taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
ニューワーゲン完成しました。
現行のワーゲンてニューワーゲンからもう一回り新しく
なってるんですね。このキット作って気づきました。

私の好みは、現行型かなって思いますが、ワーゲン完成
いたしました。

組み立ては最後に、タイヤがボディから微妙にはみ出す
っていう罠が仕掛けてありましたが、もともとの取り付け
方法も、あいまいでがっちとつかないので、タイヤのほうを
調整して、がっちり接着することで修正、なので、タイヤは
回転しません。

でわ、画像を。
ピラーをつなぎます。

今さら、完全に修理するのは難しいですが、つなぎ目位は
消しておきます。
ゆがんでますが
結果こんな感じです。
途中で微妙に太さも変わりましたが、歪みを結局とりきれ
無かったせいです。Cピラーから全体に歪んでたのを
前からだけ直そうとしたせいですね。残念。

そうは言っても、完成です。
まえから
後ろから
ひけだらけだったホイールはまあなんとか修正できました。

ワイパーは見事で、修正なしで、ウィンドウにピタッと
貼りついてくれましたよ。

ウィンカーやライトはいろんな、塗りがあったので、ネットで
全体が分かるやつをみつけてそれを基に塗りました。

サイドにマーカーのついてるのもあったり、国ごとの仕様
なのか、個体なのかよくわからんので、これで終了。

こいつは、静岡のキット交換で入手したのですが、だれが
持ってこられたのか、だれか知りません?
完成のお知らせくらいさせて頂きたいものです。

そういえば、家のオカメちゃんの話してませんでしたね。
1週間で退院して、今は治療継続ですが元気です。
今も、肩に乗ってますよ。
ご心配おかけいたしました。
でわっ。

スポンサーサイト
あとは、小物残すのみ
スケビふざけるなって 昔、書いたことありましたが
今回の扉も・・

2式水戦。頭部保護覆がついてますね。
21型改造だし、カット忘れなんでしょうけど
気になりますよね。

今回は橋本さんの含めて、ビネットでの見せ方
や、塗装のプレゼンみたいな編集なので、
細かいことにきにすんなってことなんですかね。

もう一機の2式も、見とれちゃうほどの出来ですが
エルロンが両方下がってるようで。?な感じ。
瑞雲の舵は、気にならないんだし、私のこだわり方が
変なのかもしれませんね。

ちょいと裏話的なのもtoyさんから聞いたし。
文句じゃないですけど。編集の人も、だれも気が付か
無かったのかちょいと残念です。
考証ミスですね。

ワーゲンは、ボディにガラス部品をはめ込んで
他、小物をセットいたしましたよ。
Aピラーは左側が割れました。修理するかどうか
よく考えよう。
やっぱ割れちゃった。

ホイールはひけを修正中。銀に塗るので、もうちょっと
下地を綺麗にしないといけません。

サイドミラーやら、ドアの取っ手なんかも色塗り終了です。
ホイール修正中

でわっ。

さっくりワーゲン
久々の更新になります。
家のオカメちゃんですが、どうにも良くならず
小鳥に強いと評判の病院に連れていきました。

落鳥の恐れもある状態という診断で、即入院
1週間たちますが、家にはまだ戻れません。
症状は回復してきてますので、一安心ですけど。

犬猫以外の動物は、診断実績の多い所に行く
のが正解のようです。犬猫以外は金になりにくい
のでしょう。なかなか、その他の動物は厳しい
ようです。始めに見て頂いた病院を悪く言うつもり
はないです。飼い主の責任範囲でしょうから。
家は、間に合ってよかったです。

でっ、梅雨を縫ってワーゲン進めてます。
磨きました。
色は、もともと飛行機特色のエイザーブルーなので
つや消しでした。磨いて艶出し。
これがめんどくさい。
はめ込むウィンドウも、グリーンに色付けして、
黒のところをマスクして塗り分けました。
この作業がめんどくさいんですよね。

くさびを打ってつなげます。
ウィンドウを合わせて、Aピラーをつなぎます。
ウィンドウパーツにピラーを直付けして修正する
つもりでしたが、胴体パーツのほうが微妙に幅広で
ピラーとピタッと合わず、つじつま合わないので
歪みを減らすように削って貼る付け。
サックと削って
サクッと隙間を消して。(反対側はピンで繋いでます)
筆塗でタッチアップ
筆塗でタッチアップ。
表面の整いやら、艶の問題やらありますが
これで納得して次の工程に進めましょう。

後は、クリアー掛けと、小物で良さそうです。

でわっ。

交換会 キットに手を付けました。
雨続きですね。
うちの、オカメインコの体調が良くなく
不安な毎日を過ごしております。

子供の頃は、動物をたくさん飼っている家の子だったので
動物に名前を付けるのは特別な個体のみだったりして
今ひとつペットを可愛がる感覚が分からずにいましたが
オカメに何かあったらと不安が立ちます。

因みに、家で飼ってた動物は
犬 、台湾猿、おおばたん(オウム)
セキセイインコ、ボタンインコ、ワカケホンセイインコ
十姉妹、文鳥、紅雀、五色鳥、うぐいす、アヒル、ウズラ
にわとり(軍鶏、ちゃぼ、白色レグホン)
亀(ミドリガメ、石亀、草亀、メキシコホシガメ)
金魚(和金、出目金、銀魚、コメット、ランチュウ他)
熱帯魚(グッピー、エンゼルフッシュ、他)
雉の仲間で白いやつ、シマリス、

他にもいたけど細かい種類が思い出せない。
まっ可愛がる対象が1羽になってるので、依存度が違いま
すね。

さてっ話は変わって。
プラモ交換会で手に入れたニューワーゲン、変形を直そうと
ぐにゃぐにゃしているうちにAピラー折っちゃいました。
ウィンドウの合いは良いので、ウィンドウはめて、枠に合わせ
てAピラー繋げようと思います。

というわけで、交換会で手に入れたプラモ、サクッと作っちゃう
ぞをやります。

取りあえず、Aピラーは両方ともカットして。
ピラー切りました。
作業がかなり進んでからの写真ですが、Aピラーカット。
全体にペーパー掛け、ひけもなく、パーティングラインを消すだけで
下地処理完了。モールド色の赤は光が透けちゃってしかたないんで
裏から黒塗りました。車体後半のグレィは仕上げる予定の色です。
そう、サフなしで仕上げていきますよ。

下面はサクッと吹きます
下面は、ブラシで黒吹いて、銀色をブラシの細ぶきで塗って完成。
組める部品はどんどんつけてます。

内装もどんどんつけてどんどん塗っていきます。
内装も簡単に
モールドが甘いので、塗りは丁寧に。
ボディ色でコクピット周りをラウンドさせて塗りました。
ボディ色はグレイ、最後にピラーをつなげるために、メタリック色
パール色は無理。単色で発色の出やすい色を選んだつもりです。
仮組
ウィンドウはめてみて。こんな感じ、ウィンドウにピラーを直接、接着
していこうと思ってます。

このキットの気になるところ。
1、大穴開いてます
フロントのタイヤに大穴が開いてます。今回はふさぎません。
ホイールがひけだらけ
純正の綺麗なホイール。ただ、ひけだらけです。
この修正は面倒くさそうです。

調べたらニュービートルはタミヤからも出ていてそちらが
人気の様子。
でも、レベルのもよさそうですよ。

Aピラー曲げちゃったのが後悔されます。

ではっまた、お手付きを増やしちゃったの巻でした。

最後に、今年の静岡で忘れ物をしてしまいました。
KAZさんの骨折りのおかげで、忘れ物今日届きました。

静岡でご心配おかけした皆様、ありがとうございました。
KAZさん、お心遣いありがとうございます。
ご迷惑をおかけしました。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ