taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
またまた修正。
おおまかな外形が出来たと思い、細部工作に
移ろうとしたところがですよ。
また基本寸法を弄るとこに戻りました。

窓の再現をどうするか、屋根の縁をどうするか
考えてまして、窓の形に成形したプラ板を作って
辺りを見ながら整形しようとしましたところ。
窓が外に向きすぎ
後ろに向けて、窓枠が開いてます。
幅詰めしました
また、骨を入れて後ろを書く2㎜くらい縮めました。
実車
実車写真、屋根がほぼフラットなのも窓枠がフレームを
兼ねてる構造がわかります。
パテ埋め
位置を合わせて、パテ埋めします。
このあたりか?
窓の位置関係はこのあたりで完成。

次回で窓枠まで含めたところまで、持ち込み
他ですね。

ではっ
スポンサーサイト
内骨格にからモノコック
今日は2回更新。

さてっ最近、気になってる ロケットサニー。元オーナー
様も、いらっしゃってくださってることだし、とりあえず形
にしたい。
なので、まずは骨組みを作って、外板貼ってきます。
骨組み
基準がないと歪みも分からないからね。
骨に革を張っていく。
骨に革を貼っていきます。
こうやって組むと歪みが分かりますね。のこで切り込み
を入れて曲げたり、つなぎ目を再度カットして角度変えた
りして、箱組出来るように調整。
骨を抜く。とモノコックに・・
骨を抜いて、革だけにします。ちなみにグリルも上下幅
かなり詰めてます。
位置関係がおかしいので伸ばす。
ここまで来て、タイヤハウスや窓の位置、ドアの位置
の関係がおかしいので、3㎜程ストレッチすることに。
当初の計算はどうなったんだか・・

屋根のひさしを付ける。
続けて屋根を付けていきます。
先ずはキットのパーツを使ってひさしを入れます。
基キットは、後ろのファストバックの丸みに引きずられて
屋根が盛り上がって丸く整形されています。
なので、窓のサッシの地位上に屋根位置が来るように
カットして整形してます。

でっ、歪み防止と形状確認のために、骨を作って入れま
した。
屋根の固定用に骨を入れました。
んで、切りぬいたプラ板をはめ込んで整形。セダンのサニ
―もこのあたりまでは形状同じはず。屋根は丸くありません。
ここから後ろが丸くなってきます。
こんな感じで進めます。
横から見てみて、1㎜位伸ばしすぎたかも。
胴体伸ばしすぎた・・


これで、全体形が見えてきた。屋根の後ろとトランクドアつけて
プレスラインにメリハリつけて、細部の部品を付けていけば
ボディは見えてきましたね。クリアー部品どうするかもそろそろ
考えないといけませんね。

取りあえず、今日はここまで

ではっ

フェイスブックもしてないのに
土曜日に、秋葉原で開催されてました、FB展示会に
伺ってきました。ロケーション的には最高の場所
書泉タワーでの開催。

参加者の割に、会場がチョイ狭いかなって感じでした。
BMからは、kazuさん、ヒロシさん、mikamiさん、yaszoさん
が出品されてました。
会場でお会いできたのは、COLTさん、ヒロシさん、林檎林
さんでした。土曜日は、バイクを点検に出しに行ったり、
歯医者の予約に行ったり、いろいろ用事があったので
お昼過ぎに訪問。

ネットや静岡で見たことあるものから、初見までいろいろ
ありましたよ。
会場のあれやこれや。
CIMG0597.jpg
CIMG0598.jpg
バイクから2つ。
ヒロシさんのCR110とタミヤの新ドカ。
CIMG0606.jpg
CIMG0602.jpg
女の子たち。ほいほいさんはなかなか可愛らしいですね。
エアブラシスタンドバージョンとか出たら買っちゃいそう。

CIMG0604.jpg
CIMG0600.jpg
珍しく、キャラもの。ザクはどのバージョンなんでしょうか?
知ってる形よりスカートが長い気がする。
女性の方が作者で、トールペイントの技法で塗ったって書いて
ました。関節を金に塗るとか私の感覚では無理でも全体の
雰囲気はいいですね。今日一でした。
ダグラムは、タカラのキット改造なのかと思ったらMAX渡辺様の
作品でした。ということは最近のやつなのね。
新しいだけあり、説得力のある形。羽のあるガンダムより
こっちのが好きだな。(形がね)
CIMG0599.jpg
飛行機はこれしか撮ってなかった。
穴雪バージョン、ドラケン。綺麗な塗装でした。
CIMG0603.jpg
最後に、最近出たサニトラ。かっこいいですね。
ジオラマ派の方にこうゆうガサガサのつや消しが流行って
ますね。使い込まれた車にはぴったしな感じです。

お会いできた方も、すれ違った方も、今年もよろしく
お願いします。

ではっ
 サニークーペ 取りあえず組んでみた
仕事はじめでした。しばらく休んだ後だと
疲れます。
早々に退散して、サニー弄ってました。

三枚におろしたもう片方の、胴体をデバイダー
でコピーしながら、4分割して再接着。
胴体幅を5㎜位詰めながら、現物合わせで
調整。テープを使って仮組しました。
CIMG0596.jpg
CIMG0595.jpg
前の下側と、後ろの下側を絞らないと
ちょいチェリーみたいですな。

でもサイズ的にはいい感じになりました。

ミグもハリアーもYZRも気になってますが
機が向いたときにやりましょう。
明日が仕事はじめなのに・・切り刻んじゃいました。
明日から、仕事です。ごろごろできるのも
今日この限りです。

そんな大事な休日何をしていたのかと言えば
随分前に、ロケットサニーを買ってきたこと報告
しておりましたが、これが似ていない。
ロケットサニーにしか見えないんですけど。
サイズもでかいし・・
で、サニーのサイズが分かったので、どれくらい
小さくしたらいいのか計算してました。
計算 計算
前後方向に約2cm,縦方向に約5㎜、横は1cm
位縮めればいいようです。

きっちり、寸法だせや こらー、って人もいらっしゃる
でしょうが、ここからは生かせるところの見極めやら
腕との兼ね合いもありますから、そこそこで。

って寸法出してたらやっちゃいまいした。

両側面と真ん中でまず、3枚におろして。
おろした片面をさらに、何だかんだで
4分割。ざっと接着して様子をみました。
上が修正後 した修正前
マジックで黒に塗ってるところをカットすれば
それらしくなりそうです。
小さすぎた窓を大きくして、胴体高を低くしたの
が一番雰囲気改善に貢献した様子。
フロントも仮組


まっざくざくやってるときはいいんですが、大変なのは
これから、膨らみすぎてる屋根も使えないから自作の
必要あるし、さすればその止め方、使えなくなった
クリアーパーツの再現をどうするか、
シャーシと内装は・・
ということで、ここで一旦休憩かな。

そのうち、やりましょう。 では。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ