FC2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
マジステール 胴体貼り合わせ
マジステール進めました。胴体を貼り合わせ、各部の合いを
調整。ようやくコクピットを仕込みました。
002_20210404211823cdf.jpg
003_20210404211825ac7.jpg
シートベルトは、紙創りのドイツ機用を流用しました。
計器盤はまだ付けてません。
コクピットの後ろの衝立は、メタル部品。
バキュームのキャノピーと断面合うようになってますが、
そのままつけると、キャノピーが浮きます。削って高さ
を低くして調整してます。部品つけるごとに合わせが
必要。
001_20210404211823977.jpg
キャノピー合わせて、大きな部品をつけてみました。
また、パーツの表面は、戦車の鋳造肌のような、微妙な
荒れが広がってるので、ペーパー掛け必至。マジステール
48も今は、AMKやら、キネテックやらあるので、
このキットに手を出す人も少ないでしょうが、中々の歯ごたえ
のキットですよ。こいつ。
スポンサーサイト



お手付き、強化期間
岡山、雨です。ハリケーン続けようと思いましたが、
雨の日に色塗るのもめんどいなーと蜜柑山見て
ましたら、マジステールが気になりました。

キットを複数積んでる機体がいくつかあるのですが、
マジステールみたいなマイナー機が、48でCM170
がキネテックとフォンドリーで2個、キネテックは2機入り
なので都合3個。フォンドリーのゼファーが1個。
計4機分。
72は、こないだ、エレールを処分したのに、スペシャルホビーで
2個、ゼファーが1個の計3個も積んであります。

つい、出来心で、フォンドリーに手を伸ばしました。
フォンドリーは、ふた昔前の簡易の王道。雑なプラ部品とと、荒いレジン
でコクピット等が入ってて、小物はホワイトメタルやエッチングです。

全てのパーツに手を入れないと組めないめんどくさいものです。
まづは、レジンのコクピットが、胴体に収まるように、レジンを削り
倒します。

入れ物になる、プラの胴体も、コクピット入れるところは表面が凸凹で
しかも、プラモ厚いので、均しながら、薄く削ります。

修業かなってくらい削って、ようやく、収まりました。
003_202101241818458ff.jpg
レジンは、フランスやイギリス物に見られた、固くてもろいやつです。
においが臭くないこと以外、メリット見出せません。

脚庫も再現性の悪いレジン。翼にくっつけて、上下を合わせますが。
胴体と違い、翼のプラは薄すぎてピシッと決まりません。
仕方ないので、桁を入れました。
001_20210124181848721.jpg
ペラペラのプラですが、後縁は厚いので、裏から削って薄くして
貼りつけてます。
排気管の穴なんかもプラの厚みで半分埋まってるので
胴体の一部を切り取って、薄く加工しました。
CIMG3484.jpg
おおざっぱにキャノピー切り出してみて、仮組。
004_202101241818485eb.jpg

雰囲気は悪くないです。そうそう、機首も切り離してます。
ここに、前脚を組み込む必要があるので、後で加工できる
ようにしてます。

流石、古い簡易、形にするだけで、大変です。
小物関係の工作は苦手だし、ゆるゆるやります。

ハリケーンは、着陸灯を加工しましたよ。
でわっ。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.