taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
近況
GW前半は、小学校の同窓会があったため
実家に戻っておりました。
小学生時代からはや28年、集まった皆は
女の子は綺麗に、男の子はおっさんに
なっておりました。何人かに お前に
会いたかったと言われて、リップサービ
スとわかっていても嬉しかったです。

で、今日の昼ようやく東京に戻ってきて
有楽町の本屋でカラスヤサトシ2巻(カラスヤサトシ)
蝉時雨のやむ頃(吉田秋生)という漫画を
購入。吉田秋生、絵柄が変わったけど相変わらず
読ませるなとか、カラスヤでとほほとした
気分を満喫してプラモは連休中まったく
触ってません。静岡まであと20日大丈夫か?

実家に帰ったということで、蜜柑山から
お持ち帰り。
GW

レベル48メッサーです。この時代タカラと提携。MRカラーと
レベルカラーの区別がつけられなかった頃のキットです。
箱には1979の年号が入ってます。価格は600円。
前述の小学校の同窓会が1980年卒業生でした。
購入後25年はたってるでしょうね。

あとは、メッサーにあわせて、中田、小坂、石塚の名人
揃い踏みのMAと、500CCモンスター特集のMAを持って帰って
来ましたよ。レーサーのほうにはスクラッチのウーフーとか
も載っていて中身が濃いです。

最後に嵐山美術館のキーホルダー、零62型の機体外版が
レジンの中に入ってます。

明日、明後日は仕事なので、GW後半にプラモ頑張ります。
スポンサーサイト
日曜日のこと
日曜日、選挙に行って、東京ドームに日ハム×ソフトバンク
戦を見に行ってきましたよ。松中のホームランが見られて
良かったです。

で、最近蜜柑山の標高が高くなり、キットも取り出しにくく
なってきていたので、積み替えと整理を行いました。
蜜柑山1号

蜜柑山二号

これで、在庫の山が崩れたりすることもないでしょう。
しばらくは持ちこたえられそうです。
メッサー緑色大体塗りあがり
ようやく塗りあがってきました。
デカールも貼り始めようと思います。
黄色は機首や翼下がまだムラだらけですが
塗り重ねるしかないですしね。

めっさーきいろ

黄色には少し赤を入れましたがちょっと
くどくなった様子です。
脳内イメージよりかっこ悪くなって
来ましたが、とりあえず完成を目指します。109F

機首の黄色は後回しにして、とりあえず
デカールまで貼りましたよ。
破れたところもありますので、タッチアップしたり、
表面仕上げたり、まだまだですが
完成のイメージが出来てきました。
ボスのラファール
最近寒いですね。学校始まってはしかが流行ってるって
いうし、皆さん体調崩さないように気をつけましょう。
で今日は、ラファールです。
結局購入いたしました。4750円でした。
事前調査では、A10、ラファール、F18すべて8000円
だったのに、何故でしょうか?ラファールは6000円
位で25%割引なら価格のなぞはとけます。

とりあえず、気になってたキットが想像より安く売られて
たら買いでしょう。
ボス

箱絵はこんな感じです。
中を見てみると、綺麗なモールドのラファールが入ってます。
ってどっかでみたぞ。
ボス

レベルのにそっくりです。
パーツ割とか尾翼の構成とか細かいモールドとか違いますし、あわせる
と幅が違うところもありますが、形はレベルのコピーです。間違いな
い。
ボス

レベルからは艦上機のM型と複座の陸上型のB型が販売されてます。
ボスのはC型です。レベルでも、M型にB型の脚周りの移植でC型が
作れるわけです。でボスのは、B型からコピーした前脚とタイヤが
写真のようにパーツ化されてます。C型が欲しい人はコピーですが
ボスのを一個買えば作れるわけです。
但し、レベルのは、MとBで主脚も別の金型を使用してますが
ボスのはパーツ割から考えると、前脚のみ変えて、主脚は共通に
するようです。こだわる人はレベルが良いかも。
後は、ランデイングライトとかアンチコリジョンライトがレベル
では透明パーツ化されてますが、ボスはプラと一体化されて
モールドされてます。
透明パーツといえば、ボスのキャノピーにはレベルのキットで
モールドされている、アンテナを消したような跡があります。
ここでもレベルを元にコピーしたことがわかります。

ボスはキットの形はレベルのコピー、C型を作るならボスな
ら1個で作れる。但し脚のコピーは劣化コピーになってる。
ボスの方は、若干のパーツ割の見直しや、モールドの追加があり
またクリアーパーツの簡素化、パーツのひけが少ないなどで
組み立てやすく見える。レベルのは翼の前縁のモールドの込んだ
ところに大きなひけがあって修正に手間取りますよ。
(ボスのは実際には組んでないので勘合が良いのかはわかりませ
んレベルのは非常に良い合わせでした。)

予算さえあえば購入に問題のないキットだと思いますよ。
個人的には元になってるレベルを応援したいですが、C型作る為に
2個もキット買うのも無駄ですしね。
ボスで艦上機型でても多分買いませんけど。(デカールが良かった
ら買っちゃうかも知れませんけど)
メッサー緑色
メッサーの色塗り今日も塗りました。
今回の塗装は、カラー写真が残ってます。
脳内イメージ優先とか言ってましたが
カラー写真と比べてあまりにイメージが
違ってました。まるで零戦みたいな色に
なっちゃったので、ちょっと修正。
かえる色

かえるみたいになりましたがこのまま
行きます。後はムラをなくすように塗りこ
んで、境目をぼかして行くように塗りますよ。
筆塗りだとこのあたりマスキングなしで行け
るのが簡単で良いです。
今はかえるのようですが、マーキングが入れば
それなりに見えるのではないかと思いますよ。
塗装継続 F1、109
今日はこれから、宝塚歌劇を見に
行ってきますので、今日の作業は
このあたりで終了。筆で色塗って
ました。

メッサーの色塗り中。
緑色、針葉樹の林をイメージして
青い緑色にしてみました。
この後、濃い方の緑を塗ります。

左翼に濃いほうの緑も塗って色を合わ
せてます。写真でわかるでしょうか?
もうちょっと2色のコントラストが
つくよう濃いほうを調整しようと
思っております。
緑色のイメージは今私が塗っている
緑より、黄色に振らた緑で塗られて
いる塗装図が多いですが、脳内イメ
ージ優先です。
めっさー


ついでに、ミラージュも色塗り、こち
らは下地が透けないように塗り重ねて
いってます。
mirage24

買い物紹介 KI27
今日は、始発の新幹線で静岡に行って仕事、都内に戻るついでに
ちょっと寄り道して、ICM72の97戦を購入しました。値段は
1600円台、こないだ出てたRSモデルの97戦より1000円くらい
安いです。
本当はホビーボスのラファール目当てだったん
ですが、ラファールはもう売り切れてありませんでした。
値段が8000円位ということであまり多く仕入れてないよう
です。流石に値段が高いので、購入するかどうかは
冷静になって検討しようと思います。今日ラファールが
売り切れでよかったのかも知れません。

で97戦97戦

下がICM72上がRS72です。キットの内容は
97戦

グレイのモールドがICM、茶色がRS.
スタイルは両方ともよさそうです。ハセ(マニア)よりは間違
いなく良いです。
ICMはここでもエンジンにえらいこだわってます。防火壁から、
エンジン支持架さらにキャブまで部品が用意されてます。
きっちり組むのは難しそうです。
ICMのこットは、キャノピーもインジェクションです。
(もっとも私の買ったのはキャノピーに泡が入って
ますけど。ぐっすん)
対するRSは絞ったきゃノピーが1個だけ、コクピット周りは
エッチングで再現するという凝ったつくりです。
こちらもこのあたりをきっちり組むのは難しそうです。
スタイルはどちらもよさそうなので好みで買えば問題
ないのではないかと思います。
それでも二つを比べると作り易そうなのはICMです。
RSは部品の取り付け位置がはっきりせず、しかもすべて
いもつけなので、組み立てるのに一手間かけないと組めません。
ICMはエンジン以外は組み立て易そうにみえます。
但し、ICMは、表面のモールドがすごすぎて(なんと全面凹リベット)
組み立て中にモールドを消すと周りとモールドをあわせられなく
なりそうです。それを考えると作るのも同じくらい苦労すると
おもわれます。

実際の97戦はリベットをパテ埋めして機体表面を
つるつるに仕上げていたそうですし、ICMのはちょっとオーバー
な表現ですが、キットのモールドをみると凹リベットを生
かして作りたくなること請け合い。リベット表現は一見の
価値ありです。
というわけで、どちらもなかなか完成しそうにありません。
メッサー少しずつ
今日は都知事選 今投票を済ませてきたところです。
ついでに散り初めの桜を楽しんで、スペインクラブという
ご飯屋でランチ食べてきました。

たれこめてプラモつくりはるのゆくえしらずもまたおかしか
らずやでしたが、やっぱり桜を楽しむのは良いことでした。

でメッサー、昨日のカウルの説明ではよくわからない
のでピンボケですが画像を一枚
ヒンジ


これで片方のカウルを固定して、残りのカウルのみ可動にして
います。

今日は、小物少々と仕上げ。
シートベルトを作って取り付けました。ベルト

プラペーパーでベルト、針金で留め金、鉛板でバックル作りました
エッチングが出回る前を思い出して、ちまちまとね。
始めシートの後ろにリベット止めしましたが、防弾版がリベットに
干渉していたので、残念ながらリベット撤去しました。
腰のシートベルトは手を入れずついてればいいかと言う状態ですけど

後は翼端灯を製作。
さらに一部塗装開始しました。
色を塗ると、プラの梨地になってるところや、荒れてるところが
気になって、結局、今あちこち磨きなおしているところです。

めっさー

全体のプロポーションはこんな感じ、世のメッサー好きの人には
受け入れられる形なのでしょうか?
私は結構気に入ってます。
カウル開閉
仕事が溜まってますが、やる気がおきません
春だからでしょうか?

さて、先日完成させたエンジン。せっかく作ったし、
リクエストもあるし、やはりここはエンジンカウル
が開くようにしなければならないでしょう。

どうやって可動部を作るかが問題ですが、
本来なら実機のような蝶番を作れば良いのですが
きっちり可動するものを作るのは難しい。
カウルの端が反対側もカウルの中に入るのか、
外に出すのか、プラの厚みがあるので干渉すると
動かない可能性があります。

なので、カウルは片側だけ可動。(エンジンが片側し
か写ってないのでばれてたでしょうが)
両方に真鍮パイプを接着、その真鍮パイプをコ形に
した針金でつなぎました。コの形を調整することで
プラの厚みに邪魔されずに可動に出来ます。

但し、可動させやすい分、ガタも出るので、閉じた
時にピタッとしまらないのですが・・
エンジンとカバーのクリアランスがギリギリなので
他の方法でもがっちりとは閉まらないと思います。
カウル自体厚さもなくペラペラですから。

で結局こんな感じです。
109F2

真鍮パイプと針金見てもらえると思います。これから
の作業を考えて取り外しできるようにしてます。

閉めカウル閉め

閉めた状態です。上面の微妙な隙間と、前面にずれが
出てしまってます。

でもこの辺で妥協しないと完成しそうにないです。
勘弁してください。
昨日のこと
昨日のことですが、エイプリルフールでした。
BM団の中には、小説家宣言した人、おじさん宣言
した人などいて、上手に世間をあざむいておられた
ようですが、私はどうも失敗したようです。

なにが嘘だったかというと、翼端の黄色塗装です。
実は、ICMのキットは翼端が別パーツになってまして
翼本体に取り付けると豪快な段差が出来るのです。
なので、本当はこのように翼端

光硬化パテで段差をならしてました。

このパーツ、別パーツになっているだけあってすごく
シャープに成型されてます。このまま削ると翼端ごと
削って形が変わってしまいそうなので、周りにアルミ
テープを貼って翼端の端までパテが行き届くように
しています。そのあと、盛って削ってを繰り返して
昨日の状態になりました。

パテの様子見ていただくだけで段差がどれだけすごい
かわかっていただけると思います。

キットの名誉の為に書いておきますが
翼端以外は製作中にパテは使っていないですよ。

今日のメッサ
今日もメッサー。塗装です。翼端の黄色塗装始めました。
黄色

この後、機首下と胴体にも黄色を塗ります。

あとエンジンの配線を追加して、色を塗りました。エンジンは
これで完成です。

エンジン

そろそろ、カウルの開閉方法を考えなければなりません。

色は緑にしようと思いますよ。

copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ