taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
隼完成いたしました。
隼完成いたしました。
小物を整形してくっつけて
細部に色さして、終了。

脚カバーはキットのを薄くして使いました。
汚しは控えめ
脚カバーは薄く
隼
スピナのみ、ジャンクと交換しましたが
あとはキットそのまま、ストレート組です。

派手派手な隼になっちゃいまいしたが
これにて終了JMCに間にあいましたよ。
スポンサーサイト
隼続き
隼を進めますよ。
まずは、銀塗り、今回はブラシでブーッと
ガイアのスターブライトシルバー吹きました。
コレは、フレークが大きめで、クリアー分が
多いです。たっぷり吹きつけて塗膜のクリア
のなかにフレークが沈むように塗るとぎらぎらの
銀色になってくれます。(ちょっと日本機に合わ
ない感じですけど)
んで、クリアー吹いて表面を整えときますよ。
表面が整ったら、面相筆でマーキング入れて
行きます。
面相で書き書き
斑点のイメージを整えながら、塗り重ねます。
様子を見て塗り重ね
隼の斑点は、整備やパイロットが磨いてぼけ幅
なくなってきているやつや。
塗装のはがれで斑点になってるやつなど。
色々あるので、その辺を考えながら、縁をはっきり
させるのか、ぎざぎざにするのかとか考えながら
適当にね。
デカール貼って様子見
で、デカールを貼って様子見。迷彩のパターンを
追加したり、減らしたり調整。
さらに書き込み
こんな感じですすめようかと。思います。
反対側
反対側です。

排気管後は、油を含んだウェスで磨くことになる
のでコクピット周りは迷彩が落ちると考えました。
後は、小物と細部塗装になりますね。

銀色、筆じゃないのかって?フォッケにつや消し
クリアー吹くのにブラシ出したのでついでにね。
修行じゃないんだし、楽に楽しくね。

フォッケはつや消しクリアーを吹いて、エナメル
とタミヤのウェザリングマスターで汚し塗装。
排気管やオイル汚れを書いて終了。
私にしてはかなりきつく汚しました。

そうそう、フォッケの脚カバー、脚のピンとうまく
合わないので、穴の位置を調整しないと
脚カバーうまく付きません。脚カバーが弱点の
キットって結構多いですね。仮組が欠かせませんね
フォッケ汚し終わり
両方とももうちょっとです。
では。
間にあうか隼
私も嫁さんも40台になって中高年の仲間入りしている
ということで、きみまろ爆笑ライブを見に中野サンプラ
ザに行ってきました。年齢層は私たちが年少組に入る
くらいでしたが、爆笑ライブの名に嘘なく大笑いして
帰ってきました。
時間調整に中野ブロードウェイにも行きましたが、
サブカル好きにはたまらんとこですね。
微妙に好みとずれたものが多いので、物欲は抑えられ
ましたが、一度時間かけて訪れて見たいものです。

というわけで、模型は進まず。
あとは、5,6日の土日で詰めないと間にあいそうにないぞ。
13日はホビーフォーラムもあるし、その翌週はもうJMCだし。
隼 今更
隼は、今更ながら、フラップ上面の微妙なひけが
気になってけづり直したりしてます。あとは水平の
位置固定の為のピン打ちとかね。
形にはなってるのでなんとかなると思いますが、時間なく
なってきたぞ。

フォッケは、デカール貼りまでは、終了しましたよ。
というところで、今日はここまで。
では。
とりあえず隼から
伸介が法律より、893が役に立つって判断して
たってことなのに、行列・・て番組まだやるん
ですね。役に立たない弁護士って言われてる
ようなものなのに、出演弁護士って恥ずかしく
ないんだろうか?

さて、隼と百舌スタートさせました。
とりあえずカテわけは隼から、作業の多いほうを
カテゴリーに加えていきましょう。

申し訳ないですが、製作を追う方は両方見てくだ
さいね。って今までもカテわけいい加減でしたっけ

まづは、筋彫り。
筋彫り中
ざっとキットの凸を凹に変換。
エンジン抜き
カウルの位置決めの部分を削り取れば、後からエンジン
を入れられるので、色塗る前に胴体が接着できます。
コクピットは後からはめられます。
72のコクピットなので、キットのままで追加工作無しで
行きますよ。
フォッケはここを抜く
フォッケもコクピットを押えるモールドの前側を削り
落とせば、コクピット後はめ出来ますよ。
ということで、塗装は後回しで、胴体接着しちゃい
ます。

しかし、このフォッケ、キャノピーの天蓋が小さすぎて
合わない、調整しようにも風防側は分厚くて所定の位置
に収まらない。なにか対策がいりますね。
キャノピー使い物ならないぞ
では。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ