FC2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
ハセガワ ジャガーXJs完成しました。
ハセガワのジャガー完成いたしました。

色透けするもろいプラスチックの質。薄くて切れやすく、貼りこみにくい
デカール。取り付けがあいまいで合わせにくい部品。

細かい所まで律儀に再現されていて素敵なデティール。
これぞジャガーって感じのいいスタイル。

ハセの自主開発一発目の24カーモデルがこのジャガーだったと
記憶してます。確か黄色い箱で1500円。他の車キットが700円くらい
だった時に豪華キットなのに変にPOPな箱デザインでちぐはぐな
感じがしたものでした。

でっようやく完成いたしました。
結構組むだけで大変です。昨日今日プラモ始めた人は完成に
手間取るんじゃないでしょうか。

ワイパーなんかも部品はしっかりしてますが、フロントガラスの
縁に沿って位置を決めるのは結構大変。あっちこっち削ったり
ゆがめたりしなきゃいけません。そこに赤いモロイプラ質。
力を入れてひねるとすぐにポキッと折れちゃいます。
かなり苦労して、縁に沿わせました。
CIMG3105.jpg
ヘッドライト用ワイパーなんかもパーツ化されてますが、接着位置が
曖昧だし、オーバースケールです。実車写真見てたら、ついてない
個体も見かけるので、オプションと判断して、つけませんでした。
CIMG3104_20190224153748051.jpg
CIMG3107_20190224153752a24.jpg
CIMG3106.jpg
バックの銀トリムが中々難しい所です。
まあ、コンパウンドと間違えて、パテ塗った時は
もう駄目だと思いましたが、パッと見はわからなくなり
ましたし、何とかんとか完成に持ち込めて良かったです。

XJsの、コンバーチブルも買いましたし、色々組みにくい
等言いましたが、また作ってみたくなるキットです。

でわっ
スポンサーサイト
ここらでやめてもいいコロナ
ジャガー細かい所が多すぎ。
窓枠のメッキ部分、XJSは高級車らしく
つなぎ目がありません。
再現どうしようってまたマスクして塗るか?
継ぎ目が出ないように一面に貼ってカットするか?

色々考えましたが、結局パートごとに分割して
貼りこみ。

バンパーのメッキ部分は厚めのアルミ貼って磨いとき
ました。

ガラスをブルーに塗って色ガラスを再現したり。

手間かかるけど作業したって実感のわかない作業を
ようやく進めました。

まだ、後ろから見た時のトリムの銀貼りをしてませんが
ようやく形になってきた。
あと少し、早く片つけたいです。
CIMG3101.jpg
CIMG3102.jpg
CIMG3103.jpg
ジャガジャガやるのもほどほどに
なにが苦手ってマスキングですよ。
貼りこんでるうちに、隠す方と出す方間違えて
ミラーパターンで塗ったり、縁が浮いたりテープの
隙間からにじんだり・・

エアブラシうまく使えないし・・

というわけで、トリムのマスクがめんどくさくて
放置が続いてたジャガーですが、窓のトリムの黒塗装
バンパー周りの黒塗装を行いました。

003_201902110625491ec.jpg
やっぱリ縁に塗りの甘い所が・・
筆で追い塗りしなきゃね・・・

でボディのほうはうまくいきましたよ。・・
で、若干の吹きこぼれがあったので、コンパウンドで
落とそうとしたら。

タミヤのホワイトパテを塗りこんでました。
もう死にました。
ガシガシ剥がすために削ったら、フロントのメンバーの
所が折れるし・・
もう捨てたろうかと思いましたが、

諦めて、パテ塗ったところ中心に600番から1000番まで
磨いて、なんとかサフで被害が留まってたので。
金の下塗り、ボディ色塗りしてみました。メタリックで
塗り直しても、うまくいかないもんですが、しかたありません。

002_20190211062547c0d.jpg
塗り直しのマスキングのラインが見えちゃってますが
マスキングのラインに合わせぼかし吹きして、色味はパッと見
わからなくなりました。なったと思いたい。なってればいいな。

というわけで、先に進めましょうか。
001_20190211062546fb0.jpg

コンパウンド塗る前に、においをかぐことをお勧めしますよ。
でわっ。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ