taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
青いところのデカール終わり
皆様の声援を頂いて今日もデカール
貼りしました。
青いところに貼る、うろこ状のデカール
は、なんとか貼り終わりました。

初物のデカールともようやくお付き合い
出来るようになりました。
面にあわせて切り離し、貼り付けたら
ドライヤーであぶってやわらかくして
綿棒で位置決め、折り返しは、デカール
ソフターつけて、触らないようにして
こちらもドライヤーであぶって強制乾燥
させちゃいます。

綿棒は頻繁に交換。デカールののりなん
かがついたので触ると、ぺりっとやぶれ
ちゃいます。
ようやく、編み出したテクニックを活用し
なんとか貼り付けました。
このあと、クリアーかけて、マスクして
上にクリアーブルー塗れば青いトとこの
基本は終了。次はくもの巣模様を赤い
ところに貼るという修行が控えてます。
ロゴ貼り付けまでにあと、どれくらい
かかるものなのか、想像つきません。

デカールにドライヤーはよく効きますよ
やったことない人は試して下さい。
タンクの端とかへっこんだとことか、鬱

とりあえず、一段落つきました。
スポンサーサイト
今日はどうしたんだ。
先程、NHKのワンダーワンダーでオーストラリアの
巨大コンバージェンスライン、モーニンググローリー
の特集をしてました。オーストラリアで上昇気流
と言えば、グライダーが出るに違いないと踏んで
見てました。綺麗な映像でしたね。

そしたら、その後、世界不思議発見で同じ雲の特集
やってるじゃないですか。今日はグライダー祭りです
ね。コンバージェンスには日本で飛んだことあります
が2,3Kmのものそれでも楽しいですから一度飛ん
で見たいものです。
最近はモビットのCMでもグライダー出てますよね。

で、スパイダーマンです。
こりゃむりだ
デカール貼り始めました。
このデカールがものすごく薄くて、端っこは巻き込むは
むちゃくちゃ貼りにくいです。大きなシートのままでは
貼れないので、小さくして少しずつ貼ってます。
突合せのところの辻褄合いませんがしかたないです。
デカール軟化材は効きすぎて解けちゃうので使えませ
ん。
補修用のパターンがおまけでついてるのが救いです。
かなり残念な感じになりそうですが、このまま行こうと
思います。

バイク祭り継続
パナソニックの冷蔵庫で家族が寝たら
節約しますってのがありますが、冷蔵庫
の稼動に人が近くにいるかどうかって関
係あるのでしょうか?何を節約するので
しょう?

というわけで、バイクの続きです。
まずは、カウル、実車はカウルの先端が
カットされて短くなってます。
切ってしまいたいところですが、マーキング
と合うかどうか確かめます。
カウルの確認
マスキングテープをロゴの大きさをあわせ
て確認します。カウルをカットするとロゴが
収まりそうにありません。
良かった。改修せずに、このまま行きます。
改修してないのはデカールのせいですよ。
(改修するの、面倒くさかったんです。)

というわけで、色塗りました。
マスキングに小一時間かけましたが、塗り
残しが結構あるし、マスクを剥がすときには
フレームのエンジンハンガーを折っちゃった
りと、なかなかうまくいきませんが、色が入
ると持ちベーション上がります。

カーモデラーさんの技術はすごいですね。
感心します。自分は修行が足りません。

結構色の隙間が
色塗ってみた
この後は、タッチアップして、磨いて、一度
クリアー入れて早くデカールまで進みたい
です。

最後に、ある方にのみの限定情報です。
わかります?
スタビの留めねじは緩々にしておいて最後に
調整すると綺麗に止まりますよ
ファントム続くよ。
だらだら、フジミファントムやってます。
前回から、あまり変わったように見えない
でしょうが、アウトラインがつながるように
色々微調整してました。ようやく一段落で
す。
けっこう決まった。
ちょっとコクピット後ろの段差が目立ちます
がそれなりにまとまったんじゃないかと
これで、やっと筋彫りの修正や細部の工作
に移れます。
位置調整
位置がピタッと決まるようにプラ板の小片を
あちこち貼り付けて、形を調整してます。
インテークを抜くような工作は神様にお任せ
します。
辻褄あわせ
このあたりに、辻褄合わせのストレスが集中
してます。少々のパテ盛でなんとかなりそう
です。
これからチマチマ工作をしていこうと思います。
買い物紹介
寒くなりましたね。家にも暖房が入りました。
忘年会シーズンにも突入してきました。
忙しくなるし、飲み会も続くし、体に負担が
かかる季節です。なんとか乗り越えたいです。

今日の、更新はプラモ購入紹介。
ドイツレベルのデュオディスカス購入できました。
デュオディスカスは、名機ディスカスを二人乗り
にした名機で、国内でも、、慶応大学のOB会
なんかが飛ばしてます。
トーマスクラウンアフェアーって映画で主人公
たちが乗っていちゃいちゃしていたグライダー
がデュオディスカスでしたね。
小さい箱だぞ
翼に加重がかかった状態の箱絵です。速度を
出した後に上昇中でしょうか?
パーツ全形
組み立てると全幅60cmを超えるモデルだけあ
って長い翼が印象的です。
キャノピーはブルーの色つきです。これは実機で
はオプション設定だと思います。作りたい塗装に
よっては要注意ですね。
コクピット内も精密再現さす1/32ですね。
翼端も2種類入ってますよ。
綺麗なデカール
デカールはヨーロッパ各国の使用機が入った綺麗
のがついてますよ。
シートベルトが赤、青二種類。32の車作る人なんか
も欲しいんじゃないですかね。このデカール。
新きっとでるぞ
胴体には、背中に穴が開いていて、埋めるようにと
指示されてます。
ということは、この後、格納式のエンジンを積んだ
モーターグライダー番が発売されることは間違い
ないですね。ドイツレベルのグライダーシリーズ
もうちょと続きそうですね。
横浜行って来ました
今日は昨日と打って変わって最高の天気
でしたね。こんな日に家でごろごろしている
場合ではないと、嫁さんと横浜に行って来
ました。
北の
まずは、横浜といえば海、北の工作船が
展示してありましたので見学。
こんなのを偽装漁船に載せていたそうです。
1キロ3分ちょっと
人が多いなーと思ったら女子マラソンをやっ
ていました。こないだハイタッチしてもらった
千葉ちゃんも文化放送の解説で来てました
ちばちゃん
その後、中華街に移動してお昼食べて帰り
ました。

おっとっと、メインイベントが抜けてましたね。
今日横浜に行ったということは、そう、ホビー
フォーラムです。
買ったのはこいつら
買い物
お金がなくなって、嫁に一万円借りました。
他にも、02YZR後期型とか、ハヤテレーシング
とか、24のメタルのウェバーとか、トップスタジ
オのバイク用デティールアップパーツとか、スタ
ジオ27のデカールとか、ヒロのヨシムラとか
ミウラや、512BBのレジンとか、グンゼのジャ
ガーEが1000円だったとか色々欲しいのは
ありましたが、これ以上の買い物は無理です。
買えただけでもありがたいことです。
会場は、おしゃれスポットということもあってか
カップルで来られている人も多かったようですが
会場の壁にずらっと手持ち無沙汰な女性が
並んでいるのは面白い光景でした。男性は
もうちょっと気を使わないと、お金貸してもらえ
ないですよ。
というわけで、気になった画像を。
美しいブルー
ラリーモデルが並んでいるところにありました。
会場が暗いため、写真がうまく取れてませんが
たくさんあった、スバルの中でこの車のブルーが
特に綺麗に見えました。
本物はとても小さい
43のGTO。43ですよ、手のひらに乗る大きさ
すごいです。
汚しが綺麗
ボルト周りとか、マフラーの継ぎ目とか、少し
汚しが入ってます。すごく効果的で参考になり
ます。
ピカピカ
コルベット、ピカピカです。深みのあるメタリック
キットの窪みだらけのバンパーなんかもきっちり
修正されてます。流石の出来です。
気になるナロー
最近なにかと気になるナローです。
これも圧倒的なうまさですね。

いつか、こういうの作ってみたいです。



胴体がつながりました。
11日の日にANAのハンガー見学に行って
きました。流行の大人の社会化見学です。
画像はANAにチェック入れてもらってから
しかアップできないので、そのうち忘れた
ころにレポートします。(何でも、個人情報
云々で社員が特定できるような写真はまず
いということです。私なんか細部写真ばかり
ですけどね。)

でファントム、胴体がつながりました。
ファントム
段差が
キャノピーの後ろに段差が出来てますが、ここ
は実機でも盛り上がってるので、段差につなが
るようにパテでも盛ってつなげれば問題なし。
フジミでも、ブリと旧ファントムで解釈の違いが
あるところなんでしょう。
それ以外は、若干の削り込みで綺麗につながり
ました。思っていたより簡単に綺麗につながりま
したよ。
こいつを、こないだのサンダウナーさんで見た
北九州の毛利様の作りかけモノファントムに少し
でも近づくように弄ていきましょう。
神様ファントム
かっこいい
モノグラムがかっこいいのか、作り手のせいで
かっこいいのか。作り手の差は激しく感じます
が、まっ力を抜いてやりましょう。

そして、スピット
仮組
手持ちのキットから、エアフィックスMkVとXTRAKIT
のMkXⅡを仮組みしてしまいました。
エアフィックスは良い雰囲気です。このままさらりと
作るのもよさそうです。
XⅡは、最初のグリフォン、こいつだけというエンジン
カウルなど地味に見せ場がある飛行機です。
この辺でスピット延長戦参加しようかと思案中です。

では、明日は横浜で。
こないだのJMC
今日ハイキングの予定でしたが、雨で中止
でした。横浜行けばよかったかな。

で、こないだのJMCですが気になったのを
少し。
赤よりいい
どなたが作ったのかわかりませんが、Tバード
アカデミーよりかっこいい。塗装も自衛隊機っ
て感じで素敵でした。
良いお船
自衛隊のお船、大戦の船と違って現代艦は
見せ場が少ないと思いますが、これは演出
たっぷり、見せてます。
公試名人
名人のF5です。じっくり作りこんだことがわかり
ます。地味な塗装を地味に決めるのは難しい
ですがさらりとこなされてます。
グライダー
ASK21日本でも一杯飛んでいるグライダーです
他の人が作ったのも見たことがありますがキャノ
ピーに段差が出来るようです、自分が作るときは
気をつけます。
144どうなるのか
こちらは倶楽部展示にあった、YS11です。綺麗で
すね。旅客機は飛行機でも別方向に進化してます
ね。同じ144でも最近流行の軍用機とは並べられ
ませんね。入間とかのYSにするにはどうするかと
か考えちゃいますね。
へりもいいね。
こちらも倶楽部展示、ヘリも目を引いていいですね。

他にも写真は撮ってますが、巡回先とあまりかぶら
ないのをアップしてます。
一昨年は臓物系、去年は銀色系などとなんとなく
流行がありましたが、今年はあまり感じませんでした
強いて言えば、マシーネン系でしょうか?私はあまり
興味ないので、画像はありませんが展示数は多かっ
たです。ジャンルでは車が少なくなった気がします。
来年はロータスが並ぶことでしょうけど。
というわけで、適当にJMC紹介終了です。


JMCについてはこの次で。
いってきましたよJMCそしてサンダウナーズ
展示会。激作展までは足が伸ばせませんでした。
今年はいろんな名人とお話しする機会を頂けて
びっくりするやら、あんぐりすることばかりでした。
レポートは次回と言うことにして
JMCでの買い物と、ファントムです。

トネード本
ダイハツ ミラ
今回の購入は、ダイハツミラとハセファンの排気管
ジャンク2枚そしてトーネード本、合計で3000円くらい
我慢しました。よくやった。
私が始めてオーナーになったのがミラパルコでした。
この車とはホイールやグリルとか違いますが、
こいつもそのうちに青春の車として作ろうかと思います。
20分の1だと見かけるミラですが、24だとこの日東の
しかなかったと思います。この後の型はフジミにあり
ましたけど。
トーネードの本はハセで処分販売でしたのでね。
で、ハセのファントム排気管、フジミオリジナルは
小さくて仮組すると隙間が目立つのでハセで使って
みたいと思います。

というわけで。ファントム。
排気管
比べます。右がフジミ、左がハセです。やはり
一回り違いますね。モールドはフジミのが良いんです
けどね。
ファントム全体形
はめてみたらぴったりです。
胴体と主翼の合いもばっちりです。インテーク周りだけは
切った貼ったが必要なようですがこれでいけそうです。

いっそのこと、ハセのジャンクで胴体も買ったらと言われ
ましたが、仮組の具合だとその必要はなさそうです。

でも、皆さんにはこの作り方はお勧めしませんよ。
役に立たない製作記になりそうです。

下面
下面まあまあのつながりです。
スピット終了
出来ました。
ハセガワ+ベンチュラあわせ技スピットMkXI
が出来ました。ベンチュラからは結局プロペラ
と機首の下のあごそしてオイルポンプだけしか
使いませんでしたけど。でもねベンチュラのキッ
トは考証面で参考になりましたよ。
デカールの機番は始めベンチュラを貼りました
が最後の最後で剥がしちゃいました。

なので、こちらもプリンターで作成しました。
デカール作成
機番がグレイになるように2種つくりましたが
結局、グレイの上貼りデカールは使いません
でした。
アルプス白デカールだけでも微妙に下地が
透けてグレイぽく見えます。貼り直す前より
良い感じになりました。怪我の功名ですね。
裏面はこんなの
改造箇所が多い下面はこんな感じです。
武装撤去、筋彫り修正、オイルポンプカバー
設置、カメラ窓開けなど。マーキングがなくて
寂しい感じですね。
完成しました。
ちんたらやってましたが、ようやく完成です。
JMCに持って行きます。スピット祭りもゴール
することが出来ました。
新テクニックにも挑戦できたし、終われば
良かった良かったですね。
偵察機
太平洋戦の偵察機2種、同じ偵察機でも
違いますね。彩雲大きいです。

こうやって並べられるのもプラモの良さですね
と言うわけで、終了です。

追い込み中
土曜日はお仕事でした。
来週はJMCですので、製作できるのは
今日と明後日の休みくらいです。
午前中せっせと製作に励みました。
お昼は、TVと体重計を買いに町に出撃
帰宅後も地味に手を入れて、なんとか
間にあいそうなところまで来ましたよ。
ドカ山さま、岡戸さま、お先にって感じです。

体重計、最近のは骨の量やら、筋肉の
量やらでます。私は筋肉質で、皮下脂肪
少ということがわかりました。
ただ、内臓脂肪だけは人の倍、警戒レベル
でしたよ。でもこれからの季節宴会続きなん
ですよね・・・

で、スピットですね。
燃料ベントパイプ
翼端の燃料ベントパイプを作成。穴は機首側
に空いてます。負圧で吸い出すんですね。
キャノピー内フレーム
キャノピー内にあるフレームは72だと再現に苦労
するところ、透明デカールに機内色塗って内側か
ら貼りました。
プラ棒で再現しても横から見たらプラの厚みもあ
って位置関係おかしくなりますしキャノピー越しだ
とゆがんで見えちゃうだろうしね。
今回はこれで終了。
段差を消します
キャノピーの正面は段差を消す為に、パテ埋めし
ます。ペーパーは失敗を考えて1000番から慎重に
マーキング
デカールのデーターも作ります。ウインドウズの
おまけでついてるソフトのペイントでちまちまと
土曜日の2時間ドラマ朝比奈検事を見ながら
やりました。朝比奈は、同僚役の女優さんが
亡くなったので場面、場面でしまりがない感じ
です。若手検事二人に今後期待ですね。
デカールまで
パーソナルマーキングは、白をアルプスで打ち
画像はKトレーディングのインクジェットプリンタ
が使える奴で打ち出し。
ラウンデルとフィンフラッシュはアンリミモデル
を使用。そのほかベンチュラやハセ総動員で
貼りました。

本当はグレィの機番PL863が白ですよとか
変わりに白のはずのDがグレイに見えますよ
とか、ラウンデルやフィンフラッシュの大きさが
ちょっと大きいんじゃないですかとか
言われてもしりませんよ。これでいきますよ。

この塗装なら、他の偵察型の人ともかぶらない
でしょう。
XIの下面てラウンデルないみたいです。下面は
えらく地味な感じですよ。

小物とあと少しで何とかできそうですよ。



copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ