taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
80年代国産車祭り勃発
BM団で80年代国産車作ろうが勃発している様子。
家にあるキットでエントリー出来そうなのは
117、ピアッツア(まだ未組み立てキット有り)
ミラ、ミラビビアン、RX7くらい。
でも、RX7や、ミラは80年代ってイメージじゃ
ない気もします。
実際のリストと比べても、90年代初めまでが、80
年代って気がする。バブルの影響が残ってるのが
80年台ってことなんでしょうね。

山のようなキットに囲まれて今更。Be1とかパルサー
GTRとか、クレスタとか一世を風靡したピラーレス
セダン、EDやらペルソナやら、シティレーサーの
アルトワークス、デートカー プレリュードなんか
のキットを買い込むのもどうかなって気もするし。
お祭りの本筋は買い込むべきかって気もしてますが

いすゞ車が期待されているとしたら、ジェミニか?
無理かな。

では、Ka6です。
ka6ゼンタイケイ
側面形
前回まで整形してきたパーツを組みたてて、全体形を
調整してます。シックスに見えてきたぞ。さっきから
手に持ってブーン(グライダーはブーンって鳴りませ
んが)ばっかりやってます。
スポンサーサイト
ファントムも少し
ささっと、やったことだけ。
ファントムささっとコクピットを
仕上げて、キャノピーつけました。
やっぱり、かっこいいですね
ファントム。
ファントム久々
ゆっくり仕上げていきましょう。

そしてka6垂直や、水平も削りだし
ました。
今回は実機写真も添えておきます。
マーキングはこれじゃないのにし
ますけど。
形にはなった
やっぱりシックスはいいね。
ka6始めました。
先日の更新通り、Ka6cr始めます。
まずは、ka6とは、ドイツの木製
グライダー、世界選手権を2度も
制したことがある名機です。
70年代には、扱いが手軽な単座
グライダーとして、個人や学生の
訓練用として日本にもたくさん輸入
されました。

こいつをマイゼから改造します。
まずは図面から
まずは、図面にあわせて切り抜いた
胴体図に胴体を貼り付け、図面にあ
わせて胴体パーツを削ります。
翼もけづりだし
翼はマスキングテープに写し取った図面
にあわせて、削りだしてこれまた削り
ました。
仮組
ちょっとあわせて見ますよ。
翼と胴体の位置関係をチェック。
ka6は、胴体と翼のつなぎは整形板でカバ
ーされているので翼が胴体に埋まるよう
に調整。
次は垂直か?
両翼つけてみました。マスキングテープは
図面を写した形状のガイドです。
ここから
今日はここまで。次に尾翼周りをやって
形を出しましょう。細部の工作はこの後
からやりましょう。
キャノピーは絞りですね。
では。
このあたりからやろうかな
静岡という大きなお祭りが終わって
毎年の事ながらこの後どうしたものか
って考えちゃいます。

静岡やJMCは楽しいですが、コンテスト
や展示会向けにキットを作るってのは
私のやり方じゃないですし、でもね
せっかくだから目立ちたい気もするし

車やバイクのすごいのも見てきて飛行
機以外も作りたいなって気もするし。

筆だなんだとか言っても、マーキング
はデカールだし。筆で塗ってデカール
貼って仕上げるなんて一番基本の作り
かたじゃん。どっか突き詰めるべきな
のかなんて思ってみたり・・

と言うわけで、お手つきを整理しなが
らですが、このあたりからやってみよ
うかと。

改造でも
静岡で買い込んだオリンピアマイゼを
改造してKa6crなんかどうだろうか。
グライダーもいつも2,3日で作ってるし
ちょっとじっくりとね。
Ka6もマイゼと同じスパン15mクラスな
ので、サイズはあまり変わらないし、
改造のベースになってくれそう。
ついでにマイゼももう一機くらいいいか
も。キットの数はあるからね。

さらに、
メタル48
48のブラニク。こいつは全金属製で単純な
形なので、憧れのアルミ貼りのベースに
どうかなっと。でももうちょっと考えてか
らにします。鉄は熱いうちに打ち、アルミ
は冷やしてから伸ばせっていうしね。

グライダー人気なくて、コメントなかなか
もらえないけど。気の向いたことやらない
とモデル製作も、ブログも続かないしね。

で、一段落したら、ノリックか、市販バイ
クやってみたいっすね。

複葉機?勿論あたまの片隅においてますよ。
では。


静岡が終わりました。
静岡のお祭りが終わりました。今回は途中
退場で残念でしたがそれでも、お祭りに参加
出来てよかったです。

いろいろ報告もされてますので、私は思いつ
くままにね。
お祭り気分
会場に近づくにつれ、山車が祭りを盛り上げ
てます。
仁王がみまもる
中に入ると、プリキュア仁王が神々の世界を
守っております。力一杯のネタいいですね。
ご神体
さらに奥に進むと、プラモの神様が鎮座して
おられます。やはり芸事の神だけあって弁天様
のようですね。それでは神様の世界をお見せし
ましょう。
神様の仕業
12分の1のバイクです。オイルラインのホースに
ご注目ください。網網模様が入ってますよ。
神様の裏側
アルミ貼りの神様です。普段見ることが出来ない
裏から・・
巫女様
こんな女神様も降臨されてました。プラモ界も変わ
るのか?
いいね
新金型
他にも、貼り線の神様や、エアブラシの神様筆塗り
の神様など、日本は八百万の神様の国と実感できま
す。ありがたい、ありがたい。
私の出来ることといえば、これだけ。
お布施ははずみましたよ。

今回のお布施。
お布施
1個300円でした。こいつらが売れないと次の仕入れ
が減っちゃうんじゃないかと・・心配で。
お布施2
さらにどん。ガレージキットが破格の値段で買えました
01NSRには、予備のデカールまで入ってましたよ。
ご利益入り
信心のおかげでこんなものもサービスでもらった今ひと
つ、使い道のないデカールたち、会場価格で買ったハセ
の新シールにP47のデカール。
ご利益いただきました。
作るの前提で頂いたお宝キット。ビンゴ運が良かったで
す。

他にも写真はあるんですが、この辺で。

今年も、良かったですよ。

そうそう、T33の発表で驚かされたプラッツですが
こんなオーパーツも発表されてました。

欲しいけど、高すぎですよ。箱なんて要らないのに
・・
オーパーツ

では、この辺で。
ISUZU 117Coupe 完成です
こいつも2年越しでの完成になります。
前回のTa152等、製作記がだらだらで
ブログで進捗を追っていただいてる方
には、なんともぐだぐだで申し訳ない
ですが、ようやく完成いたしました。

2年前BM団の一部にて流行った、古い国
産車まつりと青春の車まつりに相乗りして製作開始したものです。
ようやく一区切りできましたよ。
117出来ました
フロントのモールは一応アルミテープを
貼ったんですが、全然わかりません。
再現は次回の宿題にします。
デカールよれよれ
自作したXEのデカール、ちょっと貼り付け時
に剥がしちゃって、黒をタッチアップしたら
よれよれになっちゃいました。銀のスターシ
リーズの星マークも貼りましたが、銀のボディ
に銀のデカールの為まったく目立ちません。
それでも、いすゞツインカムの証、XEのエン
ブレムは貼らなきゃね。
トヨタが必至になってツインカム揃えてたとき
にいすゞはラインナップ完成させてたんだし。
車種の種類が違うって?そんなの知りませんよ。
サイドから
ウィンドウをブルーにして良かった。良い感じ
です。
失敗もありますが、これで、完成です。

117は製作途中の写真ですが。
いすゞいいな
いすゞ車ばかり作ってますよ。
やっぱり、かっこいいわ、いすゞ。

と言うわけで、終了です。


GW終了です。
GWは117に掛かってましたが、昨日、今日は
茂木に行っておりました。そう茂木と言えば
これ
茂木マラソン
茂木マラソンです。ロッシや中野やペドロサ
ストーナーが駆け抜けたサーキットを自分の
あしで駆け抜けてきました。 息も絶え絶え
になりながら、熱くて死にそうでした。
ねこは早かった。
一緒に5キロコースを走った猫ヒロシです。
彼は早くて、私がコースの半分くらいを走っ
ているところでゴールしてました。
10キロコースをバイクで先導してくれた
中野王子。
ゲストの中野王子

一緒に写真に写ってくれました。
相変わらずさわやかです。
幻のパンフ
茂木で、手に入れました。幻の2010年春GP
パンフレット。GPTシャツやお菓子なども
あり、今回GPがお流れになったことは大変
な経済損失だったのですね。
もちろん秋のパンフも入手予定です。
さらに。
大安売りでした。
サーキットのショップで処分販売されてました
13500円のところ3900円というバーゲン価格。
あと3,4個あったみたいです。
完成品ですが、流石に良く出来てます。
イベント実施中
4日には、オールドレーサーの走行会がありまし
た。いろんなバイクの写真撮ってきました。
スズキ50レーサー
TZ250
とかあといっぱい。さらにコレクションホールでも
コレクション
スズキレーサー
とか、縦だか横だかよくわからない写真を撮って
きましたよ。
芝桜
帰りに近くの町で芝桜見学してきました。

GW、終了。足は痛いは眠いは明日から復帰できる
かき微しいです。
117クーペ続き
上海万博、上海人ダメだなーって報道が
続いてますね。08年に上海GP見に行った
ときから、こうなっちゃう予想はしてまし
た。ただ、それにしても、報道が中国ダメ
ダメって方向に偏向してるんじゃないかと
思います。ダメダメ報道で笑ってるうちに、
なにか大事なことを見落とされちゃいそう
です。

運営側の不手際なんか、富士のF1でやら
かしたフジTVには言う資格ないやんって
思ったりしますが。GWいかがお過ごしで
しょうか?

さて、117クーペですが、自分の青春車の
写真が見つかりました。
実物
マークワンのセンターキャップなかったの
ね。エンブレムもキットと違ってました。
サイドのDOHCエンブレムが下についてます。
下に紹介してるカタログ車はキットと同じです。

われながら、良い感じにやれてますね。
んで、フジミキットで気になってるとこ
気になるとこ
実車にあるフロントのトリムが省略されて
ます。どうすっかなここ。
ここも気になる
フロントのまーかーは埋め込まれてます。
キットはボディに貼り付けるもの。しかも
分厚いです。出来るだけ薄くして貼り付け
ましたが、ここは、埋め込むべきでした。
ダメデカール
デカールは、バリエーションキットには
サービスデカールガついてます。
もともとのキットで33番のマークはサー
ビスでD番のデカールにサイズ変更されて
たり、唐獅子の向きを変えたデカールが
セットされてたりボンネット上のデカール
や、角目用の計器のデカールも修正されて
ます。基本的には真面目で良心的なメーカ
ーなんです、フジミって。ただ抜けてるけ
どね。後期型作られる人はバリエーション
キットのデカールがあると便利ですよ。

必ずやる
組み立て方
さて、屋根を切り離していた117クーペ
ですが、実は、サイドのウインドウ枠をつける
とCピラーは見えません。Aピラーもフロント
の窓枠以外は見えません。なので、Cピラーは
復元の必要なし。

キットの精度が良いので、内装とボディを
あわせて、その上にガラス部分をセットす
れば、屋根を乗せても狂いがでないんです。

切り取っていた、Aピラーをガラスに貼り付け
Cピラーは位置決めのガイドとしてだけ使用
サイドのパーツを綺麗にあわせれば、問題な
く組みあがります。細いピラーに気を使って
塗装するより、ばらして作って、最後に組み
合わせるほうが簡単ですよ。

あと部品は、ドアノブとナンバー、ワイパー
のみ、
工作は鍵穴の処理と、XEグレードの
デカール作成。(車体横のデカールは直しません)
そして、どうすっかなのフロントトリム

もうすぐです。

青春の車祭りも、古い国産車祭りも終わってる
ようですけど。
あと少し
後ろは黄色
リアのライトは、赤、オレンジに塗り分けると
区別がつかなかったので、ウィンカー部は黄色に
しました。
しかし、バックライトやフロントのライト簡単に
実感あふれる造形。フジミ良くやったと言いたい。
では、



copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ