taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
DFS Kranich Ⅱ クラニッヒ完成です
年越しモデリングに参加中だった、AZモデルの
クラニッヒ完成しました。

今まで、更新しても人気のなかったグライダーです
が昨日は、カウンターがぐるぐる廻ってます。
時代が変わったのか?

んで、

昨日の時点から、まずは、キャノピー取り付け
の為の足をつけましたよ。
キャノピーセット
塩ビ絞りのキャノピーは、糊代をこさえないと
位置が決まらないし、隙間もうまりません。
組み立て完了
キャノピーはフューチャーワックスにつけて
透明度を上げたんですが、触るのが早かったようで
触ったところをゆがめちゃいました。
ゴム系の接着剤で留めて隙間を瞬接を流して固定
しました。
やっぱりだめだった
一度色を塗ってみましたが、傷やら形の変なところ
が一杯出てきました。仕方なく修正。

もう一回、色塗りなおしてキットのデカールで
チェコの機体に。 ようやく完成です。

キャノピーのフレームは、デカールの細切りを貼り
込みました。デカールは透けるのを避ける為に
銀色のデカールに色塗って貼りましたよ。
もうちょっとフレームが細いほうが実感でますが
キットのキャノピーの枠もそれなりに太いので本気
でやるなら、プラ絞りでもしなきゃいけません。

形状変更してスマートになった機首に橇はそのまま
つかないので、橇は中を抜いてピン留めしました。
結果的にこれは正解、そのままつけるより大分よく
なったと思います。
もう一枚
完成2
完成
ようやく、完成いたしました。
さっそく、がらんどうさんの掲示板に行ってみたの
ですが、今は入れないみたいです。
報告はあとでしましょう。

それでは、皆様、本年も宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト
クラニッヒ進めてます。
正月休みも、もうすぐ終わりです。
今年は、正月に入るなり、嫁が熱を
出して寝込んでしまい。
夫婦ふたりで、閉じ篭りひきこもりの年末年始
でした。

嫁は熱が下がって元気になったとたんに
仕事初めで出社していきました。

で、合間をぬってクラニッヒを進めてました。
まずは、胴体を接着してしまいます。
きり飛ばしたところをふたします。
胴体を貼り付けたら、切り飛ばした胴体下面にプラ板で
ふたをします。
プラ板を貼ってラインを作ります。
センターにガイドとなるプラ板を貼ります。
ここは、橇の取り付け部になるので厚めのプラ板を
使用します。
パテで整形
削ってラインが出たら、光パテを充填し削りだします。
写真は、凸凹を埋める為に黒瞬接をパテ代わりに塗って
いるところです。
こんな感じに
削って胴体作って、翼を取り付け。真鍮パイプをガイド
にしてがっちり瞬間でつけました。
士の字に組みました
絞りのキャノピーを切り出して、位置調整を小一時間。
ほぼ隙間無しまで追い詰めました。
フィッテイング
それでも、若干段差がでるので、背中にプラ板貼って
調整中。何とか明日には、色塗りたいです。
無駄に精密なコクピット
コクピットは計器版やら、シートベルトがエッチングです
他の部品と比べて場違いに精密です。
何とかキャノピーの透明度上げて、中見えるようにしたい
ものです。

では。
今年も参戦。がらんどうさんのところ
今年も、年忘れプラモ大会に参加します。
http://galland3.web.fc2.com/donnamondai11/2011.html
参加キットはこいつです。
クラニッヒ
AZモデルのクラニッヒです。
クラニッヒパーツ
キットの部品一覧、部品数は少ないですが
コクピットにはエッチングが奢られてます。
絞りのキャノピーも2個ついてますよ。
こいつでさくっと行きますよ。

実機写真と比べると
で、止めときゃ良いのに、実機写真と比べて
みます。
機首周りが上下に太いですね。修正するべきか
別の実機写真。
翼には透明部分が・・
翼の上に透明部分がありますね。コレって共通
なのでしょうかね。キットにも該当するところに
四角いモールドがありますよ。
2枚目のクラニッヒはキットのイメージに近いです

スキッド(機首そり)部分を覆っているので胴体が
太く見えているのですね。
キットはこの辺混同しているのかも知れない。

仮組
とりあえず、仮組み。上半角が決まりませんが
平面形はよさそうです。

さてさて1月5日までに作れますでしょうか、では
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ