FC2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
タミヤ メッサーG6 完成してました。
メッサー完成してました。

エデュとタミヤ、2個作ってましたが、エデュは色塗り中に
壊れてしまいました。残念。

2個やってると、色々比べるわけで、組み立てや、部品の
作りこみはエデュも中々ですが、スタイルはタミヤの圧勝
ですね。

ハセもタミヤと並べると、胴体の太さが気になってしまう。
しかし、タミヤはプラモデルとして凄すぎて、一昔前みたいに
このG6をベースにF型やK型に改造しようなんて思えないですね。

バリエーションならハセのがアドバンテージあるなー。
キットもタミヤより簡単に形に出来るし。

エデュは、私が作ってたのは一番最初に出たやつなので、
他のバージョンは金型改修されてスタイル見直されてるかも
しれない。エデュもありですな。

そのうち、ズベスタのG6も作ってみたいですね。
でわっ。
CIMG3457.jpg
CIMG3456.jpg
CIMG3455.jpg
CIMG3454.jpg










スポンサーサイト



色塗り塗り メッサー
 タミヤ メッサー上面をさっくり塗って、下塗り完了。
CIMG3438.jpg
今回は、タミヤの塗装図を見て、スポットを塗り塗り。
ぼかさず書き込んでみました。
CIMG3439_202010312115248bf.jpg
CIMG3440_20201031211525204.jpg
うーん、なんか違う気が・・・まいいかと進めます。
デカール貼った後に、薄いスポットを少し書き足そうと思います。

エデュはですね。こないだ、模型を積んでた突っ張り棒を利用した
棚が崩れて、巻き込まれて壊れてしまいました・・
というわけで、タミヤのみ進めます。
メッサー組み進めてます。
いろいろ、忙しいのに後回し。こうゆう経験ありますが
逃げ行為ですね、良くない傾向です。
早く、立て直さなきゃ・・・

でっ、2000馬力、コルセアに続き、我国ものにしようかと
思ったり、ハセ 48 F16出して来たりしてましたが。

作りかけのままだった、メッサーを進めます。
なぜ、ほったらかしてたかっていうと、タミヤとエデュアルド
の2機を一緒に作ってて、色を塗ったり、作ったりのタイミン
グが合わず。一個ずつやるのめんどいなってついあとまわし
になってました。

両方、ちょっと組み立て中心に進めていきました。
エデュは、機首周り、排気管を内側から接着させるように
なってて、色塗りの手間から機体を塗ってからはめたほうが
良さそうと、工程を考えてましたが、あと、プロペラ差し込む
だけなので、なにか受けを中に加工しようとしたりして、機首
周りの組み立てが滞って、ましたが形にならないと気分が
乗らないので、排気管取り付けて、プロペラの受けを組み込
んで一気に組み立てました。
CIMG3436_2020102516585661f.jpg
キャノピーもマスクがついてるので、後塗りにして貼りつけ
ました。

タミヤもキャノピー貼りつけて、胴体下面は脚をつけてから
貼る仕様なので、先に脚つけてピトー管も黄色に塗るために
先に接着して、と組み進めましたよ。

これで、さっくり色塗っていきます。
CIMG3437_20201025165857f7c.jpg
CIMG3435_20201025165854950.jpg
CIMG3434_20201025165853399.jpg

黄色の下塗りの白塗りとざっくり下面まで塗ってます。
上面塗って早く、基本塗装終わらせたいです。
メッサー形になりました。
CIMG3338.jpg
エデュアルド、タミヤともに、士の字になってます。
タミヤは機首、フラップがまだついてませんが、隙間も
なく付くので、明日には組めるでしょう。
エデュは、排気管を胴体裏から止める形なので、
機銃パネルを塗装も大体終わってからはめようとして
ます。ここ仮組では、まったく隙間、段差なかったので、

エデュの排気管と言えば、前回エントリーでも書いてますが
CIMG3341.jpg
タミヤと比べて、1.5倍くらいの高さがあります。
でも、エデュのはスライド金型使ってて穴が開いててこれは
これで、すごい精度のものです。

タミヤと一緒に組んでるので粗に見えますが、エデュだけで
組んでると気にならなかったと思います。

機体全体が縦横に少し大きいのも、ハセ、タミと一緒に作らないと
気にならないでしょう。完成品も色塗った奴見たら気が付かない
かもしれません。なんたって迷彩塗装ですからね。形も大きさも
わからなくなりますよ。

色まだ塗ってませんが、タミヤスゲーですよ。

色々作ってますが、頭一つ抜けてます。
メッサー作るなら、G6、G5ならタミヤ一択。

塗装バリエーションやいろんな形式作るなら、ハセのG型以降が
一番。作りやすくて、タミヤの次に、似てると思います。
タミヤがバリエーション出して来たら・・ですが、作りやすさは
ハセの武器ですね。

F型はエアフィックスも未だにいい感じですが、表面デティールは
キットではなく、作り手の技量次第なのでお勧めしません。

プラモデルとして楽しむならエデュ。スタイルは、ハセ、タミヤの
ほうがいいですが組みやすさと、超絶モールド、エッチング付で
豪華な説明書、等、これも捨てがたい魅力でしょう。キットの
バリエーションも多いし、
スタイル云々も、私の作ってるのは初回版ですので、G6後期型
とか胴体やり直してるし改善されてるようです。

ズベスタのG型まだ作ってないけど、胴体の形とかからあの似てない
F型から違ってますので、改めて作ってみたいです。

CIMG3339.jpg
エデュのキットは、翼と胴体のつなぎボルトのカバーの形が違うので。
パテで修正。
あと、下面に段差が出たので、パテ修正。
CIMG3340.jpg

合いの調整もこのくらいで、ひけの修正でパテ使ったくらい。
すごい精度です。

でわっ。
さくさく組めますよ。
エデュ、タミヤ48 メッサーに手を付けました。

どちらも、新しいキットだけあって、サクサク組めます。
特に、タミヤの合いは驚異的。普段古いのばっかり作ってると
驚くばかりです。

エデュは精密モールドがいいです。単機で組んでれば、気にならない
のでしょうが、タミヤと組んだり、先にハセとか組んでると、翼が一回り
大きいことや、機首が短いんじゃとか思ったりもしますが・・
単体で見ると気にならないレベルです。

エデュもこの後に出たメッサーで見直しあったようだし、一番初めに
出たやつだけなのかもしれませんけど。あと排気管が太いので、
そのせいで機首が短く見えるのかもしれませんね。

でもエッチング貼りつけるだけで、コクピットもすぐできるし、(老眼にはきついけど)
CIMG3337.jpg

凄いと思わせてくれるキットです。

タミヤのは、タミヤの説明書の色指定をクレオスに入れ替えるのが
メンドクサイです。ついあとまわしになっちゃいます。

今、こんな感じです。
CIMG3336.jpg
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.