taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
鐘軌の新製品
スオードより、新発売となった、鐘軌を買ってきました
鐘軌 2個いり
中身はこんな感じです。
中身
しかも、一箱に2個いりです。
ハセのと比べますよ。
ハセと比べて
右がハセで左がスオードです。コピーってわけじゃ
なさそうですよ。
私の作った改造鐘軌とあわせてみます。
改造機と比べて
ぴったり合いますね。これはどうゆうことだ?
図面は一緒か?
私が参考にした、松葉氏の図面にピッタシあいますね。
足やら、別パーツにされてますが、カウルの前面なんか
は、もろにハセガワのコピーですが、全面的に形は見直
されてます。製作の基本のキットとしてはかなり良いん
じゃないでしょうか。
カウルは前面がハセの面影を引いているし、ちょっと
見直しが必要かも知れませんね。
機首から胴体は作り手の思い入れで手を入れればよいん
じゃないでしょうか。
似た感じだが・・
私の作ったのと並べてみます。この角度からだと良く
似た感じです。
両方とも、ハセを基本として改造しているせいか、機
軸と翼の取り付け角の関係がおかしい様子です。

このあたりは手を入れたほうがよさそうですね。

とりあえず、面倒なところは改修されてますから良いか
もです。

あくまでもパーツ段階でですけどね。

ハセのコピーかと思っている人は違ってますから。
購入検討されてはどうでしょう。
2個いりですしね。

では。
スポンサーサイト
やっと形になってきた。
[やっと形になってきた。]の続きを読む
パラダイスにいきました。
昨日はついてなかった。遊びに行った
プラネタリウムは、貸切で見られず。
代わりにといった展望レストランも
結婚式で貸切。近所散歩しただけで一日
終わっちゃいました。

今日は、朝一で埼玉に出来た、オウムと
遊べる所に行って来ました。
新座のとり村です。飼育保護施設もかね
たところですが、大型のオウムと遊べる
のです。

コンゴウインコやヨウム、オオバタン、
キバタン桃色インコ、タイハクオウム
等と遊んで来ました。
パラダイス キス

目当てにしてたオオバタン(子供の頃家に
いたんです。)とは仲良くなれませんでした
が、他のオウムやインコとは楽しく遊びま
したよ。

ということで、土日時間もとれず。
車は進んでませんよ。
ポルシェコレがループか
ポルシェは筋彫りや面修正中心、またサフか
けないといけませんね。
コンテッサウィンカー合わない
コンテッサは、ウィンカー合わせてみたら
合いません。ウィンカーに合わせようとして
削ってるうちに穴開いちゃいました。
これは修正大変だわ。
ウィンドウトリムの塗りわけしやすいように
筋彫り入れたり、これももう少し修正必要
ですね。

車の世界はなかなか進まないですね。
すこしずつしか進みません
ロッシが、原発問題の日本には行きたくない
んだって、ロレンソも嫌って言ってる。
がんばろう日本 ってバイクには描いてくれ
ているのに・・
10月の茂木はどうなるのか?

さて、入梅して天気も良くないので、車の
進捗は後回し、エアブラシ使わない工作を
少しずつ。
コクピット
コクピットをゆっくり塗りわけ中、実はこの
F14停滞の最大の理由が、前席の計器版をなく
したこと、もう昔になりましたが、渋谷ナイト
に組み立て中の前部胴体を持って行って、
飲んで歌って帰ったら、計器版がなくなって
たのです。組み立て中のプラモをそのままで
ズボンのポッケに入れて持ち歩かないという
教訓を残した出来事でした。

んで、こないだの静岡で100円のジャンク購入
久々にF14の作業が復活したのにはこのような
秘密があったのです。

前席は筆塗りで後席と雰囲気違いますが
これで、作業続けられます。

あと筆塗りで出来るところ
排気管
排気管を塗りました。ここには秘密兵器ガイアの
ブラウンクリアーが活躍しましたよ。
ピンポイントでも色が入ると機体が締まってき
ますね。
まっ出来はぐだぐだですが、もう日と頑張りです

では。
コンテッサ カテ分け
今日は、少し早めに仕事収めて
ここ行ってました。
パンダ飯
東京名所復活。
新名所
平日なので少ないと思ってたら修学旅行やら
遠足やら、親子づれやらでそこそこの混雑
流石東京です。
写真はないですが、かわうそは今福島から
避難してきてる固体が展示されてたり

キバタンって鸚鵡は物まね上手で驚いたり
小鳥の声真似を色々してました。

いろいろ楽しみました。
その後、飛び込みで入った、上野広小路亭で
一龍斎貞弥さんの講談を聞いてきました。

さて、コンテッサをカテわけします。
今までの経緯はポルシェを参考にしてくださいね。

切り離していたバンパーですがつなぎました。
コンテッサバンパー
段差なくつなげて、フロントに仮セット
フロントから
大分良い感じになったと思いますよ。
リアもリアバンパーと側面のバンパーモールド
をあわせて位置決めして段差なく削ります。
リアから
こんな感じです。

おきプラモの置き場所がなくなったので
積んでみました。これで少しスペースが確保
できました。
同じ箱のを集めましたが、あっという間に身長
超えました。まだこの後にフジミテック21積まな
きゃいけません。組んだのを置く場所も無くなって
きてますよ。
プラも積み
ポルシェサフサフ
先日模型屋に行きましたら、フジミが新金型で
アオシマみたいな(ニュアンス伝わるかな)
スカイラインジャパンを出しておりました。
ドカ山さんあたり、涙を流して購入されている
な。と思いながら、私はハセガワ青山周平号を
購入してきました。また在庫を増やしてしまった。

さて、在庫消化のほう。さくっとポルシェです。
シャーシはさくっと
シャーシボディ色気にせず、黒に塗りました。
さくっと適当塗りです。本当はどこが銀なのか
どうなのか全然わかりませんけど。
内装もさくっと
室内も適当に2色で塗りわけ。出来上がり。
ここも資料見ずに一発塗り。
計器版はモールドとデカールが合ってないことに
きずきましたが、そのまま貼っちゃいます
Cピラーが太いので内装色で塗るかどうするか
考えないといけませんね。
ボディはサフ拭いてます。
で、ボディはサフを吹きました。色々修正して
ループに入りそうですね。
このクルマ、ホイールもボディ色と一緒が似合い
そうですね。ホイールメッキ落としましょうか。

次コンテッサ。
こいつもサフを吹きました。
コンテッササフ
フロントの隙間はうまりました。バンパー削除した
あともなんとか整形できそうです。
リアサフ
リアは割れたところを0.5mmくらい幅広にします。
こちらはバンパーがつながるのでそのまま行きます

ポルシェより手が掛かりそうですね。では。
今更ながら
こないだから、放置中だったF14を少しずつやってます。
と言っても、初めに作ってたところが投げやりに作って
いて既に完成度は低いですが・・
でめんどくさくて放り投げていた、筋彫りの掘り込みを
少し、
翼上面
仕上がりは粗いですが、懸念だった翼の筋彫りの掘り込
を終えました。
下面。
翼下面
手間がかかるキットです。排気管をつけないと側面の
カバーが接着できません。
いつのタイミングで色を塗るか?手順についてもなかなか
考えさせてくれるキットです。
更新の期待は余りせずにいてくださいね。
では。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ