taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
一応外形は出来たかな。
ようやく、外形を整えました。
カウルの支持をプラ板で再生。
カウル支持
スピナの基部は、ハセ48F104
のタイヤを使用してます。
こんなもんで
暗く塗ったらそれなりになるんじゃ
ないかなっと。突き詰めずに進め
ます。
カウルフラップ14枚?
外形の細かい作業。カウルフラップ
マスキングテープを貼り付けて
全体の長さを確認。マークして
筋彫ります。
ここで、失敗、実際はカウルフラップ
14枚ですが、12枚になっちゃいました。
上から、カウルの分割線までで3枚
そのままの割合で分割線を引いたのが
失敗のもとです。
でも、、そんな気にしない。ことに
しました。
これから作られる人は気をつけてね。
上から排気管までの枚数と位置関係は
大体合ってるので、まずは気づかれない
はずです。
細かいのもつけました。
排気管の前のカバーは、D9から変わって
板状になってます。このあたり少し前の
資料ではD9と一緒になってるので手を
入れないとおかしくなりますね。
それらしく改修。
インテーク上の小インテークもつけました。
外形はこのへんで終了します。
脚カバーや、タイヤや、アンテナやら
残ってますが、色塗っていきましょう。
でも、塗装も決めてがないですからね
迷いますね。

最後にスピット12、スピナが無くなっちゃった
あんな大きいのどこ行っちゃったんだろ?
スポンサーサイト
寂しいお話
買い物紹介です。
今日、こいつら買いました。
バイク3個
金額は全部半額でしたよ。

というのも、バイクミニチュア
で有名な西南堂さんが明日で店じ
まいということですので、最後に
ご訪問させていただいたのでした。

そんなに頻繁に行ってたわけじゃ
ないですが、寂しい話ですね。

祭りだ祭りだ
祭りだ、祭りというわけで
スピットシーズン2とバイク祭りに
再エントリーしますよ。
152もやりながらでいこうと思います
けど。
タンク後ろから
で、152は尻尾から、ドラゴンは表面が
梨地だし、ガリガリやった傷なんかの
チェックの為、捨て黒を塗って磨きま
す。前方面に手を入れるところが残っ
てるので、後ろから進めますよ。

で、祭りの参戦用のウェポンはこいつ
スピットこいつです
箱を捨てちゃったので、説明書でエクス
トラキットの MkXⅡ です。
首の短いグリフォン、100機くらいしか
作られてないマイナー機ですよ。
だむだむ様が、自ブログでチェコマスター
レジンにて作成宣言されてました。
競作ですね。
キットは綺麗なパーツでサクサク作れそう
です。さくっとストレートで行きますよ。
こんな感じ
ヒケが目立ちます
金型がね
良いキットですが、簡易なのでしょう。
湯周りの悪いところがあります。胴体の
コクピットの後ろ側欠けてます。
翼端とか機銃穴とかも欠けたり、埋まっ
たりしてます。
エレベーターの作動穴も片側開いてますが
もう片方は埋まってます。
このあたりに気をつければ基本のスタイル
や合い、小物の出来も良いのでさくっと
作れそうです。

さらに、バイクはこれ。
バイクはこいつで
今のところざっと大物を貼り付け、
後ろカウルのスリット再現の為、穴あけました
こいつもストレートにさくっとね。
117、ファントムはちょっと待っててね。
F14はダメかもしれない。
Ta152少しずつ進めます。
Ta152H 少しずつ進めています。
画像ではあまり変化ない様に見える
でしょうが、今までテープ留めに
していた、エンジンと胴体をつなぎ
ました。さらにカウルの形状を見直
しました。スピナはタミヤ、プロペ
ラはドラゴンを使うことにします。
コクピット閉めます。
コクピットのなかを簡単にすませて
しまいます。照準器を計器版カバー
に仕込んで、手がけを開けました。
キャノピーはタミヤを使用します。
この後は表面仕上げながら進めて
いきます
2年越し
反対側
斜めから見てカウルは良い感じに整形
出来たと思います。実機写真と見比べ
るとちょっと違うかなって気がします
けどこのあたりで進めます。
正面から
2年越しです。今年こそ完成させましょう。

そうそう、スピットにも手をだしちゃい
ました。近くカテゴリわけしてアップし
ます。
スパイダーマン完成
バイク祭りに参戦しておりました、マルコメ
スパイダーマン完成しました。
追加工作なし、素組。デカールのみ社外品を
使用いたしました。
当初、デカールうまく貼れずにどうなるかと
思いましたが、豊富についてる修正用のデカ
ールとタッチアップにてどうにかこうにか
仕上げました。

ヤマハの音叉マークは、立体シールはうまく
貼れそうにないので、昔ついてたデカールに
変更。ブレーキのブレンボのロゴは、この
キット唯一の弱点、右側だけ掘りが浅いので
ここもデカールに交換しました。

次は何を作ろうかなって、お手つきを整理
していくほうが先ですかね。

YAMAHA YZR-M1 NO33
スパイダー
前から
後ろ
完成
DFS Olympia Meise finish
がらんどう様の年越しモデリングに参加
していた。AZ modelのOlympia Meiseが
完成いたしました。
戦前幻となった東京オリンピックでの
正式競技用の世界共通機です。

せっかくなので、当時グライダーも作っ
てたミズノが作った美津濃オリムピア号
にしてみました。もっとも、胴体以外の
機番記入方法はわからなかったので、
同じようにマイゼを作った福田飛行機や
ドイツから運ばれたオリジナルのマイゼ
に記入された機番を参考に推定で入れて
ます。赤帯は、モデラーズのデカール切
りだし。機番と機首の美津濃オリムピア
は自作デカールです。
自作デカールはあちこち失敗して仕上が
りが汚くなっちゃいました。残念。
とりあえず画像をどうぞ。
オリムピア
推定マーキング
デカールは貼った後にコンパウンド掛けて
プリント面をべろりと剥がしちゃったり
破いたり、タッチアップした塗料を他の
所につけたりして汚くなっちゃいました。
残念。
デカールが剥がれたり、破れたり・・
次ぎ作るなら、戦後に作られて、翼の透明
部分が無くなってる奴にしようと思います。


年明け1作目が完成しました。
がらんどうさまありがとうございます。
久々更新
昨日は、久々の宝塚観劇。カサブランカ見てきました。
トップ、娘が組内からの抜擢ではなく、宙組以外の組
からのスライド抜擢ということで、ヅカファンには
中々の話題公演だったようです。私は詳しいことよく
わかりませんが、トップは歌も上手だったし、良かった
と思いますよ。娘のサインも当たりましたし。

で、スパイダーマンとか、オリンピアとか作んなきゃ
いけないんですが、Ta152に久々にてを伸ばしました。
本が出た影響もありますね。

エンジンカウルの隙間が気になって放置していたん
ですが、ヒンジの位置を変更して隙間を極力なくすよう
に調整してみました。
ヒンジを上に
動かすとこんな感じ。
こんな動き
小物にも手をつけて、ドラゴンのタイヤはデティール
がよくないので、タミヤを使用します。幅を増す為に
とりあえず輪切りにしました。
タイヤを輪切り
ゆっくり進めますよ。
他にもお手つき一杯あるしね。
では
スパイダーマンもう少し
明日から仕事始めなので、早く寝なきゃ
と思うほどに目がさえちゃう私です。

最後の休みは、オリンピアマイゼに色
塗って、後はスパイダーマンの部品に
色塗ってつけて、デカール貼ってつけて
後もう少しって所まで着ました。
今回、マフラーの塗装に、ガイア純色
シアンとマゼンタを使いましたが、これが
ばっちり、クリアー系より紫が綺麗になり
ました。あとちょっとです。
振り返れば、09年は色々手を出したはいい
が完成品の少ない年だったので、10年は完
成品を多くあげる年にしたいっす。
では画像をどうぞ。
カウルつけたら殆ど見なくなりますしね。
焼きがいい
もうちょっとです。
新年明けましておめでとう
年末から、年始まで色々あって、皆様の所
巡回してましたが、お疲れ様コメントも
おめでとうコメントもせずにおりました。
すいません。
皆様、これからも宜しくお願いします。

で、がらんどうさまのところのお祭り
年忘れプラモ大会に参加しております。
と言っても、今日から作りはじめという
体たらくですけどね。

物は、こないだ出た、AZモデルのオリンピア
マイゼです。では
コクピットを塗って
コクピットは椅子と、操縦桿と、計器版
ダイブや、レリーズは追加工作無し。
どうせ見えません。
まずは翼をつないで
まずは両翼をつなぎ、翼側のクリアーパーツも
接着します。ここで、上半角も決めておきます。
2分割のキャノピー
部品はすべていもつけなので、ピンを植えて
位置決めしながら仮組、キャノピーは磨き
倒しました。が部品の厚みがあるせいで中が
ゆがむばかり、次に作るときは絞りますよ。
これが大失敗
2分割のキャノピーをすり合わせて、一体化
して仕上げようと思ったのですが、これが
どうしてもうまくいかない。結果磨いた
キャノピーも傷だらけに、何してんだろ・・
はじめからこうすれば、、
結局、プラ板で隙間を調整して、位置決め
隙間を埋めることに、これで何とか形に
出来そうです。
ここまで、初日
位置決めを慎重にして、キャノピーを調整
何とかごまかせました。
キャノピーに傷つけてしまったのが悔やまれます。
明日、明後日くらいには完成させたいですね。

今年は、ここから始めます。宜しくお願いいたし
ます。

copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ