taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
複座ミラージュ
お久しぶりです。
一回買い逃して、手に入らないのでは
と思っていた、エヂュアルドのミラゲ
2000を手に入れることが出来ました。
これで、ミラゲの複座は3個目です。mirage

基本の型は全て一緒。
エアフィックスはB型、エレールはD,N型です。
エヂュはエレールの成型にコクピットのエッチングと
レジンのシートがついているものです。
後でミラゲのアフターパーツを買おうたって
まず見かけることはありません。
そういう意味では買いです。デカールも綺麗です。
エアフィックス、エレールともに版ずれが大きく
そのまま使えません、別売りデカールを探すにも
ミラゲあたりはなかなか見つけられませんから
エヂュの購入金額の6000円台もお買い得といえる
と思います。
もちろん、複座のミラゲがほしい人に限っての
お話ですが。
んで、B型とD、N型では金型が改修されてます。
みらげ

機首のラインが異なってるのがわかるでしょうか?
D、Nのほうに改修の後があるので、B型は絶版なの
かもしれませんね。
エヂュのキットも改修後のものが入ってますよ。

3つもあって、いつ作るのかって?それは言わない
約束でしょう。
スポンサーサイト
GSと彗星
GSウィンカー、ちょっと実車と違いますが
RZを作ったときのジャンクのウィンカーの
径がGSのウィンカーの基部ほぼ一緒でした。
ウィンカーはGSの基部とRZのレンズで
OK。バックミラーは、縁の再現のために
洋白銀を接着してみました。
これがうまく貼れずに少しいびつではありま
すがこれで進めます。
ミラーウィンカー


んで、昔作ったフジミの彗星をば
彗星

フジミ彗星、各部を薄々攻撃して、特に機首周り
すっきり。一番の問題点と思った、フィレットと
翼のつながりの悪さを解消するために、一度
フィレットをけづり落として翼と胴体の合体後に
改めて再現いたしました。
彗星

さらに組み立てを進めるうちに、垂直尾翼の薄さと
胴体後部の薄さに差が大きく実感をそぐことに
気がつき、胴体後部を穴が開いちゃうまで
薄くけづりました。
それにあわせて水平尾翼も改修いたしました。
彗星

スピナと、排気管はタミヤ晴嵐より流用。
特にスピナは、フジミはまるくて大きく
バランス悪いので、トレードの効果は
非常に高かったです。
あと、機首の横の機番は、Nゲージ用の
ドライデカールを使用しました。

塗装は筆塗りに、タミヤとフジミの
デカールのいいとことりして貼りました。

彩雲もこのくらいまでに仕上げたいです。

旧作ですがどうでしょう。
シートを作りました。
彩雲お待ちの方 すいません。
今日はGSです。彩雲のカウルに盛った
パテを利用して、GSのバルサシートを
整形しておりました。
少し厚みを持たせて、エッジが立った
ように整形。シート都合4個目

ちょっとクラッシクな感じのシートに
出来たのではないかと。
カスタムスタイル

作りかけのモデルに設置してみました。
もともとのGSのデザイン事体が、川崎
Z2をかなり意識したものだと思います
ので、ティアドロップタンク、厚みの
あるシート、Z2テールとZ2のスタイル
を追いかけても良い雰囲気のカスタム
になっているのではないかと思うの
ですが、
もしも、もしもですけど、もう一回作る
ことがあれば、スタイルも純正にしよう
と思います。タンク、シート、リア
全て自作の必要ありですけど。

ウィンカーは純正そのまま使うつもり
ですが、ウィンカーと、クリアーパーツ
のサイズが違っていて、そのまま組めな
いことが判明。昔のキットでは当たり前
のことですから文句を言うようなことでは
ないですが。
バックミラーも引けが大きく。ミラーが
ゆがんじゃいます。ミラーの縁も再現して
みたく、他キットより流用するか、何とか
工作するかやってみます。
彩雲ばらばら
飲み会が続きます。ストレスも溜まります。
ストレスが溜まると無性にペーパーがけが
したくなるのは私だけでしょうか?

前は、バイクで走り回ったり、空飛んだり
してましたが、めっきりインドア派です。

彩雲ですが、機首周りをいじり始めました。
カウルだけを切り離して、出っ張ったキャブの空気
取り入れ口をカット。プラ板を切り取ったところにあて
加工しました。そして肉のそげた感じのカウルに
パテ盛して全体に丸くしました。
彩雲機首

彩雲まるく

画像の指は私の指です。
機首周りも調子に乗ってバラバラにしてしまいました。
今は収拾がつかないです。機首を先に作ってしまって
カウルフラップを別パーツ化してるので後からつけようと
思います。

彩雲床

コクピット内。ジャンクを探していたら、タミヤ晴嵐の
床がサイズ的に良い感じです。これを切り刻めば床に
出来そうです。うまくいきますように。
GS400 配線しました。 彩雲始めます。
来週から飲み会が続きます。
ほぼ1日おきに飲み会になりそうです。
仕事がらみで飲むとプライベートでも
飲みたくなるもの。
なんとか無事に乗り切りたいものです。

んで、GSですが、配線を施しました。
あと、マフラーを磨いて銀塗装の準備。
シリンダーの後ろ、キャブの下にある
カムチェーンテンショナーは48のF104
の前脚を流用してでっち上げましたよ。
どうでしょ。

外装、ウィンカー、バックミラーが残
ってますが、ひと段落ついた気がします。
GS配線


一段落着くと、次に何を作るか楽しみに
なります。

次は、フジミの72彩雲で行こうと思います
巷では評判の良くないキットですが、アオシマ
の72彩雲よりは出来は良いはず。
ハセガワ48という立体見本もありますので
こちらを参考に作っていこうと思いますよ。
彩雲

ざっと、仮組したところ、派手にそぎあがった
翼端と三角にデフォルメされた機首をなんとか
すれば結構良いんじゃないでしょうか?

といっても翼端のつじつま合わせには、翼全体の
見直しが必要そうだし、機首も排気管周りの修正
が非常に厄介そうです。
どうなることか。今回もだらだら更新になりそうです。
今日もGS。
GS全体形が見えてきました。仮組み

マフラーまで仮組しました。このマフラー左右で太さが違う
微妙なものですが、カーブの具合とか良い感じ。特に修正
せずに住みそうです。ステップ周りも組んでみて位置関係の
確認。シートはバルサを削って見ました。(実は3個目)
しかし、シートはスタイルに合ってません。改めてもう少し
分厚いやつに作り直しますね。

色々言ってきましたが、出来てくると良いですね。
GSお勧めですよ。

で今日は、小物を少々、小物の出来は、結構良いんです。
ステップはそのままつきますし。モールドもまーまーです。
でも、ちょっとだけ手を入れます。GS小物

リアブレーキをつなぐアームを金属にしました。
間のボルトと、ばねを表現して、組んだらこんな感じ。こんな感じ

ちょっとオーバースケールなところもありますがそれなり
に仕上がったのではないかと、自画自賛。
さらにクラッチペダルと、ブレーキペダル。小物調整

修正前と、修正後を写してます。クラッチペダルはただの
板状なので、取り付け部と踏むところに角度がつくように
曲げて、仮組みの結果ちょっと長さをちじめてみました。
ブレーキペダルは良い形状だったんですが、取り付けてみると
マフラーやステップと干渉するので、前後に少しつめて
左右に拡げました。今は針金でつないで幅増ししてますが
ここにパテ盛して形状をだせば、お手軽に修正できますよ。
大きなパーツはあと、エンジンの後ろにあるカムチェーン
テンショナーボルトとバックミラーにウィンカー位になり
ました。
外装や細部に詰めなきゃいけないところは残ってますが
途中で投げ出さないでよかったです。
ご冥福をお祈りします。
先日、沼田が死んだばかりですが、昨日、ノリックが
死んでました。しかも、サーキットでなく、川崎の
道路で。
Uターン禁止の場所でUターンした違法車に接触した
ようです。

ノリックは、革命的でした。応援してましたよ。
最近のTVの解説も楽しみでした。

もう聞けないのは残念です。
もう見られないのは悲しいです。

ほんの少しだけ更新
カウンターをチェックしてもあまり人気のないGSですが
ようやく、エンジンにも目処がついてきたので少しづつ
進めていきます。飛行機、次は彩雲にするつもりです。
さて、GS
エンジンに色を塗って、キャブとエアボックスが車体に
収まるように調整してました。
このエアボックスは、100人が100通りで作ってもサイズ
も合わず絶対に所定の位置には収まらない代物。
キャブをアオシマからタミヤに交換しているせいもあり
さらに追い討ちをかけて合いません。

アオシマのHPでも、GSはパッケージで紹介されている
理由がわかろうってものです。
で、画像はありませんが、エアボックスは2つに割って
2mm強、幅つめしてフレームと干渉するところを削り倒
して、さらに削りすぎて穴の開いたところを光パテで盛
って、整形し、ようやく位置関係をあわすことが出来まし
た。

結果、中身がサイドカバーぎりぎりに詰まった感じは出せ
ずに終了。サイドカバー内がすかすかですが、バッテリー
の設置場所再現したり、エアボックスの形状をさらに修正
したり、整流器置き場作ったりとか・・出来そうにありま
せん。横から見て位置が合ったということで、とりあえず
次に行こうと思います。
エンジンの感じ
エンジンビュー。
GSサイドビュー

そろそろ、シートを作らなきゃいけませんね。
マフラーとステップと、スタンドと、パイピングとバックミ
ラーと・・しばらく完成しそうにないですな。
続けてGS
今日は寒かったですね。雨も降ってたし。
皆様、お体に気をつけてください。

今日もGSを、ちまちまといじくっておりました。
エンジンを縮めるときに切断したフレームをつないだり。
エンジンマウントの取り付けを調整し、腰下を載せたり。
エンジンの細部をちょこちょこいじったり。
キャブと、マフラーのブランケット移植して、位置関係を
調節したりと、画像の撮りようもない細々した作業を
しておりました。
エンジンちまちま

エンジンの細々、排気管のブラケットをつけて、
カムチェーンカバーの再現や、チェーンカバーの上を
通ってつながってるフィンの再現や、フィンの間を縦に
入るフィンをつなぐやつをつけて見ました。
ごちゃごちゃ感が少しはアップしたかと。
キャブの角度はこんなものか

キャブはCRでなく純正ぽいのを使用します。
このキャブに合わせて今後エアクリーナーボックスを
自作する必要があります。さらにカムチェーンテンショナー
の調整ねじと思われる出っ張りを今後付け足していこうと
思います。いかんせん、エンジン全体のアウトラインを
似せきらなかったので、焼け石に水ではありますが・・

最後にシリンダーを載せて外装をあわせます。全体のバランス。

キットのタンクは変な形で大きすぎて使えません。
別のキットのタンクの幅を広げて使用しますが
(カスタムと言う設定にしてます。)幅を広げたせいで
すごくファットな感じです。しかし、純正サイドカバー
にあわせるには、最低このくらいの幅が必要です。
ここら辺の詰めにも時間がかかりそうです。
なにはともあれ、やっと全体が見えてきましたよ。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ