taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
F14 トムキャット
いやー、思ってたより手がかかります。F14。
組み立てるだけで手一杯です。

まずは、前部胴体からしあげていこうと思います。
ざっと白を塗って脚庫を組み立てます。
ムラだらけですが
ムラだらけですが、組んじゃえば余り気にならないもの
です。どうしても気になるときは後からブラシで吹けば
どうにかなります。
続いて計器板。死にました。筆塗りすればよかったか
も。 キットはモールドとエッチングで計器を再現する
方法と、デカールを使う方法を選べます。私は、簡単な
ほうを選んだつもりで、デカールを使いました。がしかし。
これは、失敗だったかも。
デカール貼り
計器板とコクピットのパネルに貼るデカールだけで
20枚を超えます。
一箇所破っちゃいましたし、米粒くらいのデカールを
貼りこんでいかなきゃいけません。今日はこれだけで
力つきました。
コクピット位置決め
機首内側にはコクピット固定用のガイドにプラ板をつけ
ました。このキットは確実に組む為にこのようなガイド
や、固定具をつけていかないといけないようです。
後部胴体なんかは、上下貼り合わせで補強がないと
ふわふわしそうですし。
胴体筋彫り
筋彫りも少しずつやり直してます。いつも使ってた、
ニードルやPカッターでは、太すぎて、キットの筋彫りを
さらえなかったので、いつもより細いニードルを探してき
て薄くなったり、消えた筋彫りを深くしていってます。
しかし、既によれよれになっちゃってますね。
ぐだぐだモデリングになりそうな予感です。

まだ、コクピット内にエッチングのサーキットブレーカー
つけたり、作業残ってるんですよ。
キットのままでも すごい再現度なのになぜ、F14作る
人はアフターパーツのコクピット組むんだろうと思ってま
したが。原因がわかりました。めんどくさいからですね。

では。
スポンサーサイト
ネコジャンプ始めました
遅ればせながら、月刊サンデー少しだけ立ち読みしました。
あずまんがでは亀を簡単にひっくり返してましたが、水辺で
日向ぼっこしている亀を捕まえるのは、本当は至難の技です。
真に受けて簡単にひっくり返せるなんて思わないことです。
おぼれる元です。

もちろん、水からはなれたところにいる亀なら捕まえられるで
しょうがけどね。
亀を甘く見ないほうがいいですよ。

というわけで、静岡から戻って、しばらく、箱を空けたり閉めた
りを繰り返してばかりしてたわけですが、決めました。久々の
現用機です。(ってこないだ引退したんで現用機って言ってい
いのか) F14 トムキャットです。キットはハセガワ 72です。
トムキャットはハセガワの前キットを中学生の頃に作って以来
だと思います。もう25年前か・・

このキット、20数年前に出たと思えない完成度を誇りますが
パーツが細分化されていて、一筋縄で組めないのが特徴でも
あります。私が手に入れたキットはさらに、長い金型のご奉公
のせいか、パーツが軒並み波打ってバリが目立ちます。

と言うわけで、今日は仮組みして、組み立て手順の検討と
パーツの整形ばかりしてました。
目立つパーツは全体に黒を塗って、パーツの波打ちを平らに
ペーパー掛けし、ひけを確認、修正しました。
振られ気分なら
スタイルは良いですが、整形も組み立ても手がかかります。
これがきちんと組めれば、かなりプラモ力が上がりそうです。
ロックンロール
インテークなんて、薄く出来てる分、面がへろへろです。
面を整えたら、筋彫りが殆ど消えました。
ノーズも側面も筋彫り消えまくってます。掘りなおすにも
デリケートな筋彫りのため、簡単になぞって深くすることも
出来ずにおります。どうしようかな、先は長そうです。

しかしながら、この頃のハセを作る為には身につけなきゃ
いけない技術だし、修行の気持ちで始めますよ。
ファントムやトーネードやワンイレブンとかみんなこんな
感じのキットでしたよね。

トムキャットの資料は殆ど実家だし修行なので、キット素
組、キットデカールでさっくりいきますよ、武装もよくわから
んし、クリーンが好きなので、なにもつけない方向でいきま
す。では宜しくおねがいします。

ちなみに、ネコジャンプはタイで人気の双子歌手だそうです。



加納朋子
加納朋子の駒子シリーズが文庫になっていたので
読みました。スペースです。これが、作品の時間的に
第1作の、ななつの子、とかぶってまして、もう一度
ななつの子、魔法飛行と駒子シリーズを読み返す
ハメになってます。創元推理社に、小銭をむしられて
ますよ。

で、こちらはプラモの話、前回にも書きましたが。
アルミ貼りに新たな境地を開拓したペガサスさんの
鐘軌が気になるこのごろです。
でも、そのままテクニックを真似ようにも、知ってる人
ならわかってもらえるでしょうが、模型界に住む天上
人の一人、やり方聞いたからってそのまま出来るわ
けありません。そのくらい圧倒的な出来だったんです
よ。
なので、自分のやりたいことを整理して、できるとこ
から練習してみます。
ボンネット
前に買って置いたが、厚すぎて使いどころがなかった
アルミテープ確か、キッチン用です。エッチングより厚い
です。
これをボンネットに貼り付けて、傷、段差が消えるまで
320番のタミヤペーパーで磨いてみました。
なんとかなりますね。一箇所空気が入っているところ
があり、磨いているとしわになりました。空気を入れずに
貼るのが当たり前だけど肝です。
貼るときにスプーンの背中で押して伸ばしていくと、
結構伸びて面に追随してくれます。
続いてフェンダー
フェンダーまで
逆Rはしわになりやすいので、周辺を延ばしながらゆっくり
細かいところは表面に傷が入りますが、傷がなくなるまで
磨きます。エッジも結構立ちますよ。
ゆるい曲面
最後にトランク。なんとかこのあたりのRまでは追随して
くれました。117クーペくらいなら全面銀貼り出来そうです。
修理中の情景とか出来そう、それからあの車も、
細かいRの多い飛行機はまだわかりませんが、
簡易銀貼り磨き仕上げ、もう少し練習したら使えそうです。
ペガサスさんのには完成度で追いつきそうにないですが、

ノースウェストやAA航空の旅客機の銀の胴体なんか
もよさそう。
まっ私なりに使えそうな目処が立ったので良かったです。

私的静岡
静岡のレポートが相次いで発表されてます。
巡回してみて、一番面白かったのは

やはり私はあなたの娘なのですね父さん

ってのかな,というわけで、

私も自分なりに気がついた商品を発表いたします。
石坂
石坂浩二さんのフォッケ、トークショーもあったそうです。
渡る世間が鬼ばかり の角野さんもプラモ好きだそうで
なら、親父バンドじゃなくて、親父プラモやってくれれば
いいのにね。 

信「とうさん、またプラモ作ってるのかい?」

愛「父さんがプラモ作るのは勝手だけど、まことさんまで
引き込まないでね。赤ちゃんだっているんだから」

ピン子「信も愛もいい加減にしなさい。お父さんは、ずっ
とお店お店で遊びなんかしないでやってきたの、お母さん
もお亡くなりになってようやく、プラモ作れるようになったん
だから黙ってつくらせてあげなさい。ほらこんな細かいとこ
ろまで作って、ね、おとうさんこれ、良いプラモよね。」

石坂ナレーション「ようやく出来た自分の時間をゆっくり過
ごすこともままならない。和が幸楽を出て行ったら、どうな
るのだろうかと今後に思いを馳せる卓三であった。」

なんてどうでしょう。

次、すごかったのを一気に。
72
72タミヤ
銀翼会だったと思います。両方とも72でリベット打ち済み。
飛燕なんて、よれよれの外版モールドもしゃきっとやり直し
てます。これはすごかった。
アプリリア
ブログモデラーのブースの前にあったアプリリア。
KSワークスって所のガレージキットです。すごく丁寧に作って
ありました。私も作りたい。フレームのアルミが肝ですね。
01ロッシ
01ロッシ号、これもプラモじゃないです。タミヤ改レジンです。
ロッシの特別マーキングがこれでもかってくらい綺麗に出来て
ます。デカールはアルプスで自作だそうです。素晴らしい。
コスモ
これが今回の私的一番かもしれません。出来は正直もう少し
ってかんじですが、作りたいものを作るってプラモの楽しさが
伺えます。S13シルビア改造だそうです。
しんかい
ピットロードのしんかい。これって3人乗りで、真っ暗な中潜るの
に1時間以上かかるそうです。引き上げも減圧なんかあるので
同じようにゆっくり引き上げ。途中でおならなんかしたら・・
恐ろしい乗り物です。閉所で暗所で、ある意味宇宙船より怖い
です。作品は綺麗に作ってありました。
レッドブル
作りかけ展示でしたが、エレクトラ300です。エレクトラ200から
の改造だと思いますが翼の取り付け位置から違います。地味だ
がすごく手が入ってます。
アルミ貼り
作りかけと言えば、ペガサスさんの、アルミ板貼りの鐘軌。
手にするとひんやりして、重量感もあります。アルミホイル
貼りとは一線を隔した仕上がりだと思います。やってみたい
でも、難しそうです。
鐘軌
同じオービーズブースの鐘軌。こちらは筆塗り、筆マーキング
こちらも良い感じです。こういう仕上げかた大好きです。
なんで木なんだ
プラモを参考に木に置き換えたそうです。何が目的でなにが
手段なんだかもう一周しちゃってわかりません。が、とにかく
すごい。マーキングは寄せ木細工の応用だそうですよ。
ボスも悪くない
ボスのミラージュ?C 案外良い感じ。エレールとあわせて
B型なんかも良いかもしんない。
神業
yaszoさんに言われるまで、キットを組み立てたものだと思って
いたF1。スクラッチと言うことは、マーキングも自作、ここにも神様
がいましたよ。まったく・・
ミウラ
まつげが素敵な御殿場ミウラ。
このせいで、家に帰ってから、スーパーカーのキットを出しては
しまって出してはしまって繰り返してます。
青のフェラーリ328とか、ポルの944はたまたハセモノのロータス
とか考えてるときが一番楽しいですね。
始めてみた
最後に、初めて組みあがってるのを見ました。
アルファジェット、スタイルはいじられていないようなので参考に
させてもらいます。あきみずさんもご参考にどうぞ。

私的なこと、いろんな方に鐘軌について聞かれました。
ブログ更新中はコメントがなかなかいただけなかったので
鐘軌は人気ないなって思ってたんですが、そうでもなかった
ようです。そうなんだ、まだやるかくらいしかコメントできない
そうです。

今回、お話した人の何人かに、私のブログ記事を参考に模型
製作してますと言っていただきました。お役に立ててるようで
嬉しいです。
これが、一番嬉しかったことです。

会場でお世話になった方、お話させて頂いた方、素晴らしい
作品を見させていただいた方、ありがとうございました。

では。おやすみなさい。
静岡終了
静岡ホビーショーが終わりました。
遠方の方や、車の方はまだ、帰宅してないかも
知れませんね。最後まで無事故で帰ってください

特に送るまで、準備、撤収いただいている皆様
いつも、本当にありがとうございました。

さて、静岡の模様のアップはまた次回ということで
帰宅の報告でした。
静岡のひらいもの
静岡では、また色々買い込んだり、頂いたりして
在庫が増えちゃいました。
少し、反省。
とりあえず醸しておきます。

最後に鐘軌の写真もつけときます。
スケルトン
私はもう出来ちゃいましたが、これから作る人は
胴体断面形の参考にしてください。
では
ありがとう&最後のどたばた
先日、躍人様のブログでやってた。何を作ってるんでしょうか?
クイズにて、正解者の栄誉を受けることができました。
送られてきた、優勝商品はこれ。
正解者に拍手
仕事やら、何やらで週3くらいで飲んでしまう私です。が、これ
はじっくりと楽しませて頂きます。梅酒は嫁とソーダ割にでも
して飲もうかしら。 本当にありがとうございます。

それはそれとして、完成宣言をした、鐘軌とNSR02ですが、
少しやっちゃいました。
鐘軌ですが、
鐘軌半艶
半艶をオーバースプレーしました。少し落ち着いた感じになった
かなと思いますよ。

さらにNSR02カウルとスクリーンの段差がどうしても気になる
大体、私飛行機のキャノピーも段差が許せないんだった。
今から修正したって、仕上がりが汚くなるのはわかっているん
ですけど。やり直します。スクリーンを剥がして、カウルを内か
ら削りました。
カウルを削り込み
んで、カウルにスクリーン貼り付け。
カウルがぼろぼろ
段差は多少改善できましたが、やはりというか、カウルが傷だら
けに・・・一部デカールも剥がれてます。
しかたがない。
傷は磨きで目立たなくして、デカールの剥がれには余りのデカー
ルをうわ貼りしてタッチアップしました。
段差は目立つし、傷も消しきれませんが、仕方ない。

少しだけスクリーンの段差がなくなったし、今後の良い勉強にな
ったから良かったと思いましょう。 終わり。
NSR02原田 完成しました。
クールデビル原田哲也のNSR02最後の工作と
完成披露です。
前回更新の時点で、残っていた部品は3個。
残っていた部品
コネクタ、タンクのコック、そして、バラバラになっ
ちゃったチェーンテンショナーです。コネクタや
コンピューターも実車のフレームについてるんで
すが、それらは思い切ってオミットしちゃいます。
まず、タンクのコック、説明書には4mmの穴を
開けてはめ込むよう指示があります。が、もう色
塗っちゃってますし、奥でよく見えないだろうし。
光パテで複製品を作って。
複製
タンクに貼り付けました。
タンク貼り付け
こんな感じです。
次にバラバラチェーンテンショナー。角にプラ板の
細切りを貼って、糊代にして組みなおして貼り付け
真鍮ボルトが真鍮線でつながってる奴を適当に
カットしてチェーンテンショナーに通してます。こんな
感じ。色は塗らず真鍮の色そのままにしました。
チェーンテンショナー
コネクタは、接着面を削って平らにして、フレームに
貼り付け。
コネクタ
デカールの剥がれをタッチアップでごまかして。
完成いたしました。

02NSR 原田です。
完成
NSR HONDAのロゴのHを破っちゃったので、描きました
が、そこだけ違和感バリバリですね。残念。
完成2
スクリーンの取り付けでちょっと段差がついちゃいました。
もっとしっかり仮組しないといけませんね。

今回初めてのガレージキット、メタルの半田付けとか
新しいことも色々やりましたが、なんとか完成できて
よかったです。
そうそう、今回も仕上げのクリアーはワックス taki式
で仕上げてます。

静岡3台
静岡に行く3台を並べてみました。
本当は02のRCVも作りたかったですが流石に無理でした。
02RCVと02川崎、02YZR-M1もそのうち揃えたいですね。

というわけで、NSR02完了です。

漢は12だぜ、2分の一。
静岡がもうすぐです。宿の手配は
しました。ロケッティさんへの連絡は
間にあいませんでした。すいません。
ご迷惑をかけます。
さらに、どこをどうやったのか、メーラー
のスパム指定で間違えたようで、メー
ル受信できますが、送信は出来ない
状態です。明日からの社会復帰と合
わせてグダグダが続きます。

というわけで 久々のNSR02 漢の12
大修理

画像ではわかりにくいですが、久々に
取り出してみますと、塗装が割れて剥が
れてました。
修正不能かと思いましたが一か八か、
割れたところに、MRカラーの白を塗りこめ
ました。塗膜の段差が埋まるように、爪
楊枝で塗料の濃いところをすくってまわりよ
り盛り上がるように塗りこみました。写真は
塗りこみ後の写真です。
その後完全乾燥後、周囲のデカールを削ら
ないように気をつけてペーパー掛けてみま
した。
修理後
良く見るとひびが残ってますし、塗膜に段差
もありますが、何とかこのくらいに回復でき
ました。皆さんも製作途中の模型の保存には
注意ください。
ゆがんでる
どんどん、部品をつけて、現物合わせで組んで
いきます。でもどうも、ここに来て全体が微妙に
ゆがんでいます。ここら辺残念ですがあきらめる
しかないですね。
あと少しですが
あと、2,3個部品や追加工作が残ってますが
GWで、ここまで、追い込めました。
ステップなどは、エッチングを使わず、プラパーツ
で、私の腕だとこの方がしっかり組めます。
後ろから
画像はないですが、マフラーはガイアの蛍光カラー
をクリアーレッド、ブルーの代わりに吹きました。
微妙な光加減が良い感じです。完成時に改めて
アップしますね。
これがしたかった
完成じゃないんですけど、これがしたかった。

原田が世界に乗り込んだヤマハ250とラストに
乗ったホンダの500です。
アプリリアとかもコレクションに加えたいですね。

漢の12ではないですが、12間にあいそうです。

久々更新、鐘軌完成報告
実は少し前に完成していました。
ハセ72鐘軌完結です。
マーキングの筆ムラを少なくする為に
つや消しクリアーを吹くか迷ってましたが、
めんどくさいのでやめました。
では、画像を。
横からでしよ。
横からです。横からだと機首のラインが
今一決めきりませんでしたよ。
スピナーの位置は少し下すぎました。仮組
の時にはばっちりだったんですが、カウルを
組んだところで、少し狂わせちゃったようです。
この角度からだと
斜め前から、実はこの角度からだとハセ72
オリジナルでもかなり実機感があります。
なので、この、ブログを見てハセ72ダメなん
だなんて思わないでね。鐘軌には派手な
塗装も多いので、オリジナルのハセをパパっ
て作っていろんな色に塗るのもいいと思いま
す気になる人だけ、好きなようにいじればよ
いかと、改造のベースには最適でした。

どうしてもという人は、水平尾翼とキャノピーに
手を入れることをお勧めしますよ。

鐘軌の正面
有名な写真の多い、前からの鐘軌。
翼の前縁ラインはこだわった結果がさせたと
思います。脚はもう少しハの字にすべきでした。
脚庫は銀、カバーは機体側だけ青竹色にし
ましたよ。

ネットで拾った画像を見てから是非形にした
かった鐘軌できました。
2機です。
家の迎撃機を並べました。
形の違いが面白いです。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ