めて全体に乾いてから塗り直しです。

銀でも一緒ですけど、銀はそこだけ光方が違ったりしてしまうの
で、濃い目に塗った銀が乾いてから2000番以上のペーパーで
塗膜の上を撫でて表面を整えてから塗り直す。

他のやり方だと、クリアーを一回塗って銀の粒子を固めてから
銀を上乗せして塗り直し。

さらには、クレオスのメタルプライマーを塗ってから塗り直し等
クレオスのメタルプライマーの上塗りが簡単で早くていいかも
しれない。シンナー分が違うのか、下地を拾いにくいので、綺麗に
いくかも。

推敲しないで殴り書きなので、なんか無茶苦茶になってきたぞ。

CIMG3133_201903311810283a5.jpg
薄いのを塗り重ねてるところ。
薄いの塗っ他ままの筆で、他の塗膜の出来てるところを塗り進め
てドライブラシ塗りですね。(ハセ推奨の熊野筆塗はこのドライブラシ
塗りに近いかもしれない)

CIMG3135_20190331182922ab5.jpg
でまー、ざっと塗りあがるのですが、サフレスで下地なしの適当
塗りなので、いろいろ不具合が見つかるわけです。
CIMG3136_20190331182923f77.jpg
そんな時は仕方ないので、800番くらいでやり直し。
やり直しは1000番くらいまでいれます。

そうそう、銀塗装前の下地は、800番の使い古しで磨いて
ティッシュでふきあげるくらいで塗り始めてます。1500くらいまで
磨くといいと思いますけど、こんな風に何度も修正いれるので
そこそこでやってます。

CIMG3138_20190331182925d19.jpg
一応こんな感じで塗りあがりと。

新しいクレオスの銀はペーパー掛けられると書きましたが。
筆目が気になったり、修正塗したところと前まで塗ったところ
が合わないときは、2000番以上を水砥すると綺麗になります。
水砥を進めて銀だけで平滑な塗装面にすると、クレオスの
銀は箔押しした感じのおとなしい銀色になりますよ。
全面にやるのは大変だけど、部分的には使えそうな銀です。

エアブラシの銀塗装の本でも、吹きこぼれの銀を均すために
ペーパー掛けるとか、スクラッチ表現でペーパー入れるとか
あるので、特別なテクニックではないかもしれない。

エアブラシ一発勝負って感じが苦手の人は試してみてね。


スポンサーサイト



F100胴体より。
桜が綻び始めました。
5月に静岡行くとして何週末あるかってことですよ。

F100は何とかしたいですね。

胴体。筆塗で銀を塗り重ねてます。
皆さん知らないでしょうけど、クレオス銀は何時の頃からか
研ぎだせるようになりました。本当だよ、自己責任で試して
ね。
CIMG3121_20190324201047ab9.jpg
塗ってて分かった傷などをパテ埋めして塗り直します。
1CIMG3118.jpg
後部のパネルをガイアのファインシルバーを筆塗ピカピカに
マスキングテープくらいなら映ります。
CIMG3120.jpg
焼け表現入れていくと、銀色がむらむらになっていく・・
まあこの辺で9あきらめましょう。
CIMG3122_201903242010075b8.jpg
大まかにデカール貼りまで終了。

胴体はこんな感じ。

でっ翼は今こんな感じ。
CIMG3123_20190324201010199.jpg
スラットを閉じるので、上下幅を薄くしたり、簿妙に波打ってる
翼端をフラットにしたり。形にはなりました。

ついでに、YZR500ケニー号。まだ色塗ったり、パテ盛ったりす
る前パーツの歪みや隙間を調整中。
CIMG3124_20190324201010bdc.jpg
ケニーの内装にも色さしていかないとね。

でわっ。
F100進めます。
あっという間に、3月半ば静岡まで2か月。
製作が間に合わないぞって感じになってます。

F100、翼は後回しで、胴体進めます。
垂直から色塗ってみました。

クレオスの銀の筆塗です。
CIMG3116.jpg
塗りながら、粗修正して塗り進める感じです。
素直はまだ接着してません。デカール貼る時に
パキッと折りそうなので、デカール貼りまで
終えてから接着するつもり。

機首周りの筋彫りは、修正する都度に太くなって
かっこ悪いことこの上ないですが、
このまま進めます。

もう一個し静岡に向けて、タミヤのキットに手を
つけました。YZR500ケニー号です。
今は取りあえず組み立て優先で
部品接着してます。
CIMG3117.jpg
古いキットなので、バリやら歪みをとるので結構
大変です。

でわっ
祝 moto3,鳥羽優勝。
やったー、久しぶりの日本人優勝。

最終コーナーからのスリップ使っての飛び出し。

凄かった。佐々木も、鈴木も鳥羽より早いと
思ってるだろうし、刺激し合って今年はmoto3
日の丸、何本も上がるんじゃない。

すごいぞ。


エスプリシャーシまで進みました。
あっという間に組んでいけます。
凄いね、フジミ。

パーツも同じ色に塗るのは、同じランナーに
集まってました。なので、ランナーについたまま
バート色吹いて。切り離し後に、パーティングラインとか
消したとこだけ筆塗して組んでいけます。

裏面の塗り分けは、昔ポルシェでやった、大まかに
エアブラシで塗って、細ぶきで塗り分け、最後に筆で
微調整。
CIMG3112_20190303052212079.jpg
CIMG3115.jpg
こんな感じで進めてます。最後にエナメルの黒を
色の際とか、窪みに流せばもうちょいメリハリつく
はずです。

マフラーはメッキでしたが、バリやパーティングライン
が目立つので、メッキのまま削り落として、メタル
プライマーを筆塗して、さっくりエアブラシで銀吹き。
質感も他の銀に揃ってよくなったのではと。

でこんな風にサクサク進めてたら、接着剤を倒して・・
(私は、アサヒペンのラッカー薄め液を接着剤、筆洗いの
最期に塗料落としに使ってます。協力にプラ溶かして
速乾なので使い勝手いいです。)

CIMG3113_20190303052212e05.jpg
エンジンカバーにシンナーがかかりました。

他は不要パーツが被害にあっただけでなんとか助かり
ましたが、肝を冷やしました。
CIMG3114.jpg
内装も適当にふいて、さっくり組み込み。
一日で、シャーシが形になりましたよ。

凄いね、フジミ。
英国車でいこう。
フジミのエスプリに手を付けちゃいました。
CIMG3111_20190302061211ab1.jpg
エスプリと言えば、ニチモのキットが思い出される
方もいらっしゃるでしょうが、最新のフジミのキットを
作りますよ。
117乗ってたり、プラモも作ったし。ピアッツア、デロリアン
ってブログで製作記書きましたが、どうもジウジアーロ
分が多いですね。このブログ。

まづはボディにサフ塗って、磨きました。
CIMG3108_20190302061212c1b.jpg
CIMG3109_201903020612077b3.jpg
特に面に乱れもなく。さっくり終了。
何色にぬろうかな。

特筆すべきはここ。
CIMG3110.jpg
面を平らにするのに、やすりかけは必要ですが
位置を合わせてライトカバーを貼りつければ
筋彫りにしか見えない感じに仕上がります。

今まで作ったキットはこのあたり、部品つける
パテ埋めして均す、溝の太さが均一になるよう
筋彫り、修正を繰り返すでしたから。
パーツ精度に驚きです。

でわっ。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.