fc2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
隼完成いたしました。
ファイン隼完成いたしました。キャノピーはハセガワだけどね。

思えば、ハセの隼のほうがファインより似てるのに、ファインの
隼のほうが世間の評価が高いのっておかしいんじゃないって
のが出発点だったのに、結局ファインの改修になっちゃった。

今回、行き当たりばっかりで作ってファインは、フィレット形状。
胴体の断面が丸いこと、キャノピーが胴体に乗ってること、機首
の形状、カウル開口部の大きさ、足が長いことを実感しました。
ハセは、ファインより上記の欠点は少ないですが、胴体が縦方向に
高い。胴体下面が出てると、改修が困難みたい。でも次は、ハセ
を弄ってみたいです。

私の隼は、仕上げにつや消しクリアー吹いたら、上手くいってた筆塗
銀の輝きやてらてら感が無くなってザラザラになってしまいました。
下面には銀が流れてムラになったところも・・・
出来上がってすぐは、キャノピー回りも補強フレーム再現すれば
良かったやら、オイルクーラーにメッシュ入れたら・・とか反省するの
ですが、雰囲気が基キットより良くなったので、良しとします。
CIMG4366.jpg
CIMG4367.jpg
CIMG4364.jpg
CIMG4365.jpg
CIMG4363.jpg
汚しは控えめにしてます。

でわっ。
スポンサーサイト



隼 パーツは全て付いた。
ファインの隼、パーツは全て付きました。
後は、製作時に削り落としたコクピット横のバルジの復活
と、汚しやら細部塗装が少し。
今回色々弄って、ファインの隼のネガが消せたと思います。
CIMG4356.jpg
CIMG4355.jpg
パーツ状態ですが、ファインの胴体そのままだとこんな感じ。
CIMG4358.jpg
フィレット周り、コクピット前の胴体の茫洋とした雰囲気等
大分変わったと思ってます。

まあ、模型誌なんかでみても、ファインの隼のほうがハセより
似てるって評価多いみたいだし、ハセの32の隼もスタイル見直す
より細部工作と塗装で魅せます。って紹介多いし・・それが今の
プラモ製作の主流なんでしょうけどね。

細かい所ですが、足は1㎜程短くなってます。足カバーまで先に
付けて組んでたので、取り付け部の穴を大きくして奥まで突っ込む
形で短くなるようにつけました。
スピナも基部が長く感じたので。
CIMG4352.jpg
台座の方を削ってます。以前組んだときの残りのスピナよりちょっと
背が低くなってます。

最期に、プチネタ。この歯ブラシをダイソーで見つけて買ってみました。
CIMG4357.jpg
細い毛がびっしり植えてあります。これで、筋彫り跡とか刷けば、粉が
綺麗に落ちてくれます。あまりに使い勝手が良かったので紹介です。

隼 デカール。
隼、点々書きこんだので、デカール貼りました。
エアロマスターのデカールです。1997年物でしたが
なんの問題もなく貼れましたよ。
CIMG4351.jpg
CIMG4350.jpg
点々ですが、多分実機より間引きした感じになってます。
まあ、これで隼は一段落。あとは小物と艶調整ですね。
完成が見えてきました。

でっラファールですが白を少し塗っては、表面の修正。
いつ終わるかまだ分かりません。
進捗だけ報告。
隼、翼の敵味方識別帯塗ろうかと思ってましたが
先に雰囲気楽しみたくて迷彩に手を付けました。
デカールのコピーであたりを取って、迷彩を書き込んで
ます。

CIMG4349.jpg
隼 色塗り始めました。
隼のほうが、ラファールより先に進み始めてます。
隼、色を塗り始めました。

先ずは、全体を銀色に、クレオスの8番を筆でペタペタ
塗ってます。塗っていて出てくる磨き傷とか、埋められてない
隙間とか、パテ修正してまた、銀塗って、なんとか全体を
カバーするところまで。
CIMG4337.jpg
CIMG4338.jpg
ここまで塗ったら、全体形が見えてきて、また気づくところも・・
フィレットのエッジ利かせすぎました。もっとダルくしたほうが
良かった・・フィレットあたり、ファインの隼で一番変な感じが
してたところだから、表現がオーバーになってたんだな。

あと、機首の機銃のブラストチューブがでかいのか?もう
少し上で幅せまいほうがいいような?でもここは触れない
気にしないことにしよう。どうせ黒に塗るし。

カウルのスラストラインも本当もう少しだけど前下がりに
なったほうが良かったかも・・

まあいいか。基のファインよりはいい感じだし。
世間的は良いキットだし、私だけが騒いでるのかもしれないし

小物も進めました。
CIMG4339.jpg
フォークは、両側から削って真ん中に峰が立つようにしてます。
基本塗装は早めに終えて、迷彩塗ってきます。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.