taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
大まかな組み立て完了。
GWの追い込み予定もどこにいったのか
ようやく翼と胴体をくっつけて、合わせ目を
消しました。
今まで、いろんなメーカーのファントムを
作ってきましたが、ここのつなぎ目を綺麗に
処理できたことがありませんでしたが
今回は、まあまあうまくいきました。
後は下面塗り上げてデカール貼ればOK
間にあうでしょう。
ファントム下


筆塗り方法、アクセスが多いようで、良かった
です。
筆塗りは薄めの塗料をすばやく重ねる方法と
濃い目の塗料をすばやく拡げて表面張力を
利用して塗面を平滑にする方法(幼虫塗り)
があるようですね。
濃い目に塗る方法にはリターダー投入が効果
的だと思いますが、薄めて塗る方法には
リターダーいれないほうが良い結果になると
おもいますよ。
では。
スポンサーサイト
私の筆塗り方
ろどす太さまよりリクエストいただきましたので
僭越ながら、私がどうやって塗っているかなど
醸してみようかと。まずは道具

まずは道具、色は混色したのを使い捨てのお醤油
入れに入れてます。ビンに直接、筆を突っ込んで
塗ることもありますが、少量でもお醤油入れに入れ
てシンナーで濃度調整して塗るほうが良いです。
次にシンナー、既に汚れてますが、気にせず使って
ます。筆にシンナーを含ませて穂先の柔らかな状態
を維持します。お醤油入れに固まった塗料をシンナ
ーを含ませた筆でといて良い濃度のちょっと手前の
薄いときに塗り始めます。仕上げや、粗塗りから
初めて、下地が隠れる塗料の濃度になったらしぱ
しぱって塗り重ねてます。
お醤油入れに残った色はジッパーつきのビニールに
入れて保存しておきます。シンナーは揮発しますが
からからに乾くまでの時間は稼げますよ。
大まかに塗ります。

始めのときや、始めや広い面積は、平筆で薄めの塗料を
塗ります。ムラもなにも気にせず一気に塗ります。
ただ塗料は少なめにね。多いと、モールドの低いところに
塗料が溜まるばかりでうまく広がりませんよ。
筆塗りは、一旦プラの地の上に塗料の膜が出来ている
ほうが色の乗りが良いので、まずは塗膜を作ります。
筆はタミヤかノーブランドの150円くらいのやつです。

(ドイツ軍機のスパイラルとか書いたことがあれば分ると
思いますがたとえブラックグリーンでも一旦塗った上の
ほうが白が綺麗に塗れるはずです。いわゆる田中式は
すべてプラの地に直接塗ってるので、私とは違いますね。)

さてこの塗膜は薄いので、次回塗りは完全に乾かしてか
らでないとすぐにべろりと剥がれてしまいますよ。私は
適当に塗ったらほかの事をして2、3日ほおっておいてます。

乾かしても、じっくりぬったり、筆を返したりすると下地塗料が
持ってかれて下地がでますだからここもムラを気にせず
スピード重視でぬって行きますよ。そんな塗り方でも写真
でみてもらっても分るように2回ほど塗ればプラ地は隠れます。
隠ぺい力の弱い色は中々発色しませんけど・・

こうやってます。

下地が適当に塗れたら、面相筆で塗り重ねていきます。
道具の写真に写しましたが、書道用の筆を使ってます。
1000円から1500円くらい鼬の毛だと思います。
この書道用の筆がないと私はぬれません。穂先がそろうので
細かい塗りもこれ1本でかなりのところまで塗れますよ。
色もよく含むし、シンナーもよく含むので写真のように
ストロークをそろえて横に横に筆をずらしていって塗ってます
かなり広範囲塗れますよ。

プラモ用の面相も細かい作業は良いですが、筆が小さい
為かすぐに穂先が乾いてしまい狭い面積しか塗れません。

このあとストロークの最後に重ならないように下にずらし
また横に塗っていきます。

どうしてもストロークのはじめと終わりは塗料が溜まるので
次の塗り始めが先の塗りのストロークの部分と重なると乾
いてない塗料が下地の色をさらって
しまうことになりますので乾くまでは前に塗ったとことの頭と
尻尾には筆をつけません。
色のぬり切れてないところが出ますが、乾いたあとに同じよ
うに塗れば良いだけのことです。そうやって塗れば自然と
重ね塗りになります。

工程1始めに塗る、工程2次に塗る、始めに塗ったところの半分
より下と次に塗ったところの上半分と1と2の間のところ
を工程3で塗る形です。分ってもらえますか?これを繰り返します

ストロークは2cmくらいから2mmくらいまで場所やムラにあ
わせて使い分けます。
ベースを塗ります。

今回の緑は発色しにくいので、下にグレーを塗ってしまいまし
た。ここまで塗れたら、ムラや色の薄いところを重点的に面相
筆で細かく塗っていきます。

たとえば5mm角の色むらがあったとして、1回の筆塗りで消す
のではなく、2mmストロークで横に5mmを上下中順に3回塗って、
さらにムラがあれば垂直方向も同じように塗ってます。
塗料の濃度は写真で見てもらって分る
ように薄めですよ。なのでこのような塗り方をしてもモールドが
埋まることはまずないです。黄色、赤なども下地に白が綺麗に
ぬれれば薄く塗っても発色してくれるはずです。白をうまく
塗るのはむちゃくちゃ難しいですけど。なので白はブラシを使う
ことが多いです。

適当に塗ります。

この写真で、ピッチを多くして塗ってる感じが分ってもらえると
思います。で、凸凹が出来たり、指紋がついたら乾かして1000
番くらいでやすって、平滑な表面にして塗りなおします。
ピッチ塗り

ムラになっているところに色を塗っていくとこんな感じになります。
塗り残しも

こんな塗り残しがありました。ピッチ塗り

いちいち下地から塗るんじゃなくて面相で塗っていきます。
とりあえず塗り終わり

大まかな塗りが完了しました。翼と胴体もつなげましたよ。

ここからは修正塗りなので面相だけで仕上げていきます。
あと下面が残ってますが、ひと段落です。
銀色塗り

筆塗りで銀色を塗ってます。同じ塗り方ですが、銀が入ると
塗料が粘つかずに乾いていき自然とドライブラシみたいな
仕上がりになるから不思議です。穂先がばらけて乾いて
るって気づく感じです。

そうそう、クリアー系は乾き始めが粘つくので、いつも筆先
をシンナーで湿らせてないとうまくぬれませんよ。

お役に立てたでしょうか?

連休後半は中国GPを見に上海に行きますので。
追い込みは5月にはいってからだわ。

亀の歩み
いやー、少ししか進みませんね。
色を塗ってますよ。
そろそろ、翼と胴体も合体させようかと
思います。グレイはかなり白入れましたが
やっぱり暗いです。地味な仕上がりになり
そうです。緑は発色が良くないし、下地が
透けやすいので、色が出やすいグレイで
一度塗ってから塗りますよ。

ブログ団のほかの人や、展示会に行って
人のプラモを見るたびに、私の作ったのって
主流の塗り方や作り方じゃないなって思う
のですが、所詮自分で楽しむものだし、
このまま行くしかないですね。
早めに切り上げて97戦やビゲンやらやりたい
です。

暗いファントム


さて、買うペースに作るペースが追いつかない
のですが、それでも展示場は一杯です。
いくつか廃棄せざる得ません。
用廃機たち

今回はこの辺を間引くことにします。
お気に入りだけでも箱入り保管するなり
考えないといけませんね。

皆様どうされてるんでしょう?
あと一月だそうですよ
静岡まであと一月、まあGWもあるし
なんとかなるでしょ。宿も今日予約しました。
静岡駅より公称3分の宿でした。

でファントムは、進んでません。今日も若干
ながら酔ってます。なので

今日は買い物紹介ですよ。
先日、平塚のなんとかオフへ
ここは近所にマニアの方がいらっしゃるのかへん
てこなキットがよく置いてあります。
で仕事で近くに寄ったらつい見に言っちゃうんです。

今回は飛行機ものの買取が多かったのか、エッシ
ーエアフックス中心にとんでもない品揃えになってま
した。値段つける人にもマニアがいるのかと疑う値段
ですが、まあ当時の値段よりは安いですし、買いま
した。ドルにエ

これとこれ、実は他にも何点か欲しいのあったのです
が手持ちが少なく買えなかったんです。

一個目エッシー72のミラージュF1です。全面凹彫りの
にくいやつですが、キャノピー前部が幅広で扁平にな
ってるのと、翼の前縁が分厚いのが難点です。
スタイルだとハセ、エアのほうが上かも。
でもこれは欲しかったので手に入れられて良かったです。
2個目はこれエッシー48のアルファジェトです。
こないだエレールを買い戻したばかりなのにと思われた
かた、正解です。これエレールと同じものでした。
両者で違うのはエッシーのキットにはランナーにエッシー
って刻印があるだけ。エレールは消してあります。
本当に悪い女にひっかかったみたいだわ。
まーパトルイユドフランス以外のアルファのデカールが
手に入ったということでよかったですよ。

そのうち作ることにしてしばらくは熟成しておきます。
ファントムコクピット
fanntom

ちょこっとピンボケですが。フジミファントムコクピット
上がりました。細かく分割された実感のある椅子
なのでそのまま行きますよ。側面のベルトは本当は
クッションにあって、フレームじゃないよとか突っ込むと
こはありますが。けずりとってエッチングで張り替える
なんて私にはムリ。何でもレジンにするのもどうかな
って気もするし、気にしないことにしました。
フェイスリングのトラ模様もピタッと決まりませんでした
がこのままいきます。fanntomu2

キャノピーはすり合わせに時間をかけて今はこんな
感じ、多少の隙間は接着時に埋められそうです。
fanntom 3

胴体部分を先に仕上げる作戦、もう少し塗りあがりそう
です。
東武動物公園と買い物
土曜日は天気が良かったので、行く春を惜しみに
東武動物公園に行ってきました。
東武動物公園といえば開園時に西山かば園長
で話題になっていた動物園です。
かば園長は私らの世代には、「僕の動物園日記」
という漫画の主人公として記憶されている身近な
憧れの人です。

西山園長は退職して既に亡くなっているとはいえ
子供の頃の思い入れもあり、東京に住んだからには
一度は訪れたいと思っていた動物園なのでした。

東武動物公園は、遊園地併設の懐かしい感じの
する動物園でした。動物園の一番のメインは、年中
見ることが出来る蛍です。しかし、蛍は最後に見よう
ってほかを優先していたら、蛍館は閉館になってしま
いました。次回また行くことにしましょう。
象

孔雀

孔雀は今時期が良いですよ。羽を広げて迎えてくれます。

で続いて最近のお買い物買い物

やっと手に入れました。ドラケンとパイパーカブ、それにまた
買っちゃいました。アルファジェット。
アルファジェットは以前持ってましたが、もう作ることはない
だろうと一度手放したんです。でもまた買っちゃいました。
中身も知っていて、だからこそ一度手放したのに・・・
悪い女に魅入られたみたいです。
ドラケンは部品数少ないけど良い感じですな。
ハセは32メッサーあたりから割りきりがスマートで良い感じ
になっていると思います。

で32のパイパー。パイパー

なかはこんな感じです。
クリアー部品を大きく取って、背中のガラスと翼をその部品に
つなげることで強度と精密さを両立させていたり、かなりの
出来の良さです。これは買っといて良かった。
先に出たASK21やLS8と是非並べたいものです。
とりあえず蜜柑山の頂上に積んでおくことにしますが・・

で最後に本。世界の翼

仕事の飲み会前に横浜地下にもぐったのが運のつき。
1953年の世界の翼を買ってしまいました。2000円なり。
資料として云々の写真はカット数も少なく印刷も良くない
のですが、1953年という日本の航空再開直後という時期の
編集のため。貴重な民間機が載ってましてつい購入して
しまいました。未知の翼

リンドバーグのキットを見るようなソビエト機の紹介。
マジステール

ドイツ機、イギリス機、東欧機でなくフランス機中心の
グライダー紹介。戦後すぐという特殊事情が伺えます。
フーガのグライダー中心ですが大きな写真はマジステール
そっくり。左下のジェットエンジングライダーも良い味出してます。
前田式

日本の民間航空再開の写真。前田式206号は曳航中を写した
写真も飾られてます。萩原はグルナウベイビーです。
このあたりの軽グライダーを今またゴム索で飛ばして楽しむの
も面白そうですね。

と言うわけで、ファントムはすすんでませんよ。


始めてのヤフオク
今まで、ブログにも書きましたが、ヤフオクには参戦
するも今まで負け続けていました。
が、今回は勝ちました。しかも二連勝。
ものは、こいつらだ
ヤフオクのえもの

なつかしのバイクモデル2個
タミヤのNSとユニオン 太田のGT50です。
ユニオン 太田はCB50Jが欲しいですが
なかなか格安の出物はないようです。

今回の値段は なかなか安かったですよ。
と言っておきます。
ロッテの応援はすごかった。
嫁さんが、勤め先でソフトバンクVSロッテのチケットをもらって
来ました。なのでのことを後回しにしてソフトバンクの応援に
行ってまいりました。ホークスの先発和田は良かった。勝った
と思ってましたよ。9回まで。
9回裏に逆転さよならで負けました
応援時連敗記録を伸ばしてしまいました。

しかし、ロッテの応援はぴょんぴょん飛ぶし、歌うし、なかなか
の迫力でした。札幌の日ハムの稲葉ジャンプにも負けてない
です。流石に26番目の選手です。

さて、ファントムようやくインテークがつきました。
微妙につながりの悪くなってしまった胴体とインテークのつなぎ
目を整えてから胴体の塗装をやってしまおうと思います。
静岡までのカウントダウンを考えればそろそろファントム中心に
頑張らないといけません。
宿の手配もまだだし。どんどん押し迫ってきますね。
doutai
kyanopi-


フジミのファントムはコクピットの後ろが胴体の一部になりさらに
キャノピーの取り付け部の基部にもなるという構造です。
私はここに段差を作ってしまって組んじゃったので、キャノピーを
セットしてパテ埋めして隙間を消しておきました。

97戦はおもいつくままあちこちすり合わせしてます。

97戦もこっそり
おはようございます。新装成った新横浜駅に先日
寄ってみました。当日はカンジャニ8のコンサートが
あったそうで、駅周辺には女の子がうじゃうじゃいま
したよ。
新横浜駅のメインテナントはビッグカメラです。
ビッグと言えばおもちゃ売り場。割引価格でドラケンで
も買ってやろうと思ってましたが、ガンダム関係以外
のプラモは1個もなし。工具はそれなりにそろってました
が、スケール物は、お城も扇風機もプラモはなし。
かなりのショックです。メーカーが通販直売りに力を
入れだすのも無理はないですね。
と言うわけでドラケンは購入できず。

で、土曜日改めてドラケン及びパイパー購入をもくろみ
ピンバイスに行って見ました。がしかし、ピンバイスは
元の店舗のあった住所に引越しの最中で閉まってました
というわけで、ドラケンもパイパーもまだ手元にありません。

新しいプラモが手に入らずとも、作るものに困るわけでは
ありません。高い蜜柑山を持ってますからね。
と言うわけで蜜柑山より97戦を掘ってきてます。

昔、RSとICMのキットを紹介しましたが、ICMから作ります。
97senn

ICMの97戦は72ながら凹ぽいリベットが全面打たれていて
外板のあわせも筋彫りでなく重ね合わせを表現した段差に
なっています。これは作る際に大部分削ってしまいますね。
実機はパテ埋めされて平滑な表面だったと漫画さまから
伺ったことがありますし。神経質にならずに最低限のみ
再現しようと思います。
さらに、異様に細かいパーツ割りです。説明書を見てもらえば
わかるように、防火壁をつけて、エンジン支持架をつけて
エンジンには排気管をつけてとニチモの48並みの分割。

尾翼周りも、水平、垂直張り合わせ、スキッド一体のラダー
尾翼のカバー5つのパーツで構成されてます。パーツの基本
は良いので各部品少しずつ削っていけば結構綺麗に合うの
ですが、いかんせん手間がかかります。
小一時間すり合わせ、削り合わせてこんな感じになりました
組み立てが好きな人には楽しいキットだと思いますよ。
97sennsipo


ファントムはインテークベーンつけてキャノピーの
あわせ中ですよ。
NSRひっそりやってます。
転勤者がいなくなって広い事務所でした。
明日から転入者がきて、にぎやかさは戻ると
思いますが、4月はいろいろありますね。

さてNSR外装の下地とエンジンを大まかに
塗ってとりあえず立てました。
こういう作業のときにぴたぱちと組めるのが
タミヤのすごいところ。このNSRは10年以上
前のキットなのに流石です。
NSR

ポンスのNSRにはチェカとコシンスキーの
デカールが入ってます。スペインの貴公子
チェカか、ケニーの弟子の暴れん坊コシンスキー
にするか迷うところです。ガジバやガンマ250
ならコシンスキーなのですがね。ガジバは
ローソンでもいいけどね。
ICM

ちょっとだけICMの97戦もいじってみました。
ファントムに続いてやろうと思います。

仮組みですが良い感じ
しかし、色々削るところが多く機体全面に施
されているモールドは消えちゃいそうです。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ