taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
お休み終了
お休み終了です。色々出かけたりしたので
一気に進んだものはないですけど。
ちょこちょこ色々やりました。

先ずはシーハリアー。
シーハリアー
基本塗装を終了。白はブラシで、青は筆です。
今日はキャノピーの合わせをやってました。
透明のときに風防と天蓋を合わせると、隙間ないように
つくんですけど、手で触るとなんか段差が出るんで
ちょっと黒塗ってみたら、風防の縁が盛り上がってました。
なので、縁を落として、天蓋も削って合わせを調整。
フレームにひけもあったので、ついでに修正してます。
載せてみて、こんな感じになりました。
次に、クラッシクエアフレーム48のF5A、こいつもキャノピー
の合わせ調整です。表からガシガシペーパー掛けて、
胴体のラインに合わせてます。磨きは今度ですが
こんなもんかなってとこまで追い込みました。
F5Aフリーダムファイター
最後に、レベルのミラージュ3を弄っててついて手を
出しちゃった、PJのミラージュ3E フルレジンキット。

家には、ミラージュ系の在庫が他にもあります。

レジンの回り悪くて、背中が穴だらけだったので、レジンを
接着して、パテ埋めしました。こいつもレベルと一緒に
やっちゃいましょう。
PJミラージュ


ちなみに、PJのミラージュ3。最近のキットは、オーストラリアの
ハイプレーンモデルのネシェルのキットに3Eに改造する為の
パーツを追加して販売されてます。

ハイプレーンのネシェルシリーズは、ミラージュやアンリミテッドレーサーを
出していた石鹸モールドの頃の簡易キットと違って、(15年くらい前かな)
筋彫りがちょっと太いだけの、いかにも最近のって感じの綺麗なインジェクション
キットです。
大昔のイメージがあって手が出せない人は、手に取ってみてください。

でっ、このPJのミラージュは、ハイプレーンから改訂キットの出る前のキット。
胴体も、翼もコクピットもレジンのキットです。

一昔前には、ミラージュ3EならPJのレジンと言われてたんです。
因みに3CだとAML

評判は良かったけど、レベルのや、イタレリのクフィルに比べて、ちょっと小さい気が
します。レジンだし、縮んだのかな。
スポンサーサイト
ちょいと実家に帰りました。
お盆を利用して、ちょいと実家に帰りました。

でっこんなのをサルベージ。
引き上げ品
来年に向けて、オオタキを一個、あとは車と・・ラムちゃん。

これはいい
オオタキのF6は、中に、塗装図が入っていて、箱には
シリーズのラインアップ付。こういうの今のキットで
見ませんよね。絶版品が入ったらダメとか、ヘンテコな
消費者保護思想ですかね。男の子はこうゆうのあると
コンプリート欲出て販促になると思うんだけどな。

デカールの白色の綺麗さにも驚き。タミヤもハセも
このころは、濁った白だけだったのにね。

オオタキすげーなー。

こんなのや
ジャガーの中には、別に作った、エレールの名作
ジャガーの説明書が、細部塗装指示が充実してたので
参考にしようと思ってたのね。

最後に、ラムちゃん、鞄に入れたときには、首ついてたのに
首ちょんぱになってました。
バラバラ


中身もてんちゃん2個いりだし。
・・まっそのうちだな・・

って30年以上ほったらかしで、そのうちが来るのかってこと
ですね。

でわっ。
久々のコクピット
日本の名車シリーズ 24分の一ってのが本屋で
展開中なんですよ。

本がオマケで、24のダイキャストモデルがメイン
みたいなやつなんですが。ラインアップがマニアック
何ですよね。

いいなっての全部買ってたら破産しちゃうので、厳選
して買ってますが、117クーペは人気過ぎて手にいれ
られませんでした。
今、シビック、コンテッサ、ジェミニを購入。あとピアッア
を買うつもりです。
ラインナップにはS6クーペや311シルビアとかコンパーノ
とかキャロルやらいいのがあるんですが・・
気持ちは、おさえておきます。
CIMG2403.jpg

さてっ久々に、ハリアー弄りました。メンドクサイ小物から
色塗っていきます。8月中に終わらせようと思っとります。
コクピット終わり
足回り



copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ