FC2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
フォッケの下塗り
昨日は久留米の鳥類センターに行ってきました。
こじんまりとしていて、低年齢向けの遊具も
充実していて、のんびりできるいいところでした

ついでに、隣の青少年科学館に行ったら、
福岡県内の実業高校が揃って展示即売会
を行ってまして、可愛い女子高生からカリント買ったり
可愛いお兄さんから餃子の包み方習ったり
しましたよ。

さてっプラモはというと、フォッケの色塗り始めました。

ざっと下塗りまで。
色味を合わせたり、塗ってわかる割れ目やひけを修正
したりして、やっと下塗りすみました。
CIMG3055.jpg
もう少し塗り重ねて、デカール。終わりが見えてきた。
スポンサーサイト
モノグラムを作ります。
日が暮れるのが早くなりました。
季節の変わり目のせいなのか、夜になると起きてられません。
折角の秋の夜長なのに、寝て過ごしてます。

さて買った本のご紹介。
CIMG3053.jpg
去年出た本のようです。ラジカセが高級品だった世代には
懐かしい本。私のすぐ後の人は、メインはシステムコンポで
Wカセットのラジカセが当たり前になってましたし。
チョイ前世代には高すぎて子供の物ではなかったですし。
私の買ってもらったのはナショナルのRX-5500だということが
この本でわかりました。

モノグラム 48 スーパーセーバーを始めました。来年の静岡
に向けて製作開始します。
CIMG3051_20181022222900157.jpg
胴体から筋彫りを掘り直してます。
機首と排気管を上面胴体に接着してます。一体化された水平は
カットして最後につけ直します。

コクピットとインテークの部品を中に仕込んだら下面胴体を合わせ
ますが、コクピットは、ブラックボックスのレジンを仕込むつもりです
全部使うわけでなく。一部はキットままでいきますけど。
CIMG3052_20181022222902423.jpg
素敵なモールドのレジンコクピットですが、椅子を仕込むだけで
あちこち削って合わせてます。

でっ、ドーラは色を塗り始めました。
最近の流行は、下面なんかは銀色と下面色と別れているやつ
ですが、一色下面塗りのやつで仕上げていきます。
CIMG3048_201810222229043fa.jpg
というわけで、ゆるゆる進めます。
P40N ハセガワ 72 完成です。
ハセガワ72 P40N 完成いたしました。

形がいいし、部品は少ないし、いいキットでした。
ただね。機首の排気管が水平でなくちょっと上向
に付きますね。前(機首方向から見てソの字になり
ます。ここは両方の排気管が水平になるよう調整
すれば良かった。あと、後輪の軸が長いかな。

これから作られる人はちょいと気を付けてみて。

さてッ前回まででほとんど部品付いていたわけで、
あとは作り時に切り飛ばした、翼端灯やらピトー管
機銃なんかを付けて塗るだけ。
CIMG3040.jpg
CIMG3041.jpg
翼端灯は、エポパテ練って、筋彫り用の金属定規の
穴に固くなってきたエポパテを押し付けて型取り
(固くなるまで待つのが肝ですよ)出来のいいのを
削ぎ取って接着してます。これを型取りして透明
レジンで抜くと透明な翼端灯ができますがどこまで
追い込んでません。
接着はセメダインのハイグレード模型用を使用。
これ確か2年前の静岡で買ったもの。使い勝手いいの
ですが、こういうとこでしか使わないので全然減り
ません。去年の静岡で、セメダインのブースの人に
「これは、使いやすくて重宝してますありがとう」と伝え
て喜んでいただけたんですが、この調子で使ってると
10年は持ちそうです・・

でっピトー管は同じ時期にP40やってたプラモ名人の
ヒロシさんがピトーのでっぱりまで再現されてて・・
うちもやっとくかってことで、お手軽にプラ片を貼りつけて
おきました。ちなみにピトー管は0.35㎜の虫ピンを切った
ものです。
CIMG3042_20181007044951a91.jpg
CIMG3043_2018100704495249a.jpg
CIMG3044_20181007044953701.jpg
CIMG3045_20181007045941a85.jpg
キャノピーは後ろの2本のフレームが細く決まって
良かった。
タイヤはカバー有がキットのデフォ。実機通り
カバーの縁どりを入れました。
スポークタイプのタイヤもあれば、塗装の
バリエーションに対応できるのにね。

足カバーとか、機首の仕切りとか薄く出来るのは
極力薄くしてます。

機銃とかピトー管は0.4㎜の真鍮パイプ使いました。
この真鍮パイプ、銀座の天賞堂とか、川崎の電車模型
の専門店で買った、肉薄の真鍮パイプです。
九州ではどこで売られてるのだろう手持ち在庫がつきそう
です。ネットで探すと見つかるかな。

さてっ仕掛品が山のようにあっても、1っこ出来ると次が
気になるもの。
CIMG3047_201810070459445e1.jpg
昨日台風で外にも出れなかったので、いろいろ出したり
しまったり。
リマさんが最近完成させた、かっこいいコルベット見て
コルベット作りたくなったり、シボレーならカマロもいいな
って引っ張ってみたり。
最近出たジェミニのイルムシャ―からデカールやら
レカロシートやら、ホイールなんかを取ってきて、角目四灯
を117クーペから持ってきたら、ピアッツアネロとか、カゲムシャ―
仕様にできないかとか妄想したり。

97戦作って最近の老眼に優しく、48のぺロ作を増やそうかとか

CIMG3046_20181007045942db7.jpg

P40の合間にやってたこいつも大体部品ついたし、塗るか。
でわっ。
P40部品がほぼつきましたよ
武士道レジェネーションって本が文庫に落ちてまして
購入、読了いたしました。
武士道16、17、18にて終わったと思ってましたので
続きが読めるなんて・・
映画にもなってるんで、知ってる人もいらっしゃると
思います。

そのジェネレーションですが、文庫で買ってますので
市場に出たのは、1,2年前なんでしょうが、
自虐史観、韓国のウソあたりが出てきます。普通の人
が普通に読む本にこういうのが副題だったりする
時代なんだなと思った次第。巻末に書店員のこの本
にたいする座談会が載ってますが、このあたり、リベ
ラル気取る本屋あたりへの対策なのかとも思ったり

と、
P40ですが、あとは、小物と細部塗装のみ、大まかには
出来てます。
CIMG3038_2018100505481852c.jpg
スピナの色は、結局ブルーにしました。ただ説明書では
ネービーブルーの指定ですが、暗すぎて合わない気が
して、ダルな色のブルーにしました。
どくろは白抜きした上にデカール貼ったおかげでくっきり
白に出来ましたよ。模型的にはメリハリきいてます。

CIMG3039_201810050548200c1.jpg
キャノピーは、こないだからのマスクせず塗りにて、
結局1時間半くらいかけたので、マスクするのと時間は
変わらないかもしれない。風防は、左側にフレームが
1本多いタイプのようです。

防弾版を薄くしたので、キャノピーの枠の太さと比べて
違和感なく出来ました。ここ薄くするだけなのでハセを
作られる人はやってみて下さい。

排気汚れも控えめに、チョーキングで白くなってる感じ
を表現。引きで全体写すと写真じゃうまく写りません
この写真だとわかるかな?

フィレットから後部胴体の感じ。スペホはわかりませんが
アカよりは上です。ハセのほうが雰囲気ありますね。

コクピットや、筋彫り、組み立てやすさはアカのほうが
良さそうですけど。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ