FC2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
鐘軌色を塗ってます。
今日はここまで。
マーキング
色々つけて、ざっと色塗り、今回は尾翼マークは手書き
なので、下塗りまでを終了。矢印は黄色に矢印前の
帯は赤にしようと思います。機首の黒塗装は写真でみる
限り、6:4でないほうが優勢な感じですが、ないと塩ビ
絞りのキャノピーの周りや、機首の形状の甘さが隠せ
ないので、確信犯で塗りました。
この機体は、下面もグレーで塗ってるようです。

多分29戦隊だと思います。最近では蒼天の?って野原氏の
本で髑髏マークの29戦隊の鐘軌が紹介されてますが、
矢印の29戦隊はめづらしいんじゃないかと。ネットで写真を
見つけて以来作りたかったんですよ。スピナは実機写真にも
写ってませんが、矢印マークにあわせ黄色にしようと思って
ます。
スピナ
スピナは、キットのをきりつけて、ラインが直線になるよう加工
こいつでいこうと思います。
細部
色を塗る前の写真。コクピットはキャノピー内側にガイドを設置
照準機設置しました。明り取りの窓はヘッドレストからの距離が
近すぎたようで、ガイドとの位置関係が合いません。リサーチ
不足ですね。構造物がそろわないと今ひとつ位置関係がつかめ
ません。
フラップガイド
色塗り途中ですが、前回苦戦したガイドレールはこんな感じです。
前回よりかなりよくなりました。エルロンの作動管カバーもちょっと
手直ししましたよ。
前から
こちらも色塗り途中。キャノピーは少しのパテ埋めでつけられました。
第一キャノピーの横のフレームはキャノピーの内側についてます。
これを再現しようと、内側に黒デカールを細切りにして貼ったんですが
位置が奥過ぎました。しかし、目立たないのでこのまま無視しようと
思ってます。
塗装後やり直し
オイルクーラーは、もうちょっと扁平にしようと思ってけづり込みました。

結局ここは、塗装しながら、やり直さないといけなくなりました。
いらんことしてしまいましたよ。
早いトコ、目処をつけたいです。

ちなみにネットでの画像、広いものなので消すかもしれませんよ。
消すかもですよ


あるところにはあるものです。
今日は静岡の端っこでお仕事でした。暖かいし、富士山は
綺麗だし、桜は咲いてるし、仕事なんかしたくないって感じ
でしたけど。
現場に行く途中で、2軒の模型屋を発見。
仕事終わりにそのうちの1軒によってみました。場所は
沼津インターを降りてすぐの、桜のさく公園の隣。ヨコタホビ
ーというところです。店はラジコンに強かったって雰囲気で
す。品揃えも20年前は最強だったんだけどって感じです。
でも最近のキットも少しずつ補充されている様子。
そのお店でとうとう見つけました。これです。
とーねーど
ロングノーズの48トーネードです。もうすぐ新金型が出るんで
すけど結局買っちゃいました。価格は当時価格の1800円で
購入できました

お店には、プロターのバイクが一杯ありました。プロターは他に
24のF1や12のF1もありましたよ、誰か漢のF1でやらないかな
締め切り延びてるみたいだし。
プロターバイク用のスポークホイールセットが5000円であったり
欲しいものもありましたが止めときました。財布に余裕がないと
きの訪問でよかったのか悪かったのか?
良かったとおもいましょう。

んで鐘軌も少し、前回つけたフラップガイドですが、どうにもかっ
こ悪いです。エルロンカバーなんかも実機と違う形なんですが
スルーしてます。我慢できます。しかしフラップガイドはダメです。
自分でやったんですが我慢できません。と言うことでけづり落と
してしまいました。

んで、再現をどうするか試行錯誤中です。
まずプラ板に切り込みをつけて、アルミテープ貼りました。
試行錯誤
裏から爪楊枝で窪みをつけていきまして
ピンボケですが
写真はピンボケです。うまく接写できません。

そのままだとぺらぺらで形状が保存できないので
光パテを窪みに充填して形状固定してみました。
でも失敗、うまくいきません。パテだけ綺麗に剥がれず
ぺらぺらなので、型として再使用も出来ませんでした。

結局木型
次に、型押しに使っていた爪楊枝を削って木型を作成
結局一手間掛けたほうが早道なのか?
これを透明プラ板に貼って、お湯丸くんでかたどり
そしてその型を利用で光パテで複製しました。
とりあえず複製
この、あげは蝶のタマゴみたいなのが複製です。

今日はここで力つきました。とりあえず7個作ったので
今度の休みにでも試してみようと思います。
うまくいきますように・・

ではおやすみなさい。



2式戦形になりました。
先日、月島にある神戸牛を看板にしてた焼肉屋 博博が
神戸牛を実は2割しかつかってなかったとばれてました。
この店、ご近所の有名店なので一度行ったことがありま
す。食べてると、この肉はこう焼いて、このたれをつけて
とか、うるさいし、従業員は、常連客とばかり馴れ合って
いて感じの悪いことこの上ない店でした。なので、一度
しか行かなかったんです。今回の件は、TV、マスコミでも
報道されてますが、こんな態度の悪い店を名店として持ち
上げていたのもTV、マスコミです。しかし、その件を謝罪
するようなニュースは聞いたことがありません。

悪いのは店で、TV、マスコミはだまされた被害者だといい
たいかのようです。

嫌ですね。

と言うわけで、2式戦です。
きりちゃんこ
きりちゃんこにしていた、コクピットを胴体に設置しました。
コクピットは椅子と操縦桿だけですよ。
つなぎ合わせ
削って、磨いてを繰り返して、ようやく胴体がつながりまし
た。元々のキットのタイヤはホイールの形状が違ってたの
でジャンクのタイヤを流用、超有名機のタイヤなので何の
タイヤかすぐばれそうですね。
小物もつけました。
サフが苦手なので、全体に銀色を塗って、傷や形状を確認
そして磨き、また銀を塗って磨きを繰り返し、表面を整えま
した。ようやく表面が整ったのがこの状態です。
バランスタブやラダー索カバー、エルロン索カバー、フラップ
ガイドレール、翼端灯なんかも追加しました。
もうちょっとで、塗りに入れそうです。
オイルクーラー
オイルクーラーはこんな形にしました。もう少しつぶれた形
のような気がしてはいますがこのあたりで手をうつしかなさ
そうです。機銃は、翼前縁ラインより上から出ているので穴
を開け直しました。

そうそう、小物では、第一キャノピーの側面のガラスはカーブ
ガラスのようだとか、カウルの空気取り入れ口の所だけ色が
違っているとか再現できないところもありますが、先に行きます

後は、機首の機銃のガス排出口をあけて、照準器をつけて
カウルの空気取り入れ口の形状を少し見直してみようと
思います。
次の更新はNSRかな?
機首をやり直し
鐘軌ですが、全体形に目処がたって
きたので、そろそろ小物をって書いていた
気がしますが、どうにも似てない気がして
きて・・・

機首を見直しました。
正面
機首先端に向けてかなり削り込みました。
開口部もプラ板を貼って小さくして、機首上
の空気取り入れ部も結局作り直しました。
空気取り入れ口は、ちょっと大きかったかも
知れませんね。
側面削りました。
横から、こちらも、カウルの最大幅の所から前
の部分を思い切って削り込んで見ましたよ。
ちょっとよくなってきた気がします。
上からすぼめました
上からも、ここもカウルの先に向けて細くなるよ
うに削り込みました。
大分良くなったと思います。
カウルの開口部が内側に巻き込んだようになっ
って収束しているように見えるようペーパー当て
てみましたが、表現が弱かったようです。

スピナは結局キットのものを切り詰めました。
ちょっと直線的なラインにして使おうと思い
ます。
斜めから
斜め前から、大分イメージ良くなってきた気が
しますよ。

着陸灯も追加してます。
いろんなプラモのこと
先日、お仕事の合間に寄った、厚木の某所に
ありました。
入会しようか
市民講座にプラモが、しかもスケールっぽい
ワンランク上を目指しましょうか?
生徒さんになろうかと一瞬思いました。
市民権を得てきたのでしょうか?

TV東京系で深夜やっている 鉄道模型って
番組、真鍮の機関車のキットを作っている
番組です。真鍮のキットを造るだけでもマニア
ックですが、がんがん細部工作やら、追加工作
していきます。こりゃモデラー必見ですよ。
元祖レールクイーン豊岡真澄ちゃんが車両紹介
してくれますし。鉄道への興味が今ひとつなのが
悔やまれるくらいです。

漫画、「少女ファイト」、女子高校生バレーもの
熱血アンド心に傷少女成長するって感じの漫画
ですけど、主人公の練ちゃんの趣味はプラモデル
です。劇中作っているのは鉄道模型のストラクチャ
ーですが、タミヤのマークがあちこちあったり
結構なすきものだと見た。

で、自分の模型趣味ですが、
キャノピー絞りました。
しぼり失敗
縁をちゃんと伸ばしてたので、途中でちぎれても
キャノピーは大丈夫。こういう所が、型を大きめに
作っておいて、上のほうだけ使えば大丈夫という
ところなんですよ。

こんなかんじ2

んで、キャノピーあわせて全体確認。
うふってなる瞬間です。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.