taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
微速前進
どうも、今年はJMCがないせいで、完成品
あげなきゃって縛りがなく、だらだらしちゃい
ますね。 裏も参加できず、仕事だし・・・

そういえば、こんなん行ってみました。
昼食ついでなんで、じっくり見学とはいえず
ささっと15分くらいで走り見でしたが・・
吾妻ひでおの ななこSOS の生原稿や
高田明美のクリーミーまみ やら見られたの
は良かったんじゃないかと。
CIMG0524.jpg
お土産のフィギュアまで買っちゃいました。
人形買うなんて、何十年ぶりでしょう。

難しいです。
隼は、基本塗装に続いて、デカールまで。
キットのデカールをそのまま貼りました。
薄くて、切れやすいので貼るのには要注意です。
破れ防止に、メタルプライマーを一塗りしてます。
デカール貼りました。
胴体の帯は、曲面に貼ることを考慮されてなく
ただの直線だったので、あちこち切ってつなげたり
伸ばしたりして次妻合わせてます。
デカールが重なったとこだけ白の発色が良くなって
しまってますけど、頑張って貼りましたよ。

この機体は、キットの考証では、翼にもたすき状の
帯が描かれてるんですが、私は、翼の帯はなかった
と思うんで、胴体の帯のタッチアップ用に使わせて
頂きました。これがなきゃデカール貼れなかったです。

あとは小物とタッチアップだけですが。
小物の整形もめんどくさそうですよ。

ではっ
スポンサーサイト
久々色塗り
いろいろ、ありましたが久々に色塗りました。
どうにも、色塗りがめんどくさくて作業あと
回しになってしまいます。
基本塗装終了
いつもの筆塗の簡単仕様です。
修正しません。
裏面、エルロンのさきとか、他にも、筋彫りのミス
が見つかりましたが、このままいきます。

銀は、今回フラットベース投入でつや消しにして
ぬりました。塗料の乾くのが早くなるので、
塗りやすくなりましたよ。
次はデカールなんですが、胴体に巻く帯がうまく
貼れるものか、どうにも無理っぽいです。
失敗してから対応は考えましょう。

ついでのイタレリのクフィル。
クフィル胴体
基本形はいい形のキットですが、エッジがだるい
筋彫りが溶けかけてる、パーツの抜け勾配が
大きいなどの組みにくさが際立つキットです。
翼と胴体の位置も、胴体側の接着面を削って
合わせの妥協点を探ってます。
こんなとこにも・・
全体を仮組しても、風防が、計器盤の覆いと干渉
しちゃって閉まりませんよ。
細かい所がめんどくさいキットですね。

そうそう、翼のドッグツースは下面に折り線を
筋ぼりして、前縁のカーブに合うように下面向きに
グイッと折り曲げました。
これで、翼がクフィルって感じに変わります。
お試しください。
もてぎ2014
実は、プリンターが壊れたので、土曜日に購入いたしました。
今回もキャノンで、機種は ピクサスのMG6530。
1万そこそこで購入できました。安くなってるわ、但し、インクが
7色です。交換時のインク代がのほうが高い時代が来そうです
ね。
前回は2009年1月に購入してました。
より高性能で、使いやすくなってますよ。

でっもてぎですが。
マルケスが年間チャンピオン、ロレンソ、1位、ロッシ3位でした
今回はビクトリーシートってのが出来てまして、メインスタンド横
で見学できました。ただ、現場が近くて迫力あるのはいいんですが
俯瞰でレース状況が見えなくて、ちょい残念です。

ナカスガさん
青山君
ビクトリーシートからは、私のしょぼいコンデジでも望遠を思いっきり
利かせれば、これくらい撮れます。
さらに、地上波の解説に来ていた。
坂田さん
アナウンサーの人
まかべちゃん
この人たちも、ただし、望遠いっぱいにすると、
手振れでファインダーから対象がすぐにずれてしまい
綺麗にフレームインさせられませんでした。
レイニー
りずら鈴木
2015プロト
どーファン
おっさんなので、この辺も気になります。
suzukiの青メタはMOTO GP のプロトです。
NSRと、プロトはイベントで走りました。
私が見たのはNSRだけですけど。
ロレンソサイン
今年は、ロレンソ、ロッシの出待ちにして、
ロレンソにサインもらいました。

ではっ。
明日は茂木だ
御嶽山で捜査活動されている、自衛隊さん、消防さん
その他の方、ありがとうございます。ご苦労様です。
毎日、3000M超える山に登って、命を失う恐れも
あるのに頑張ってくださってありがとうございます。

いんちょんのバドミントン、きっと空調の不備だったんで
しょう。でも、もしそうなら 私どもの不手際で選手には
ご迷惑をかけてしまいました。このようなことが続かない
ように手立てを考えます。選手の皆様には引き続き
ご迷惑をおかけしますが、なにとぞ・・
って、風の流れが変わった云々でなく、一番迷惑をかけ
た人に頭を下げるってことできないんでしょうかね。

明日は茂木でMOTO GPです。マルケスがチャンピオン
になっちゃうんでしょうか?
青山君はラストになっちゃうのか、中上は一泡吹かせて
くれるのか?スズキのプロトは飾られてるのか?
天気が持ってくれそうでよかったです。

と最近、言いたかったことを殴り書きして・・

隼、工作はほぼ終わりました。
小物作成中
エルロンや、ラダーのタブを再生します。プラ板をカット
して、エルロン、ラダーの取り付け位置を若干削って
大きめに切ったプラ板を瞬間接着剤で張り付け。
接着固定後、カットします。カットは、ハサミで一気に
切るほうが簡単ですよ。

でっぱり作成。
コクピット横のガイシは、前回パテで作ったのを切り取って
接着。エルロンの操作ロッドカバーは、写真の通り、かたどり
君で型とって、光パテ詰めて、透明プラ板でふたして、プラ板
の上から紫外線で固めます。固まった後切り出して接着。
細かい作業終了
着陸灯はホルツの自動車板金用の透明光パテで作りました。
着陸灯他
コクピット周りも塗りましたので、キャノピーもつけられます。

というわけで、やっとこさ形になりました。

ついでにクフィルです。
筋彫り大まか
筋彫り 下面
大まかに筋彫り、部品の整形が出来ました。
胴体から進めましょう。

では、そういうことで。
貯金 貯金
台風が近づいてます。皆様のところは大丈夫ですか?
今朝は5時ごろ、空気が震えるほどの雷が鳴り響き
目が覚めました。
今日のお仕事は、お昼に浜松でしたが、断りましょう。

さてっプラモは、だらだらとしか進みません。
どうにも、色塗りが面倒で、外雨だしね。

こんなの弄ってみたり。
クラエアF5A

クラッシクエアのF5Aです。
キネテックから新しいの出てますけど。
こいつも7000円くらい出して買ったし・・
パーツを切り出して、まくれやバリを落として
仮組 かっこよすぎます。

三上さんが、接着貯金と言って、お手付きを肯定
下さってましたが、こちらは切り出し貯金を増やし
そうです。

でっAMLのハヤブサ、上面、下面ともに筋彫り
表面が整いました。あとは、タブとか、胴体のガイシ
とか小物ですね。
上側
下側
機体の横のパテは、ガイシとか翼端灯再現用の
でっぱりです。では。
流星の謎
先日、流星のキャノピーが熊本で発見されたことは
記憶に新しいところ、流星は、資料も少なく、未だに
謎の多い機体です。

さてっ私も流星の謎について迫ってみたいと思い
ます。

第一に、機体の番号の謎。
見てほしいのは、この写真。
流星は彗星なのか?
側面の記号は、D4Y3って書いてあります。これは
今まで、彗星だと信じられてきた機番です。

流星は、彗星33型の胴体と翼とエンジンを替えた
物だったのかもしれませんね。製造会社も違って
ますしね。

フジミっ・・しっかりしてくれよ・・。

さらにもう一つ謎があります。
これは、2014年のモデルアート10月号です。
新金型なのか?
私が買った流星改の再販記事と並んで試製流星
の再販記事も載ってますね。
でもこのキットって、
もう二度と発売されないはず
世に出たときに、金型改修のため2度と発売されない
のが売りの絶版キットだったはずなんです。

ちなみに、これはモデルアート1984年8月号の広告です。

流星の謎の深さが分かっていただけると思います。

ただ、フジミのことですから、本当に金型改修してて、
試製流星のキットは絶版なので、普通の流星改の
キットにデカールだけ試作型詰めて販売している
可能性や、デッドストックの試製流星が大量に残っていて
84年の製品を現在詰め直して販売している可能性も否定
できません。

なにせ、フジミですからね。

誰か、絶版キットと再販キット両方並べて検証して
くれませんかね。

ニチモの絶版24車シリーズもどっかで復活しませんかね
っていうわけで、今日は駄文でした。
ではっ
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ