taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
Fujimi F4B PhantomⅡ 終了
週末を利用して、完成に持ち込みました。
途中、ダメだなんて書きましたが、派手な
デカールを貼ってパーツを全部つけたら
それなりになりました。斜め前から見ると
2個1にした甲斐があったと思います。
インテークもハセと違って張ってますよ。
ファントム
しわになったデカールですが、一日置いた
らそれなりに馴染みました。ただ、1箇所
あわててしわを伸ばそうと思ったデカール
がにじんじでしまってます。ま目立たない
ということで。
横から
インテーク下とか、垂直前縁とかアンテナ
を無視してますが気が向いたら手を加える
かもしれませんけど。
裏から
下面はこんな感じ。もうちょとコーション
とか細かく塗装したほうが良かったかも。
2個1のつなぎ目はわからないと思います。
翼の折りたたみ機構とセンターパイロン基部
は同じフジミのブリファンからトレード。
ここもフジミB型オリジナルは貧弱なので
トレードの効果高いです。
しっぽ
ハセの排気管を使ったおしり。
サイズはフジミにもぴったりですよ。

出来上がったらそれなりに良くなりました。

ハセの部品は、排気管2個と、翼のバルジ2個
そして、前脚の前側のカバーと5個しか使って
ませんが、JMCには持っていこうと思います。
では。
スポンサーサイト
デカールまで
フジミファントム 粛々と続けます。
おおまかなデカール貼りまで終了。
ここで、失敗。完全乾燥前にクリアーを
吹いて、デカールの一部にしわを寄せ
ちゃいました。
うまくいかないときは、続きますね。

しかし、派手なデカールを貼ると
それなりに見えてきた。もうちょい
頑張ろう。
デカール
派手派手
デカール割れた
裏はちょっと、汚しすぎたかも。

後、大きなのは水平と排気管くらい
なんとかあげられそうです。
こいつはダメだな
ゆっくり連休です。しかし親知らずが治まって
なく、晴れ晴れと言う感じではありません。

さて、ファントム、今まで何機作ったのか、
144LSなんかも入れると6,7機は作っている気が
します。しかし、気に入ったものは数えるほど
です。
今回も失敗ですね、うまくいきません。
しかしながら完成には持ち込みたいわけで。

下地
基本塗装まで終えました。ウォークウェイライン
はデカールの細切りで対処。KWATさま考証あり
がとう。しかし、一定の幅でラインをそろえられ
ない。スキルの低さが目立ちます。
排気
排気周りもささっと塗って、
早くデカール貼って、完成にしてしまおうと
思います。

そのうち、リベンジしたいですね。ファントム。
久々にW更新
何故に猿一匹で大騒ぎせねばならないのか?
ほっときゃ何にもしないのにね。

NHKのキラッと生きるって番組のバラエティ
コーナーが余りに突き抜けていてドッキリ
します。個人的には応援したいのですけど
続くのか不安なところですね。

さて、ファントム。久々放置から作り出して
みると・・筋彫りが均一じゃないとか、水平
にスリットがあるのかどうかわからないとか
なぜ放置したのか原因をいちいち思い出しま
す。そんなこともうどうでもいいやって
ほったらかしにして、先に進めてます。

翼と胴体をくっつけました。
表
殆ど隙間が出ない。すり合わせはしてますが、
フジミのキットの素性のよさがわかるところ
です。
んでね。2個1にした弊害が出てる、裏面。
裏1
隙間が無くなるように慎重に合わせ調整。
裏2
接着して削って隙間をけしたらこんな感じ。
裏3
隙間埋めだけでは、インテークと胴体部品の
ラインが合わないので、エポパテで修正。
案ずるより生むが安しですね。
うまいことつながってくれましたよ。

下塗りしながら、筋彫りや、表面を修正して
いきますよ。

では。今日は東京湾花火大会なのでこの辺で。
インテークをつけました。
友人の初盆に線香を送ろうと思って、銀座に行って来ました
学校を卒業してからずっと会ってなかったので、連絡とらな
いのが普通でした。なので、ふと思い出したときに一瞬生き
てるような気がしたりします。
送り状を書いているときも、家族の名前を知らないし、携帯
には個人の携帯番号しか入ってないし。
個人としかつながってない最近の風潮を実感として感じて
きました。

で、ついでに面相筆も買いましたよ。

ファントム、インテーク接着で隠れちゃうところに色をさし
てようやくインテークを貼り付けました。
インテーク
ここに段差や隙間が出来るとかっこ悪いことこのうえないの
プラ板貼って段差を消します。
そうそう、ベーンはぶりから、インテークはフジミB/Nからで
す。
削った
消しました。こうゆうところは小さな番手のペーパーで一気に
削りますよ。
肩張ってる
ぐっと肩の張ったインテークになりましたよ。
ちなみに下面はこう、胴体もつけてから細部にてを入れていき
ますよ。
下面
筆でちょこちょこだと、組み立てながら塗れるのでこうゆう時
は便利ですね。

では。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ