taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
静岡やら色々あったのだけど・・
ハセのゼロに色塗り始めました。

いつもの筆塗。敵味方識別帯は白の下塗り。
オレンジは白が塗れてたら雑に塗っても発色
してくれます。

隼も様子見で銀塗ってみた。下地の荒れが
目立つんで、磨き直します。

CIMG2945_20180522064359100.jpg
CIMG2946_201805220644021cf.jpg
CIMG2947_201805220644021cd.jpg
スポンサーサイト
接着貯金 増加中
ゼロ52丙を作ってるときから、こりゃ隼と並べな
いかんなと思ってまして、ファインのハヤブサに手を付けました。

隼48は、作例やら、雑誌など見ていると、長谷川48が一番にて
いると思うのです。が、今手元にないし、下面に飛び出した腹
をひっこめるとしたらフィレットからの見直しになってめんどくさいし。

未組立キットが2個も積んであるファインでいきます。
全くのストレート組みですがキットの素性の良さもあり、2日で
十の字になりました。

ファインのハヤブサをこれから組む人に・・

このキットの合いは悪いです。なぜなのか?・・
実は、キットの合わせのピンがことごとくずれているのです。
なので、組む際はピンの受け側の穴を大きくしてパーツが
ずらせるようにするか、思い切ってピンを切り飛ばすといいです。
ピンを切り取って大まかに合わすと大体のところは綺麗に
合います。

ただ、翼の後縁tか、垂直尾翼とかのプラの薄くなっているところは
左右上下で形が違います。なので、パーツの主要部分で合わせて
から、後縁、前縁、垂直は、貼り合わせた小さいほうに合わせて
はみ出し部分を削り落として整形していくと、綺麗に組めましたよ。

ただ、主翼前縁の内側のタイヤカバー周りだけは、決定的に合い
ません。ここはパテ細工が必要です。

多分、迷彩いれたら気にならないくらいで。
外形的に気になるところもないんだけど・・
微妙にこれじゃない感があるよね、ファインのハヤブサ。

作るほうも、実機よりニチモの名作隼1型が評価の基準になってる
とこがあると思うので雑誌の記事も?ってなのが多いよね。

でここまで作って何色にするか決めてないのでありました。
CIMG2943_20180505100747e86.jpg
CIMG2944_20180505100748d4a.jpg
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ