taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
ステッカー貼り
あと2週間
間に合うのか。
バイクと言えば、ステッカーです。
スズキのバイクに よしむら ってステッカー
貼ったら最高速が20KM上がったとか
伝説が一杯あるものです。


今日は、アオシマが華麗にスルーしている。
細部のステッカー(注意書き)「を自作 貼りこみました。

アルプス用に買ったPCに画像処理系のソフト
入れてないせいで、小さな文字がつぶれて
しまってます。

チェーンカバーのデカールはタミヤ流用。歪んでますが
外装はめたら良くわからなくなるのでこれでいいや。
インボードブレーキ
ぷろりんく

外装までは仕上げないとね。
でわ。
スポンサーサイト
CBXを少しずつ。
こないだ、散歩中に家から徒歩圏内に、模型屋
を見つけました。まだまだ現役で営業中でしたよ。
マニアの品ぞろえではないけど、また伺うことに
しよう。

さてっ

今日は、CBX。
少し進めました。
エアクリーナー調整。
まずは、キャブにつなげる、エアクリーナーボックスの
調整。アオシマのパーツを加工してます。
フレーム改造してますし、キャブもタミヤ使ってますから
微妙に削ったり、二つに割ったりしてます。

こいつをベースに、デティールつけていきます。

次に、
オイルリザーブタンク修正。
オイルリザーブタンク(この当時、オイルクーラーはつけちゃ
ダメって風潮だったので、名前がタンクになってます。

実車のは厚みが薄くて、高さも低くて、現行車からの流用は
無理。頼みのCBRも高さ、幅が違うし・・というわけで
アオシマのパーツをデティール残しながら出来るだけ薄く
して、リブとか、取り付け基部とか作成しました。

これでいきましょう。

ステップホルダーとか、チェーンカバー、リアフェンダー
とかありますが、スタイルはこれで大体かたまりました。

あとは、CBXの最大の特徴であり、デザイン上のアイコン
クロスになったマフラーをどうやって再現するか。
考えなきゃいけませんね。

あと、ハンドル周り。
メーター、ハンドル。
デカール貼りました。CBXから流用したハンドルのアクセル
ワイヤーは下出し。CBXは上出しなので穴をあけ直してます。
CBX以降に、プッシュキャンセルウィンカーが出たりスイッチ
類のデザインが変わっているので、1型のCBXはCBRとスイッチ
周りが違いますけど、ここは知らない振りしときます。

そうそう、前回コピーデカール貼ってみたところ、タンクの部分の
長さがたりないし、ホンダのウィングマークのデザインも違ってる
ロゴもちょっと違うみたい・・

前途多難です。
でわっ。
地震やいろんなこと。
熊本の地震、落ち着いてきて、私が忙しくなるのはこれから
少しでも役立てるよう頑張ります。

さてっ、こないだの休みは、嫁さんが、私のスクーターに
乗りたいっていうので(嫁さんも中免持ってます。)
私が、レンタバイクで125のスクーター借りて、ビクスク乗りに
嫁がなれるように、リハビリ特訓してました。

路上ではすぐに操縦の感を取戻し、無難に走ってましたが
駐輪場での取り回しや、メインスタンド掛け、メインスタンドを
外すことが、車重が重くてうまく出来ないことが分かりました。

女性には厳しいのね、ビクスクって。

でっレンタバイク返しに行った際に、バイクやで150CCスクーター
進められて・・うまくいけば我が家は2台体制にできそうです。

 さて、天山。静岡にむけて、CBXにかからねばならぬとこですが
キャノピー合わせ

天山の仮組を進めてました。
写真うつってませんが、コクピットは、床位置が上過ぎるので
チョイ下につけ直し、合わせて計器盤の足を延ばして調整して
ます。椅子は全部切り取りました。あとで、簡単に工作しましょう。

キャノピーは形状を見るためにサフを吹いて合わせの調整。
プラの厚みが気になったので絞ろうかと思いましたが、
このまま微調整で使おうと思います。

その、キャノピーですが、胴体と合いが悪いです。でも削り合わせで
ほぼ隙間なくつけられそうです。

まず、胴体のキャノピー取り付け部のエッジがだるいし、段差がある
のでペーパーで均しておきます。(赤線部分)

で風防(前の方)はキャノピー側のつばの部分を削って合い調整。
後ろ側は、キャノピーの形状に合うように胴体側を削って調整。

そうそう、キャノピー側も、取り付け部にペーパー当てて均しておきます
で、キャノピーは胴体の断面のカーブが考慮されてないので、風防の
正面側と後ろ側を胴体の断面に合わせて削ると。
こんな感じで収まりました。アウトラインはおかしくなく思えるので
プラの厚みはスルーします。

ただ実機は正面のガラス面が縦の長方形ですが、キットはほぼ正方形
ですので、風防のみ両サイドから削り込むかもしれません。

胴体後ろ側からも
スタイルはこれで

フィレット小さく、胴体下面絞ったので、大分すっきりしたと思います。
でわっ。
あと一月、間に合うかな
最近は閲覧数が1日、20から30くらいのようです。

昔は100くらいでしたから、皆さん、SNSやツイッターに
流れてるんでしょうな。

スマホですぐアップできる、ツイッターの利便性に比べて、
写真アップして記事書いてって、やっぱ手間取りますもんね。

まっ私は、しばらくこのまま行こうともいます。

さて、そんな感じで、人気のないCBXですが、組める部品
を組んで行ってます。
いやー、楽しませてくれますよ、このキット、部品をどこにつ
けるのか、製作者の裁量に任せているところが多いです。
なので、この辺って仮止めして、部品同士の位置関係確認
して、ってのを繰り返してます。
でやっと、外装なしでこんな感じかなってとこまで来たので
外装をかぶせて様子見ていきます。

CIMG1105.jpg

デカールをコピーして貼ってみて、全体のつじつまが合うか
調整中です。
CIMG1106.jpg
ハンドルの角度は、この後修正、レバーが下がった位置になる
ように変えてます。

CIMG1107.jpg

タンクのCBXのロゴ位置は、もう少し後ろよりですね。
マフラーをどうしましょう。
集合管にしました。って逃げ道を作っとかないと
間に合わない可能性ありますね。

取りあえず、組み進めますよ。
昨日は、お花見でした。まっ殆ど花も見ずに飲んでましたが
デティール追加
キットでは、潔くオミットされているデティールをちょいと追加。
ボルトを打ったり、埋めたりしましたよ。
チェーンテンショナーは後ろがボルトなのでちょい加工に
手間かかりました。
ボルト追加したり、色塗ったり
エンジンまわりにもボルトを追加。
やり始めたら終わらないですね。適当に切り上げて
リアまで、組んでみました。
右っ側
左側
ハンドル周りと、キャブ周りをどうにかできれば
ひと段落できそうですね。

まっ外装が大変なんですけどね・・

でわっ。

copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ