taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
トリプレーン2回目
トリプレーンじゃなくて、トライプレーンって言う
らしいです。でも今更ねー。
と言うわけで、家のブログではトリプレーンです。
中身適当
飛行機モデルは、組み立てる為にコクピットを
作らなきゃいけません。
というわけで、計器版、大きさは48並ですが
いいでしょ。
で、整形時に削り落とした、コクピットの縁を
プラ棒で貼り付け。
大穴の空いてる椅子は穴だけ埋めてそのまま
使いました。
貼り線準備しなきゃ
エンジンとかも塗って組んでみました。
足の支柱はキットのを削りこみました。
タイヤが回転したりするギミックは潔くオミット。

機銃もぬるいデティールのまま、形状だけ削って
使用することにします。
次回には、色塗りと貼り線ですね。

そうそう、ミラージュF1のキャノピーやっぱり
絞りなおしました。
前回ミラージュ更新から3個絞ってようやく一個
使えそうなのが
いつものこと

絞ってるうちに、少しはうまく絞れるようになったので
すが、そうすると、想定していたプラの厚みより薄く
絞れるようになってきてしまいまして、ちょっと小さく
なってます。

世の中ってうまくいかないものですね。

では。
スポンサーサイト
お手つきだらけで収拾つかない
朝起きたら雪が降ってました。明日も雪の
ようです。連休は引きこもりましょう。

今、佳境に来ているミラージュ、停滞中の
FX、バイク祭りのNSR、製作宣言したビゲン
とお手つきだらけですが、もう一個製作
宣言して地味に手を入れてるのがありました。
貼り線祭りのソッピーズトリプレーンです。

色々製作の合間にちょこちょこやってましたが
ここで、カテゴリーわけさせてもらいます。

貼り線をいつやるか、いつ塗るかとか試行錯誤
で進んでませんが、ようやく形になってきまし
たよ。
トリプレーン
後から
仮組できるようにあちこちにピン打ってます。
ピン埋めしてます
薄いパーツにピンうちするときは横から穴あけて
ピンの入る溝掘るほうが簡単です。
で、全体のバランス見ながら少しずつ。
水平垂直は半分以下
このキットは、金型改修時に尾翼周りだけ作り直
されているそうで、翼や胴体とテイストの違う
尾翼が入ってます。そのため尾翼周りだけ分厚い
ので、半分以下の暑さにしてます。リブのモール
ドは無視しますよ。
さらにそのままつけると、ラダーと胴体に大きな
隙間が開くので、取り付け位置をずらして調整し
ています。
穴開けなおし
エンジン取り付け部は仮組すると上につきすぎ
下面と合わないんで、下面優先であわせてます。
そうすると軸の取り付け部が下がりすぎるので
一旦埋めて穴を開けなおしました。
そのままくっつけて、下面にプラ板貼ったほうが
楽だったかもしれません。

しかし、どのタイミングで貼り貼るべきなのか
なかなか難しそうです。

では。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ