taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
完成品処分
家の飛行場がいっぱいなので、そろそろ
間引きしなければいけません。
地震でかなり廃棄したのですが、それでも
いっぱいになっちゃいました。

昔のやつから処分していきます。

まずは、ハセの48のゼロ22型
点々打ってますよ。なかなか頑張ってますね。
機番はデカールの切り貼り、このころは
まだ別売りデカールとかに手を出してません。

塗装は筆塗ですね。
ゼロ22
前から
ハセのゼロはいい。
次もゼロ、このブログ始めた頃に、作ってます。
機番をアルプスプリンターで自作しましたね。
長谷川 72 21型です。
白帯ゼロ
機番は自作
埃だらけですな。

最後は、ハリアー、これ持って静岡に行って
ブログモデラーに入れてもらったのでした。
筆塗です。細かい資料もなかったので箱絵の
写真を見ながらアンテナとかつけましたね。

排気管抜いてました。
ハリアー
というわけで、スクラップ決定です。

では。
スポンサーサイト
この後は、サフと色塗りか
ようやく、ちりちり作業にも終わりが見えてきました。
もうすぐ
でも各パーツは接着して固定しているわけではありません。
なので組むとずれが出てくるとおもわれ、まだまだ
細かいすり合わせで悩まされそうです。
かぶせると
ともわれ、形になってきました。
こちらは、ほぼ終了
前回、このままいきますで引いた、ウィンドウサッシ、
結局、ルーフ側を延長して調整しました。まだ左右で
サッシの幅が違いますが、もうこれでいきます。マジで
これから作る人は左側のルーフは延長されていると
いいですよ。あと、リアのフードとのつなぎ目も落ち込
んで来てるので、修正してやるといいと思います。

ドアの形状はそのままだと開けると、上にずり上がるので
実車はどうかわかりませんが、下のほうをスクエアに修正
うまく合わせると隙間はできません。
こっちはこれから
こちら側は、フロントフェンダーが狭くドアに干渉します。
なので、パテ盛りして形状合わせ裏側からそいでます。
三角窓のサッシがちょっと内側についてます。面一になるよ
うに修正しときます。
リアカウルは微妙に段差ができるので、パテで修正。

これでようやく塗装準備に入れそうです。

スピットやります。
さて、最近BMでかしましい、スピット祭り48
ですが、こいつで参加しようと思います。
スピット 48
沼津物件に入っていたこのスピット、なんと
タミヤ72シリーズ48番手。
ここまで重なってたら、作るしかないでしょう。

キットのままストレートにさっくり行きます。

沼津祭りと、スピット48両方に行けますしね。

で、512
窓枠作成
キットのウィンドウパーツ利用して、窓枠の
再生。
三角窓はキットの、ままじゃ使えませんでした。
でも、これ左右でガラスの大きさ同じなのに
窓枠の太さは違います。

左右で違う

微妙にずれてます。
私が悪いのか?キットの仕様なのかもう
削り倒したあとなので、わかりませんが
ウィンドウパーツの自作なんかしません
これでいきますよ。
ちりちり作業
3連休です。わーい
昨日は、林檎林様もいかれていた、特撮展を
見に行っておりました。思ってたより人出が
多く、展示物をゆっくり見る時間は取れませ
んでしたが、特撮で育った世代として楽しん
できました。
記念写真は30分待ち


さて、今日は512の作業をだらだらと。
まずは、ドアの稼働とチリ合わせ。可動を
確実にして、チリを合わせて、最後に面調整
いちいち胴体を上下に分ける必要もあり
大変な手間です。すごく地味作業です。
開いたとこ
とりあえず、開いたところ。
閉じたところ
閉じたところ、もう少しチリを合わせないと
かっこ悪いですので頑張ります。
面もつなげないとかっこ悪いしね。

塗装の手順もどうしたもんでしょう。後から
考えるしかないですね。
微調整
反対側、こちらのほうが重傷ですね。動くこと
を優先していきましょう。
ライト周り
ライトまわり。
可動の軸を移動したので、外から開ける方法
を別に考えないといけませんね。

けっこう、めんどくさいですな。

では。
最近めっきりカーモデラーです。
最近めっきり車づいてますが、今度はザ.スーパーカー
512BBを作ろうと思います。
キットは、カーモデルのオーパーツといわれている
マルイのキット。
名作との誉れ高いキットですが、流石は30年以上前の
もの、組むのもそれなりに大変です。後塗装の手順を
どうするかをいちいち考えなければなりません。
なかなか大変です。
とりあえずは、
配線しなきゃ
モーターや麦球を仕込むための配線を這わせます。
配線はセンターコンソールを通して見えなくなる設計
なのでこの時点で内装をセットする必要があります。
ボディ塗装だけ後回しってわけにいかないんです。
瞼を修正
当時のスーパーカーのアイコン、リトラクタブルライト
自転車にもつくぐらい人気でした。
キットは作動の軸が、ライトの中心にあってライトを
出すと後ろ半分が胴体に潜ってしまいます。
なので、軸を打ち直して調整。
なんとか面一にしましたが、隙間は大きくなっちゃい
ました。
出したらこんな感じ。
開けたらこんな感じ
で、ドア
ドアは合わない
可動するのが売りのこのキット、やはり動かないとね。
ってAピラーがまったく合いません。
とりあえず切り離して、面の流れを優先。
CIMG3052.jpg
チリを合わせてしっかり収まるように工作してみます。
はたして出来ますかどうか。

しかしこのキット黒いほうはゴム分が多いのか、赤いほ
うは、赤の色成分が多いのか、接着剤がなかなか効きま
せん。
接着剤にも工夫が必要な要ですよ。では

新作購入
昨日は、久々のTV東京のバス乗継の旅。
中々に楽しかったです。あまりに頻繁な乗換の
せいか、編集が窮屈に感じましたが、
相変わらずのドタバタぶりでした。

でも、見てると、その路線は昔からあったのに
って話が多くて、バスの厳しさ、地方の人口の
現象が半端ないことが分かります。

番組の途中は、路線バス乗継の旅じゃなくて
コミュニティバス乗継の旅だったし。
バスの客が3人だなんてのも当たり前だしね。

あと、バス会社もあの番組ですねって、知ってて
当たりが丁寧で、親切になってきてるみたい。
番組的にはハプニング減っちゃいますね。
その中で、先の乗継はないって言い切って、
発車しちゃった運転手さんさすがです。
あとで、会社から怒られてるんじゃないでしょうか

さて、そういう日常の中、新製品が相次いでます。
もう買うのは厳選しようと心に誓ってはいますが・・
ウルフパックのF5、スォードの複座ハリアー、
杵の48のF5、PJのミラージュ3Eとか

琴線にかかるものが結構出てます。
皆様方には、スピットに狂喜乱舞されていらっしゃる
ようですが・そちらは、華麗にスルーします。

で、今回は、スォードの複座ハリアーを購入しまし
た。他のは見当たらなかっただけですけど。
あと、富沢君マーキングのバイクも購入しております。

T2購入
さて、複座のハリアー。
今までエレールのスナップキットしかなかったこのキット
(有名モデラーKWATさまのところで内容はチェックでき
ますよ。)
ようやく、今風のキットが手に入りました。

72のハリアーといえば、傑作が二つ、エッシーとハセガワが
あります。(ごめんねフジミさん、次点ってことで)
んで、簡易キットなんて一から作ってるんじゃなくて
基はどこかのキットってのが多いわけで。
えっシー
キットの主翼見てみると、エッシーとほぼ同じ形。
翼裏のパイロンつけない時にはめる卵形のフェアリングなん
かもエッシーそのままにモールドされてますよ。

なので、ハリアーいっぱい並べたい人はエッシー系で揃える
とラインが揃いますね。

ちなみにエクストラモデルのFA2なんかは長谷ハリアーが
基キットになってますよ。
エアのFA2はまだ買ってませんが、さすがにオリジナルと
信じたい。

で、家にあるハリアーのキットを見てみたら、
エッシーでGR3 1個、イタレリでGR3、シーハリアーで
2個 今回買ったT2 1個 エクストラのFA2 1個
72が5個 完成品でGR5一個ありますし。

エアフィックス48がGR3とシーハリアーで2個 モノグラム
でAV8A 1個

結構な数溜め込んでます。早めになんとかしなきゃね。








copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ