taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
4年に一回
今日は本の紹介ですよ。
グライダーの小説と言えば、佐野洋の大滑空
くらいしか思いつかないんですが、

こんな本がでておりました。
信じられない。

大学航空部が舞台のグライダーにかける青春小説
こんなの売れるんでしょうか?心配になっちゃい
ます。
流石に、グライダーのことがわからなきゃ話もよく
わからないと、作者も、出版社も思ったのか巻末に
は、特別にグライダーQ&Aってのも付いてますよ。

でも、出版社の方は、ここでもグライダーよくわか
ってないようで、小説内にはASK23、ASK13、DG500
コンドルなんかが出てくるんですが、おまけの解説の
写真には、これらの機体は出てこないですよ。

機体の横にたたずむ美少女が物語の導入になってる
んだから、その主人公が心奪われたグライダーは
コレですよって紹介くらいあっても良さそうなのに

不時着のときなんかの描写でも、なるほど、このグライ
ダーだからラフに扱っても大丈夫だったのね。なんて
知ってる人を喜ばす記述があるのに。
せっかくの付録なんだから、小説に出てくるグライダー
はこれですよって紹介して欲しかったです。

ボーシャンなんて骨董グライダーなんかが巻末の付録に
写ってますけどね。そこはASK13じゃないとダメじゃん。
てなことを考えてしまいます。

ともわれ、せっかく出てるんだから、皆さん買って読ん
でくださいね。

勝手に売り込みますよ。
と言うわけで、いつもの年より1日と1秒長い今年の2月29
日記念更新でした。
では。
スポンサーサイト
年度末、ですね。
年度末ですね。これから送別会が続きますね。
その後は、歓迎会、それから花見。
最近は、のみ疲れてしまうので続くときつい
です。財布にもね。

さて、家のすぐ近くを走る東京マラソンも見ずに
プラモの日を過ごしました。

F18から、
半分で仕上げていく
上下半分わけのキットなんで、上と下でわけて
作っていきます。エアブレーキのところは、穴を
一個前側に開けて、はめ込んだのを、裏の穴から
棒突っ込んで位置調整して流し込み系で接着。
ストレーキと翼のつながりが悪いのでパテ修正し
ておりますよ。
インテークの中
こないだからこちょこちょやっていたインテーク
こんな感じで終了。今ひとつスムースでないとこ
もありますがここでループしてもね・・あんまり
見えないこだし。と言うわけで、次週には上下
くっつけられることでしょう。

さて、それ以外のもの。
こいつは、初めてのアップかも知れませんが、
ストラトスです。
これは、初めてだします
シャーシの塗りわけ指定がめんどくさくて放置して
おりましたが、とりあえずサフ吹いてみました。
ボディは面は出してたので、こちらもサフ吹きまし
た。が、筋彫りはよれよれだし、傷だらけだし
もう少しループしないと色塗れないですね。
カーモデルって修行ってきがしますよ。

最後に、サフ吹いたついでにこれも。
こんなの買っちゃった
サフ吹いてみました。サニーエクセレントクーペ
小学校のとき、石原先生が乗っていた車ですね。
子供心に未来的な感じがして好きでした。
後の丸いライトが6個並んでるのがロケットの見たい
でね。おんぶバッタのメスにも似てるって思ってま
した。ただ、ホイールのトレッドに比べてボディが
大きくて、張りぼて感が漂うのが安っぽかったです
日産はシャーシそのままでボディだけ大きくして
安っぽくなった車多かったですよね。シルビア、
ガゼールとかケンメリとかね。

と言うわけで懐かしさで買ってきましたが、やたらと
でかいボディが入っていてびっくり、縦横比も変です
このまま作るか、スケール無視して改修してみるか
スケール通りに切り刻むか、楽しみ方色々ですね。
変に力の入ったエンジンなんかもあります。
それなりに似てる

まっとりあえず積んでおきます。
では、今日はこのあたりで。
買い物しちゃいました。
タミヤの零戦が出てるかなとふらりと入った模型店で
買っちゃいました。

スォード(変改しにくいので次回よりスで)の雷電です。
雷電キット
今なら、2個セットになっていてお得です。
ハセのキットに比べると、胴体と主翼はほぼ同じ寸法
ですね。但し、カウルは5mmくらい短いです。
パーツの見た目だと違和感ないですな。

私がハセを作るときに修正したキャノピーですが。
雷電キャノピー
ほぼぴたりと合うではないですか。
ここも一緒
こちらもほぼ同じ大きさ。鐘軌の時といい スは
家のブログ見てんのかい?
ともあれ、自分のおかしいと思ったところが修正
されてるのをみると、やってたことが間違って
なかったんだっておもえますね。
主脚柱や機首したのインテークも良い感じですね
パーツで見る限りですが、なかなか良いんではない
でしょうか。

さて、他にはこんなことをしてました。
インテーク少し
バッカニアのインテーク。薄いインテークリップに
プラ板を貼ってみました。
で、裏側に丸い穴を開けたプラ板を貼ってます。
反対側
これで、中にパテを詰めてインテークを作ろうと思いますよ
こんな感じでセットします
こんな感じで、ファンがみえるようにしますね。
しかし、こないだのフジミのF18から似たようなこと
ばかりしてます。

北の巨人toyさまもかっこいいバッカニア作られてるし
中々手が出しにくいところですがゆるゆる進めて行こう
と思いますよ。

では。
またまたF18始めました。
フジミに続いてF18ハセを始めました。
作ってみると、パーツが少なくすぐに
形になります。こりゃいいや。
でも、フジミとの作り比べになりますが
こうやって組み始めてみると、フジミは
ハセのキットをかなり意識してたんだと
おもいます。ハセで型抜きの関係で薄く
なってる胴体側面は別金型で筋彫りくっきり
になるようになってますし、ハセの弱点の
ひとつにされてる脚庫の浅さも改善してます

モデラーの重箱の隅をつつくような声に
真面目に答えようとして、失敗しちゃったのね

メーカーさんも大変でしょうが頑張って
くださいね、フジミさん。

でもこないだからのF15と、パンテーラは
ちょっと違いますからね。。

さて、と言うわけで先に書いた弱い筋彫りを
なぞって深くして、各地にあるひけの処理を
して組み始めましたよ。
ハセ18
つけられる部品はどんどんつけていきます。
したっけ、ストレーキの上につく板の
目クラ穴開けるの忘れてました。
インテーク箱組
フジミに比べ一回り細いっす。
フジミ、ハセともに弱点のインテーク周り
リップを先につけて、プラ板でインテーク
箱組みしちゃいました。
パテ盛
内側にリップからつながるようにパテ盛り
パテはタミヤの速感エポパテ、少しだけ
薄め液を混ぜて練ります。するとヤワヤワに
なるので、そいつを水につけた爪楊枝で
均しながら仕上げます。奥行きは浅いです
がこんな感じで仕上げて生きたいと思い
ますよ。

フジミで苦労した経験が行きますね。
F18完成してました
ちいと前に、次回F18完成でと引いておりましたが
その後順調に完成しておりました。
UAMCにも持って行ってましたので、見ていただいた
方もいらっしゃると思いますが。
F18完成
インテーク周り
横から
良い感じ
キャノピーは、私には珍しく後付してます。
風防と天蓋に盛大に段差が出来るのでここは意地で
修正しました。フューチャーにつけて透明度回復
させてます。キャノピーのおしりがわが実機と違う
感じなのですが組んじゃえばわからなくなるものです。

インテークはリップを3分の1くらいの厚さにして
ダクトに無理やりつなぎました。奥行きは表現できた
と思います。じっくり見られると粗だらけですけど。

前方から見るとハセに比べてちょっと太目の機首が
迫力ありますね。ストレーキの合わせには苦労しました

ウォークウェイはデカールです。黒だったんですが
汚しをかけて、グレイぽくしてあります。
いつもの通り筆塗り、デカールの基本仕上げです。

静岡のお祭り参加機でもあります。
というわけで、完成ですよ。

では。
買い物いっぱい
まずは、UAMCにて撮った幾枚かの写真を
アップしておきます。
ライトニング
マッチのライトニングと、モノクロームの
ライトニング、左右でこんなに違いますよって
組んでわかるようにしてます。モノクローム
デブなのがわかりますね。
面白い表現です。プラモならではですね。
飛燕
72の飛燕です。リベットがよく似合ってます。
良く作りこんでますね。
カウルの表現
カウルの磨きを、多分メッシュを当てて別の
銀色を吹いてるようです。雰囲気でるものですね。
すごいキャノピー
メビウスさん作です。キャノピー周り、曲面ガラス
のなかに、平面ガラスの部分が作られてたり。
キャノピーの縁につけられたカッターとか、神技です。
平面ガラスのくだりは、国江さんから伺いました。
実機を知ってる人にしかわからない表現ですね。

んで、最近のお買い物。
デトマソ
T33
高橋君
パンテーラ、横浜オートモデラーの会で伺った
通り、ガラスが厳しそうです。
VER800とか、パンテーラとか、フジミのスタイルモデル
ってのもプラモとしてありかと思ってたんですが、出来
と価格がつりあわないんじゃ・・・ですねえ。

T33は待たされましたが、発売されて良かったです。
組んでみたいキットですね。

RSWは高橋君号、2007年前半戦は黒白の塗りわけで戦って
ましたが、中盤からこのカラーです。
ざっと見た感じスポンサーはあまり変わってないようなの
で、前半戦仕様が出来るかも知れませんね。

って買い捲ってます。これでも、タミヤ再販RZとかRGとか
我慢してるんだからね。

というわけで、タミヤのゼロも買っちゃうと思いますよ。
蜜柑山ばかり高くなりますね・・
UAMC参加しておりました。
この土日、横浜で開催されてた、UAMCに
参加しておりました。
BM団からは、KAZUさま、ドカ山さま、ヒロシさま
COLT-T さま、そして私、と言っても縛りのゆるい
BMですから、トライアングルからの参加の方や
他のクラブからの人など色々ですが、JWさんや
so-sukeさまも遊びに来てくださいましたよ。

ブースの様子はこんな感じ。
会場
私の持ってたの、
もってったもの
もってたの2
お腹を見せているように、F18は完成してますよ。

飛行機にこだわって、全国から来られるわけですから
中々に濃い展示で、すごいのがありましたよ。
白井名人のプラキャノピー絞り方法とか、田中名人
の筆塗り法とかの実演など企画も充実でした。

そして、合間を利用して、リマール様と、yaszoさまが
参加されている、オートモデラーの祭典横浜にも
行ってきました。
380のエンジン
会場は日産のエンジン展示場の3階でした。
NSR
アオシマのNSRがノーマル塗装でもう完成してました。
かっこいい。
ユーノスコスモ
スクラッチのユーノスコスモ500、すごい人がいるもの
です。
フジミのパンテーラの評判を聞いてがっかりしたり
してましたよ。

UAMCの写真はあまり取ってなかったりします。
でも、これとこれ
T33
タミヤ零
ヨンケイさんのT33と零戦52型、期待の新製品です。
名人ヨンケイさんが作ったのを差し引いても、良い出来
の様子。買っちゃいますね。

まとまりも、とりとめもないですが、今日はこの辺で
お休みします。

ごめんなさいね。では。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ