taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
家から一歩も出てません。
引きこもりです。会社に行くつもりでしたがやめました。
ゴロゴロしてました。
プラモもほんの少しです。ダウナーな毎日です。
林芙美子と小川洋子の文庫本を読んだり、2時間ドラマ
の再放送をみたりしてたら一日終わってました。
メリハリのついた生活をしないといけませんね。
胴体下面

昨日の下面にシャッターはめてみました。
こんな感じです。翼取り付け部

胴体と翼の合わせの調整です。基本的に合いは悪くないです。
でも少し隙間があります。小さい隙間は修正が難しいし。
接着面も少なくなり強度的にも弱くなっちゃいます。
なので、逆に翼と胴体の接合部をけづって隙間を大きくします。
その後に胴体側にプラ板を接着。400番で削って、隙間なく
ぴったり収まるように調整します。これで接着面も確保でき
がっちり貼り付けられます。しかし、注意しないと、上半角
がなくなったりしますので、十分な仮組が必要です。
翼と胴体


あと、真鍮パイプの先を尖らせたもので、機首周りのリベット
を若干再現いたしました。
今日も少しだけ進んだぞっと。

続いて今日のGS
取り付け部のまったくないサイドカバーにプラ板で位置決めと
接着用の足をつけました。
サイドカバー

で、サイドカバーをつけて、スタイルを確認したところ。
タンクが小さすぎました。サイドカバーのラインにタンクを
あわせて調整しました。
なんか、GSぽくなくなっちゃいましたね。
残念。GS400スタイル

スポンサーサイト
P51地味更新2
最近ブログに遊びに来てくださる人は
画像もあんまり変わらないし、地味な更新
ばかりで、退屈されてるのではないでしょうか
でも、プラモ以外にとりたてて書くことないし、
仕事の話は愚痴になっちゃうし、
TVのCMで 生きる って言われるたびに 根本敬
って思っちゃうって告白されても、皆さんが困られ
るだけだろうし・・
ということで、今日も地味作業の更新。

モノのP51の胴体は型抜きの関係なのか
アウトテークや尾輪格納庫がスクエアに表現されて
ないのでその修正です。尾輪

尾輪周りは、キットより大きく切り取ってます。
修正ラインを直線にするほうが工作が楽ですからね。
で、修正ラインをマスキングテープに写し取って
プラ板にマスキングテープを張り付けて、プラ板を
切り出し。尾輪2

プラ板を貼り付け。乾燥後にパテ盛削れば修正終了と
なります。
それと、前回書いたスピナの軸のずれは、やっぱり修正
することにしました。なので軸をきり飛ばしました。
ここについては、組む前に十分仮組すれば問題ないです。
いい加減に作ったために、無駄な作業を増やしてしまった。すぴな

機首インテークリップに中が素通しに見えないよう、目隠し
を追加しております。
今日も士の字に持ち込めませんでした。少しづつで
も作っていけば、そのうち完成するでしょう。

でもう一個の地味作業。計器周り作りましたよ。
計器

P51地味更新
あまり進みませんね。暑いし。
胴体を張り合わせたP51ですが
機首周りや、胴体のひけや隙間を
埋めて修正いたしました。
まずは引け具合表面を確認するために
接合部他に黒を筆塗り。黒塗り

ざっと400番で削って、黒が残った、隙間やひけて
るところに、タミヤのエポキシを充填。固まったら
また鑢がけで、この状態。パテ盛

スピナからの流れがつながるようにさらにけづり込み
ました。スピナの形優先にしたため、プロペラは一旦
カットしました。しかし、スピナとスピナの軸がずれて
いてセンターがあってません。細かいことなので
スルーするか、軸まで付け直すか思案中。
さらにパテ盛

凸凹が修正し切れなかった、胴体下は、さらにタミヤパテで
修正中です。
仮組み

キャノピーの勘合調整やら、組み立て方の検討したり小物を
整形したりで今日も終了。
まあ古いキットなので細部は何かと手を入れないといけませんね。
翼と胴体はまだくっつけてないですが。本当に形が見えてくると
嬉しいですね。

しかし、画像的には昨日と殆ど変わってないですね。
涼しくなりました。
今日は涼しくなりました。涼しくなったら
なったで夏が終わるのかとちょっとセンチメンタル
です。

仕事復帰の木曜日、宮崎台駅の近くで打ち合わせが
ありました。仕事も終わり帰ろうと駅に向かうと駅に
併設して、バス電車博物館というのがありました。
電車やバスの他にYS11のシュミレーターもあるようで
す。夏休みなので中は就学前児童の親子ずれで一杯
でした。YS11のシュミレーターは別館にあるそうで
仕事の合間ではあまり時間もさけず、また別の機会に
でも行ってみようと思います。宮崎台前ではランボル
ミウラも見れましたよ。

今日は、昨日までの暑さが嘘のように涼しい一日でし
た。ブックオフに本の処分に行きました。45冊で
2400円で引き取っていただけましたよ。そのお金
を持ってモデルアートの飛燕本を購入。その他1冊も
購入。飛燕本

飛燕本はオーストラリアの複元機が良いですね。
飛べるようになれば良いんですけどね。
しかしあるところにはあるんですね。

P51胴体を貼り付けました。
胴体

すぐに士の字にしたいところですが、削り落とした
モールドを再現させる必要もあり士の字にするのは
もう少し先ですね。しかし、ジェットのモノグラム
しか知らない人が組んだら驚きの勘合のよさです。
胴体と翼もほんの少しの加工できっちりつけられそ
うですよ。
で、テープで仮組みして士の字にP51

これが、思いがけずかっこいい。さっきから手に持って
ブーンブーンってやってます。ハセやタミヤ組んだこと
ないけど、モノグラムのもP51も中々ですよ。
P51って案外翼が大きいんですね。

最後にGS、ハンドル

ハンドルの取り付け部に大穴が空いてますのでプラ板で
ふさぎました。地味作業ですがここは外せない工作です。
今後は、GSもムスタングも画像栄えしない地味作業が続
きますね。
休みももうすぐ終わりです。
この休み中に、GSのエンジンと、P51を士の字には
したいと思っておりましたが、出来たのはGSエンジ
ンの腰下のやり直しのみ。
なかなか先に進めませんね。
GS腰下ですが、手間をかけてやり直しました
が出来上がってみると、キットのままでも
それなりだったような気がしてきました。
腰下

フレームに乗っければマフラーと、フォークで
前からはあまり見えないかも知れません。
腰下

下から見ると、元のエンジンのほうが、オイル
フィルターのモールドがあり実写に忠実です。
(再現度は今一ですが)さらに横からだと
あまり変わらない

あまり変わらない気がします。
まー良いかと気を取り直して、コードとかリベットを
いくつか追加したら、フレームに載せちゃいます。
腰下だけでも乗ったら、フレームにステップ
リアブレーキなんかまで一気に取り付けられます
から。次の問題はエンジンのシリンダーとヘッド
それと、どうやって固定したらいいかまったく
わからないサイドカバーですね。

でもGSは細かい作業で、ちょっと疲れてしまったので
P51に戻ろうと思いますよ。

筆自慢

購入しました、スケビ、筆自慢ということで筆塗りを
多用する私としてはテクニックなど、色々期待して
いたんですが空振りでした。きららさんの記事が一番
面白かったですよ。
進んではいますよ。
昨日は近くのトリトンという商業施設で外飯。
ディズニーに行ったし、花火見たし、外飯したので
夏の予定は終了です。

先日の人間ドッグで脂肪肝を指摘されたので
運動をしなけりゃいけませんが、暑いので
涼しくなってからにしようと思います。
お酒を控えるからね、頑張れ肝臓。

完成に近づいているのか部品に戻してるのか
わからないと評判のGSですが、
少しずつ進んでいます。今こんな感じ。
前後タイヤをつけました。フロントブレーキディスク
の穴あけに小一時間、リムをねじ止めにする
加工にも、一手間かかります。
朝からやってようやく、ここまで。
GSZ

組めるパーツを組んでスタイルを確認しています。

フェンダーとライトリムにはグンゼのメッキシルバー
を使用。エアブラシで吹いています。
良く光ります。この塗料は仕上げにニードル全開で
ブワッと吹きつけないとうまく光りません。
細噴きだとミストがかかる部分の
光具合が悪くなりますね。満遍なく光らせるのは
中々難しいです。
まずは、Z2テールを利用したGSでした。
次にロングシートのGS
GS

どっちもかっこよくなりそうですがそろそろ決めないと
いけませんね。
どちらにしてもシートは作り直しですね。
さらにハンドルハンドル

ハンドルの幅は狭いほうがかっこいいんですが、
今回ステップ周りはノーマルのつもりなので、
あまり低く狭くすると全体の雰囲気に合わないし

仮組みを繰り返すばかりで中々作業が進みませんです。
でも一番楽しいときかも

車体はもう少し。あとは、取り付け代がまったくない
再度カバーとか、フレームに干渉して収まるところの
ないエアクリーナーをなんとかして、エンジンが完成
すれば完成は見えてきそうです。
きっともう少しです。

でも次は製作に躓くことの少ないタミヤのレーサーに
しよう。そうしよう。
夏休み
夏休みに入りました。
昨日は、東京湾花火大会に行きました。
晴海ふ頭の会場から見ましたが、
天気も良く最高でしたよ。
去年は雨天順延で見ることが出来ません
でしたから2年分楽しんで着ましたよ。

で、今日はGSを細々とやってます。

GS

一度作っていた、エンジンの腰下ですが、
隙間をパテ処理したりして、仕上がりが
醜いことが気になってました。
なので、分解して、隙間をプラ板で処理
して、やり直してます。
実車と違うところが多いエンジンなので
飛ばしても良い処理とは思うのですが
模型としての見栄えを考えてやり直し
しかし、完全に自分の持つ技術を超えた
作業です。だらだらとやってます。
GS終わらない

接着してませんが、部品をあわすとこんな感じ。
GS無間地獄

色が銀なのでまだ粗がまだ目立つだろうと
鬱々と作業続けます。

では
お買い物、お買い物 オレ
実は少し酔っ払いです。
いい気分です。
今日は買い物を
醸します。
実は先週の金曜日に買ったものです。
今日、会社から引き上げてきました。
dekaru

デカール色々、1枚100円でした。
イラクやクウェート、ドバイ、ジンバブエ、
サウジ、エチオピア、台湾、ドイツ
など、色々外国版を購入いたしました。
早く貼りたいです。
オートバイ
P51は一旦休み。
久々にGSです。エンジン完成の目処はまだ
全然立っていません。
しかし外装や、小物も作らなきゃいけません。
というわけで外装に手を入れました。
Gs

外装はこんな感じで進めようかと思います。
ショートタンクに、ロングシート、リアカウル
はなしで、フェンダー仕様です。
GSといえば旧車会御用達の仕様か。ヨシムラ
チューンぽいのかはたまた、湘南爆走族です
けど、ちょっとSRっぽくしてみようかと。
どうでしょうか?

バイクといえば、昨日在庫を整理してみました。
バイク

タミヤとグンゼの12分の1、トランスキットだけ
で積み上げると身長を超えてしまいました。
他にもアオシマが少しあります。
この他に、スタジオ27や、Mコレの別売り
デカールもあります。

気がついたら溜まってました。
飛行機も溜まっていきます。

恐ろしいことです。
まだ張り合わせられません
なかなかまとまった時間がとれず、ゆっくりとしか進んでいません。
P51です。
p51


コクピットはもうすぐ塗りあがりそうです。
胴体を張り合わせる準備ととして素通しになってしまう。
ラジエターと後輪格納庫にプラ板でふたをしておきました。
こだわるなら、後輪は箱組みにして配線するとか、後ろから
覗いたときにラジエターが見えるようにするとかあるので
しょうが、私はプラ板を黒くするだけで終了にします。

p51

排気管の穴も跡付けするのでふさぎました。
胴体をふさぐ穴はぴったりはまるのを作るのは難しいので
片側づつ作って、わざと隙間を空けておいて片方に
プラ板を適当に貼り付けておけば割と簡単にふさげます。
あとは、主翼を張り合わせるための下準備
着陸灯を透明化しました。p51

ここは光らすために裏からライトのところを薄くけづって
アルミテープを貼っております。
p51


プラモは終了。

今日は、東武のタミヤ展を見に行ってきました。
買い物は72のP51を2個RC211を1個(これでコニカは2個目です。)
あとはバイクのパーツを少々。

タミヤ展の目玉はホンダのF1実車でしたが、カメラを持っていって
なかったし、記憶に焼き付けときました。
p51

タミヤ32のゼロが一杯いろんなブースに飾ってありましたが
どの機体も左右のエルロンが下がってしまってました。可動
はいいですが、そのまま見る分にはちょっと残念ですね。

というわけで、本日の更新も終了です。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ