taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
コンテッサ完成いたしました。
前回色を塗り重ねますって言いましたが
ちょっとルーフを削ってみたら良い感じ。
ルーフ磨き
調子に乗ってこのまま磨いちゃいました。
エッジの色周り良くなかったようで何箇所か
下地出しちゃいましたが、もうめんどくさく
なったので、仕上げていきます。
本当はコレを中研ぎとして上塗り、磨きと
工程踏めば、かなり鏡面にできるんですが・・
全部磨き
しかし、トランク周りは、塗料の重ねが
少なかったようで、色むらまで出ちゃったので
ここだけ、修正塗りして、磨きなおします。
塗膜薄かった・・
トリムもマスキング最小限にして、ぼってりと
筆塗り、TOY的に仕上げていきますよ。
小物調整
小物は保持の方法を考えて、整形。ワイパーや
ナンバープレートはぺらぺらになるまで削って
整形。
前
後
完成
と言うわけで完成いたしました。

このキットは静岡の飲み会でゲットしたもの
完成できて良かったです。

筆塗り小スケールなので楽でしたが、結構
凹凸のある車体の為、磨きは大変。
エッジ周りなんかかなり追い込まないと
磨けてないところがめだっっちゃいます。

小物やバンパーは別部品化したほうが磨き
やすいですね。・・でもそんなことしてちゃ
完成しないか。

でも、ライトだけは修正すべきでした。
位置決めのピンがわざとらしすぎでした。

トリムも細くしたほう・・とかデカールも
字が読めるように自作したらとか
やりだすとキリが無くなりそうですね。

とりあえず、コンテッサ終了の巻きです。

では。
スポンサーサイト
筆塗りに関する2,3の事柄
コンテッサ上塗りを重ねてます。
塗り塗り
赤はなかなか一様に発色しないので重ねて
塗っていきます。
つやつや
今の艶はこんな感じ。

さて、筆塗りに対して2,3の事柄
1、筆塗りは塗膜が厚いっていうのは嘘です
黄色や、赤が発色の発色を考えてください。
これらの色はある程度の塗膜の厚みがないと
発色しません。なのに筆塗りだとうまく発色
しない、つまり、筆塗りだと塗料が発色できる
までの厚みがなかなか稼げないのです。

発色を急ぐ余り、濃い塗料を塗ってしまうのが
塗膜が厚いと思う第一の原因、第二はこの濃い
塗料が乾燥までに細かいディテールに流れ込み
デティールを埋めてしまうことがなのです。

2、筆塗りはエッジに弱い。ブラシでたっぷり
塗料を吹くと吹いた面全体に表面張力が掛かり
エッジに厚く塗料がのります。やりすぎると
たれますが・・
筆の場合、塗る面積が狭い為、筆の端の塗膜は
厚く内側は薄くなります。塗料の粘度、筆への
含み具合がちょうど良いと、表面張力で内側へも
塗料が引っ張られるのでわりと均一になりますけ
ど・・筆でエッジを塗ると筆先がエッジのトコで
強く当たって、そこにはうまく塗料がのりません
エッジが立っているところはそこだけ塗料を置く
ように塗るなど工夫が必要です。

3、色むらと、筆むらをごっちゃにしている人が
多いです。色むらは重ね塗りすることで消えます
が筆によるむら塗膜の凸凹は消えません。きれいな
塗膜を作るには重ねぬりで色むらを消して、その後
筆むらをペーパー掛けで消せばいいのです。
勿論筆むらは塗装の味だと思う人は消す必要ありま
せん。

4、プラ地にそのまま塗るより、何か色を塗った上
に塗るほうが綺麗にぬれます。明るい透ける色は
下地を一様にしないと1、の理由から綺麗に塗れません

5、筆むらを消したい人は凸凹が大きくなってくると
塗り重ねでは消せませんので中研ぎが有効です。

6、下地をべろりとしたときは、乾くのを待って
ペーパー掛けして、下地を平滑にして下地が剥がれて
いる場合は、下地塗ってペーパーかけてもう一度平滑な
下地を作って塗りなおします。

こんなところなので、今コンテッサは色は一様に見えま
すので筆むらを消す為のペーパーがけに耐えられるよう
塗料の厚みを稼ぐ為、もう少し塗り重ねます。

では、

最後にスケビふざけるな、表紙の作例が紙面のどこにも
載ってないってどうゆうこと?

一時でも、頭頂覆の付いた2式水戦の写真が見つかったの
か?なんて期待した私が馬鹿でした。
ともわれ、わかみやんさんの記事も載ってたし。
ロケッティさんの連載も読めたし良かったか。
アカデミーのME163って、縮尺がおかしいってのが最近の
定説だが、キットの出来がそんなに良いな作ってみたく
なりますね。

では。
コンテッサも塗り始め
プールに行く以外は殆ど家から出ずに過ごして
ます。
いろいろやりたいことありましたが、ごろごろ
と無駄に時間を過ごしていますよ。

さて、ポルシェはちょっと休憩。
コンテッサです。

ここら辺で収拾つけないと終わりそうにないので、
色を塗り始めました。
こいつは筆塗りでつるっと仕上げたく。
一度砥ぎ
ざっと下塗りして磨きました。色はクレオスの
スーパーイタリアンレッド、なぜか4本も塗料を
ストックしておりました。
色が載ってきた
もうちょっと重ねてぬりましょう。
ブラシで塗っても、筆で塗っても、最終的にペーパー
で研ぐのだから、工程は一緒です。小スケールなら
手間はそんなに変わりません。
突き詰めている人はブラシのほうが平滑に塗れるので
ブラシじゃなきゃダメですけど。
お手軽にね、やっていきます。

ポルシェ、バックミラーつけて、ウィンドウ周りを
黒塗りしました。これで、ボディは終了、休み明けに
ウィンドウ請求しましょう。
そうそう、バックミラーにはミラー面の部品がないの
で、プラ板で自作しましたよ。
バックミラーつけた

では。
この週末
この週末、寒い日が続きましたね。
土曜日は、夏の定番タミヤ展に行ってきました。
32は買わないので、特に目新しさもなく、
トヨタのスポーツカーの展示も今ひとつ興味が
わかず、ジャンクパーツを2個だけ購入。バイク
のスペアデカールでもあればと思いましたが
それもありませんでした。
ジャンクのみ
夜は、久々のTV東京のバス旅行番組、お腹痛く
なるまで笑わせてもらいました。

で、プラモはというと。
ループ中
順調にループ中。白塗装後に気になったところを
ペーパーがけ。
反対側
反対側はまあ良いかなって感じです。
もう一回塗って、さらに気になったところにペー
パーかけました。
もう一回かな
もう一回白塗って、下地は終わりにしたいです。

で、今回のメイン、コンテッサです。
小物修正
小物を修正中、板に棒がついてるような造形の
バックミラーを箱絵を参考にけづります。
厚みを稼ぐ為にプラ板貼って、バックミラーの
後が膨らんだ感じになるようにけづります。
白いプラ版が一様に見えるようにね。
あとは、ウィンカーをジャンクからけづりだし
てはめ込んでみました。
ミラーのステーは洋白銀で、光パテで形状を
修正していきます。
ミラーとウィンカー


今日はこの辺で時間切れ。
コンテッサはまだ完成が見えてきませんね。

では。
パラダイスにいきました。
昨日はついてなかった。遊びに行った
プラネタリウムは、貸切で見られず。
代わりにといった展望レストランも
結婚式で貸切。近所散歩しただけで一日
終わっちゃいました。

今日は、朝一で埼玉に出来た、オウムと
遊べる所に行って来ました。
新座のとり村です。飼育保護施設もかね
たところですが、大型のオウムと遊べる
のです。

コンゴウインコやヨウム、オオバタン、
キバタン桃色インコ、タイハクオウム
等と遊んで来ました。
パラダイス キス

目当てにしてたオオバタン(子供の頃家に
いたんです。)とは仲良くなれませんでした
が、他のオウムやインコとは楽しく遊びま
したよ。

ということで、土日時間もとれず。
車は進んでませんよ。
ポルシェコレがループか
ポルシェは筋彫りや面修正中心、またサフか
けないといけませんね。
コンテッサウィンカー合わない
コンテッサは、ウィンカー合わせてみたら
合いません。ウィンカーに合わせようとして
削ってるうちに穴開いちゃいました。
これは修正大変だわ。
ウィンドウトリムの塗りわけしやすいように
筋彫り入れたり、これももう少し修正必要
ですね。

車の世界はなかなか進まないですね。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ