taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
大体完成
大体完成です。
とりあえず静岡に持っていける状態じゃないかと
あとまだピトー管やら、翼端灯、垂直の機番
とか、汚しとか、アンチコリジョンライトとか
キャノピーのアンテナとか、尾翼のアンテナの
塗りわけとかありますが、
ちまちまと静岡までに出来るところは手を入れて
出来ないところは笑ってしまおうかと思います。
やっぱりミラージュカッコいい。

みらげ

みらげ


次もみらげ作ろうかなって気になりますね。
スポンサーサイト
ミラージュデカール
あと一週間ですね。梱包の方法や出品カードやら
やることが増えてきました。皆様も追い込み中のことでしょう。
あと一頑張りですね。

さあ、ミラージュです。
デカールの画像は準備できました。
今回はインクジェットで作れると話題のデカールを使います。
インクジェト

まずは、紙に印刷してサイズの調整
画像打ち出し

サイズ確認

サイズをあわせてみます。まーこのくらいでいいか。
この後、アルプスプリンターで下地の白を印刷し貼り付け。下地の
印刷にもインクジェット用デカールシートを使いましたが、インク
ジェット用のデカールシートはデリケートなので、下地用のデカール
シートはインクジェット用でないほうが良いと思いますよ。
アルプスの下地

デカール作成

さらに、インクジェットプリンターでデータを印刷します。
綺麗に印刷できてます。アルプスなら一色ごとに色指定しないと
いけないので、複数の色が一回で印刷できて便利です。
インクジェット用のデカールシートは印刷面の
上にクリアーを掛けて乾かしてインクを水分から保護しなければ
なりません。
クレオスのクリアーでカバーするのと、マイクロデカールリキッド
でカバーするのと両方試してみました。結果的にはどちらの方法も
使えそうです。
しかし、この工程でクリアーに印刷面が染み出したり、マイクロ
リキッドも筆で塗ったのですが、やはりにじんだりしてなかなかう
まくいきませんでした。

デカールの解説にもありますが、完全に乾かすことが肝のようです。
乾いてるように思えても、完全にはなかなか乾いてないようです。
貼りなおしなどで、しばらくほったらかしになっていた
印刷面にマイクロリキッドを塗ったときは筆塗りでもにじみませんで
した。なので、デカールシートに印刷してから半日くらいは置いて
おいたほうがよさそうです。印刷も、クリアーがけも時間を置いて
完全に乾かすことが大事なようです。

デカール貼り

機首にデカール貼ってみましたが、べろりとインクがはがれました。
上記の乾燥不足と、デカールの貼り方が問題のようです。
私はデカールを指の腹を使って貼り付けたり、位置あわせをするの
ですが、このやり方が結果的に印刷面をいためてしまうようです。
なので、若干印刷より大きめにデカールシートを切り抜いて、透明
部分をピンセットでつかみ位置合わせし、透明部分をりようして微
調整というふうにして極力印刷面を触らない工夫が必要なようです。デカール

デカールは重ね貼りも出来るので、修正も部分的に行えました。
修正貼り

重ね貼りで修正した画像です。
デカール

デカールの余白は、貼った後、半がわきのときに剥がすとビニールの
ように伸びてくっついて剥がしにくいので、ここも完全に乾いてから
大まかに剥がしてクリアーで保護と艶を整えるのが良いと思われ。
デカールのタッチアップも、そのまま塗ると、周りのインクごと全部
さらう可能性あるので、クリアーでの保護後行わないといけないよう
です。重ね貼りも、一度クリアーでデカールを保護した後に行わないと
クリアーの押さえのたりないところが色落ちしますよ。
私はマイクロリキッドを筆塗りした後に修正分のデカールを貼りました
デカールプリンセス

デカール

貼り上がりは、こんな感じです。
プリンセスは色むらになったので、一度貼りなおしました。印刷をしっ
かり乾かして、マイクロリキッドでコーティングしたもので2度目を貼りましたが、乾燥をしっかりしたせいか、にじみもなくうまく貼れまし
た。

インクジェット用デカールシートは、今回使ってみて、かなり使えることがわかりましたよ。でも今回のようにせっかちにデカール作るのでは
なく、しっかり工程ごとに時間をとらなければならないようです。

ちなみに今回の失敗デカールたち。失敗

結構無駄にしました。

ちなみに、プリンターはアルプスが1500J
インクジェットがキャノンのBJS700です。

いまいちの、出来のデカールではありますが、とりあえず山場が
越せました。あとのデカールは流用できそうです。
久々ミラージュ3
連休最終日、昨日の夜までは7日以降の
ことを考えていたのですが。
今日になったらすっかり忘れてました。
明日からどうしよう・・
というわけで、今日の作業。
マーク

ミラージュF1用のマークのデーターを
作成しておりました。
画像ソフトなど使いこなせないので。
ウィンドウズのおまけのペイントで
ちまちまと、これだけで何時間かかったか

これがやりたくなかったので
ミラージュを後回しにしてました。
とりあえず、これで尾翼はOK
フランスはなんで左右でマーク違うかな

国籍マーク、細部マークはハセの
デカールや、別売り利用でなんとか

でもまだ、機首周りや、数字のマーク
のデーターを作らなければなりません。
まったくめんどくさいです。

あと2週間と考えると、来週中には
デカールをあげないといけません。
完成は無理かも・・

んなこと言っておいて、逃避のほうは
クランクケースも工作中。ここも
タミヤ、アオシマ混合でいきます。
クランクケースの前面のフィンは再現
せねばなるまい。
泥沼か?
エンジン

実はフレームとあわすと、排気管がつきません。
泥沼や。
久々ミラージュ2
本当に久々にミラージュです。
しばらく放置してましたけど、とりあえず色を
塗ることにしました。
もうちょっと手を入れたいところもあったのですが
完成しなくなりそうなので先に進めていきます。
資料本が色々手に入って、作業が進められなくなってました。
mirage23

ささっと筆塗りで、粗塗りしました。
なかなか発色しない色なので仕上がりまでもう少し
かかりそうです。しかし、色が入るとかっこいい。
色々こだわるより、荒っぽくても作業進めるのが良いようです。
mirage22

こないだ買ったスポットライトというみらげ本を見ながら
塗ったのですが、本に塗ってる塗装図が写真で確認した塗装と
は左右反転してました。フランス機にもミラーパターンが
あるのかしら?

それと、バイクにも手をつけてしまいました。
玉田号だとか、ロッシだとか言ってましたが、
また市販車です。とりあえずエンジンフィンを薄くしてます。
車種は投げ出すかも知れないので内緒ですよ。ばいく

久々ミラージュ
ピアッツァに引導を渡して、次に作るのも決めましたが。
まずはここから、ミラージュF1です。
これマーキングやりながら部品で完成させていって。最後に組み立てようと思いましたが、全体形が見えないとやる気が出ないので。主翼をつけちゃいました。
水平尾翼はさしただけですが、むっちゃかっこいい。やる気が沸きます。mirage18

今日の作業。垂直尾翼の上のアンチコリジョンライトを作成。
モールドを削って落として、穴を開けて。透明プラパンにメタリックを挟んだものをはめ込みました。mirage19

きらりと光って良い感じ。この後、面一になるまで削って下半分をクリアーレッドに塗ろうと思います。

あとマジステールとF109Fもつくり始めました。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ