taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
天山手つかず。
今日はいい天気でした。
朝一で峠を一流しして、CBXに白吹いてみました。
メーターワイヤーやら、フレーキパイプやらつけて
シートをパテとぎして・・

アオシマ仕様で使用に絶えない、小物パーツを
修正したり。
ペダル修正
針金で、ラインを作って、光パテで形状出してます。
ペダルはこんな感じ
細かいパーツも大体付きましたよ。

あと部品で残ってるのは、タンクキャップ、リアライト
バックミラー位です。ようやく完成見えてきた。

タンクも白く塗りました。
タンクは磨かなきゃ

白まだ磨かんといかんけん、下塗やけんど。
色入るとよか感じのするね。

磨いて、パールかけて、クリアー吹いて、青ふいて
赤ふいて、マーキングと外装はもうちょいかかりそう

そうそう、シートのベルトはプラペーパー貼りました。

あと、ハリアーにサフ吹いて外装の修正をちょこちょこ
進めています。
ハリアーサフ吹き


というわけで、今日は終了です。
スポンサーサイト
天山 だらだら
台風来るんでしょうか?パッとしない天気が
続きますね。

さて、天山、大きな所は、弄ったので、小さなところ
ばかりです。翼を接着して、士の字に持ち込みまし
た。キャノピーも磨き直して、透明に戻して。

仮組。
メガネがいいスタンドに
老眼鏡をスタンドにしてパチリと。後部胴体がスッキリ
しました。

絞った歪み分、パテ盛りします。

下面は、胴体絞った分歪みが出ますので
パテ盛りで対応。筋彫りがあちこち消えまして、
再現してみたんですが、もうね。超適当、人に見せられ
ませんね。ここは、色塗りながら修正しましょう。
まっいつもよりちょい悪い出来になりそうです。

胴体燈や翼端灯をクリアー化したり。スピナに手を入れ
たり、地味工作してました。
スピナの加工

地味工作ついでに、熟成を進めていた、シーハリアー
ちょこちょこ手を入れてました。
こちらも、ちまちま
アデン砲つけました。
翼と胴体つなげたり、耐熱版作ったり。
致命的に合わないエアブレーキ周りを修正したり。
次回は、いつ更新できるだろうか・・

後こいつも、ワイヤリングしたり、メーター周り
いじったり。
ワイヤー取り回し。
外装は前回弄ったので、パテ、サフを繰り返しました。

lこっちも、早く上げたいです。

でわっ。
昨日は、熊本で飲み。
昨日は、熊本で飲んでました。

日帰りで、飲み屋にしか行ってませんが、
博多から新幹線で30分ちょい。
首都圏なら通勤圏ですね。

さてっ天山です。

昨日アップしてから風防削りました。
効果は思った以上。
スタイル上で、気になるのはあと、プロペラ
だけですね。

すっきりしました。
写真で見る、天山のイメージ
精悍な感じに

本気でやるにはきゃぴートップを細くしたほうが
いいのでしょうが、削り込むだけで、随分雰囲気
改善できました。これは、おすすめの工作ですよ。
天山 さて、どうしよう。
先週、携帯替えました。
買い替えに3時間はかかりましたよ。
勘弁してほしいです。
で、携帯に便利なように小さいのに
しましたが、字が読めない・・

さてっ天山、フジミのキットはとてもいいキットです。
これは強調しておきます。
文句言う奴いたら、俺が叱ってやりますよ。
特に合いが悪いとか・・仮組しろってね。

ここからは、私の個人的な問題です。

でも、なんかふと短く感じてしまいます。
解決策として、胴体の下部を一部絞る。
フィレットを小型化する。を実施して、本人的には
雰囲気よくなったと思ってます。

でっ太く感じる点がもう一つ。
キャノピーです。では、見てください。
キャノピー筋彫り
風防の全面ガラスが横広に見えますね。
実機のここは。
比べてみると。
縦長です。風防上部の可動部なんか
を比べると前後方向の長さも違うみたいですね。

実機の風防は結構絞られていて。
風防につながる第一キャノピーは、前は山形で
後ろは角を丸めた四角型になってます。
フジミここも再現しようとはしています。が
いかんせん、風防の形が・・・

削ってごまかしてみようと思います。失敗したら
風防だけ作り直そうかと。

多分上から見た図面優先で金型起こしたんです
ね。サインやらコサインやらぶんだけ歪んだんだと
思われます。

さてさて、うまくいきますか。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ