taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
ルターン ヴォイジャー
24時間テレビより、Eテレのパラリンピック
特集のほうがぐっと来ました。
チェコで中上17位 高橋18位ポイント圏外です
が、高橋のバイクようやく走れるようになって
着たようですね。

で、車や、バイクで青春の車なんてやったり
してるし、なにがしか思い出のある乗り物の
プラモを作りたいと思うのは、モデラーの素直
な気持ちと思います。ヒロシさんもこないだ
ロードスター作ってたし、日の丸航空隊さんも
ある意味思い出の車作ってられるしね。

で、こないだ
半額で投げ売りされてるこのキットを発見。
ロビンソン半額
軍用のパッケージですが、ロビンソンR22って
いうヘリコプターです。
これ、国内でもいっぱい飛んでまして。
昔の写真
私も海外で1時間教習、国内で2時間フライトした
覚えがあります。
写真は国内のフライト後とっていただいたもの。
殆ど私が見えませんけど。

この塗装で、思い出の機体として作ってみたいな
なんてね、そのうちにね。

さて、お手付きの整理。まずは、沼津物件を処理
しないと。
胴体は基本形状は無視して、デティールだけチョイ
修正していこうと思います。
ヴォイジャー
若干プロペラ位置を上にあげて、胴体にスピナから
続くふくらみを付けていきます。
修正中
裏側は排気管の穴を埋めて、前側のインテーク形状
変更のため、穴をあけました。
後ろは、バルジのボリュームを増してます。
後ろ側の処理方法は、ルターンのスピードカナード
なんかとそっくり、ここはルターン設計の特徴に
なりそうなのでもうちょっと手をかけてみます。

では。
スポンサーサイト
308GTB完成
こないだのお休み、汐留に行ってきましたよ。
汐留では、日本テレビのお祭り中でした。
お目当ては、これ
MOTOGP
BS放映中のMOTO GP 宣伝用のバイク
を見てきましたよ。ペドロサ号とストーナー号
の2台がありました。

さて、今日の休みは308GTB完成させました。
完成しました。

前から
形になってからが大変です。
一応仕上げたボディにシャーシを貼りつけたり
エッチングを貼りつけたり。
息を止めて塗膜を傷つけないようにする作業が
続きます。中々に完成までのハードルが高いです。
あちこち傷つけながらようやく完成です。
エッチング貼れるかー
馬のマークと308GTB、フェラーリのロゴが
エッチングです。
裏にワックス塗って慎重に仮位置合わせして
少量の瞬間接着剤で止めました。
今なら、メタルインレットでしょうね。

ワイパーはブレードとアームを分けて細く削って
接着いたしましたよ。
下品な色は磨いてみると、マルーンぽい感じで
ちょっと落ち着いてくれましたよ。

ただ、光を当てると
光を当てると
ピント深めで

やっぱり下品な感じです。

ともあれ、ようやく完成しました。

では。
上下接着まで
こないだ、TVを見ていて気づきましたが
来年になると、フルムーンパスが使えます。

夫婦そろって年をとってしまいました。

さて、先が見えてきた人生ですが、何する
でもなく328進めてました。

このキットは販売自体も古いし、長谷川も
まだカーモデルにこなれてない感じです。

形になってからがちょこっとめんどくさい。
窓はめ
ウィンドウのほうに窓の取り付けのゴムの
モールドがついてます。マスクして塗装。
リアのウィンドウは別部品で黒塗装をしなきゃ
いけません。ここで光が透けたらかっこ悪い
ので、両面から塗装しました。中々に手間が
かかります。
サンシェードはデカールの設定がありますが
塗装でやりました。今まではクリアーカラーで
塗り重ねましたが、今回はモデルカーズで畦蒜
氏が黒でぬってたので、まねしてブルーで塗装

境がくっきり出すぎましたが、クリアーブルー
塗り重ねるよりよさそうです。

謎だったパーツ
ここまで、パーツはパチピタでしたがリアの
ウィンドウはがたがたであいません。プラの足を
つけて少しでも隙間をなくします。これでも
色摩は消しきれませんが、これ以上は絞るしか
なさそうです。私はこれでいきます。
あと、謎の部品をウィンドウにつけるように指示が
ありましたが、どこの部品かわからない・・
試行錯誤してようやくウィンドウ側の窓枠の縦筋
判明。合い自体はばっちりです。写真で白く写って
いるところです。
ここは、ボディを成型する前に取りつけたほうが
いいですね。

合わせてみました
小物も一段落したので、上下を合わせました。
後はフロントのスカートとリアのスカート?
灯火類くらいでしょうか。でもリアのスカートに
ウィング、この辺の部品は、取り付け位置があい
まいで接着に苦労しそうです。

そうそう、フロントのグリルはエッチングだと
逆にシャープすぎちゃうと思ったのでプラを使用
してます。
リアのエンジンガードのエッチングはマジックで
黒を塗って接着してますよ。いろいろ言ってますが
これだけハイペースで作れるのもキットの素性が
いいからですね。

今日はこのへんで、では。
ここでひと段落
完成させたかったですが、なかなか手ごわいです。
エンジンや足回りはパチパチ組めて楽しかったの
ですが、ボディの分割なんかが、独特でなかなか
今までの経験通りには進みません。

流石は、長谷川ってところなんでしょうが、
めんどくさいっす。
というわけでここまで。
ここまで
元々青に塗ってたんですが、どうにも地味なので
マゼンタを上からかけてみたところ、収集つかなく
なっちゃって、結果、こんな色にすごく下品な感じ
です。残念です。
見えなくなるエンジン
エンジンや内装はびっしり入ってます。これが
ストレスなく位置も決まってキットの基本の良さ
がわかります。

でも、リアクォーターウィンドウの取り付け方が
よくわかんなかったり、リアの下のパネルが
うまく合わなかったり、細かいことに手間取らさ
れます。
色が下品に・・
まっいまさら色を塗り替える気もないので、あと
小物と、ボディ磨き進めてみます。
今日からお休み。
 韓国無茶してますね。こんな時に近くとは
いつかって、バカみたいすね。
せめて、ジョバレ、サッカー頑張ってね。

さて、328、小物は今回パーツをランナーに
つけたまま一気に塗装してさくさくっと組み立
てて行きましたよ。エンジン足回りの組み立て
に難儀しながらようやくここまで。
立体パズル
普段筆塗だと、ブラシで吹くつや消し黒が気持ち
いいです。

しかし、接着材のはみ出しや、ペーパーかすで
曇ったりしちゃうので、いったん艶あり吹いて
クリアーで艶調整すればよかったのかも。
たこ足はステンレスってことで
エンジンは素組でしょぼいですがこのへんで
なぜなら。
後ろは固定
リヤパネルを固定しちゃいましたから。
微妙に出る面の歪みを固定することで消してお
きます。ついでに、椅子の裏の穴をプラ板と
パテで埋めてます。
外装後回しになってますが、一気に進みました。

では。
新しいお手付きが増えました。
お久しぶりの更新です。
御殿場で朽ちてる
さて、仕事中に見つけました。御殿場のほうで朽ちてました。
近くで見られないのが残念です。

で、パンテーラの後の車です。
ボディサフなしでいけそう。
ハセガワの308GTBにしました。
これは、エンジン付きのフルキット、まっどこに凝るって
こともないので、サクッと行きますね。
エンジン付き
ただ、色を何色にしましょうか?8気筒のフェラーリだしね。
赤でもない気がするし・・黄色はこないだやったばかしだし
メタリックも70年代ぽくない気がするしね。

適当に考えましょう。

これは、少ずつ
ノリック号進捗。小物から少しずつやってます。

では、どなた様もおやすみなさい。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ