FC2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
モノグラム F5E 完成いたしました。いや完成にしました。
残ってた部品3個を付けました。ピトー管を金属化して取り付け。
排気管は、いつもの筆塗、メタリックカラー磨きで光らせて。
機首下のアンテナを付けて部品は全部つきました。

汚しとか、ちょっと時間ある時にもうちょっと手を入れようと思いま
すがこれで、一度区切り完成にいたします。

持っていた古いマイクロスケールの指定がベトナム迷彩でした。
が出来上がってみると、A型のスコシタイガーみたいですね。
昔の塗装なので、アンテナとか、インテークとかなくて、スッキリ
機体だったのが好みで良かったです。

でも、次回はアグレッサーにしよう。

モノのキットは長くF5作るならこれってキットでしたが、作ってみると
すぐに形にはなるんですが、分厚く凸凹のインテーク。フラップなんか
も凸筋で再現されてたり、レックスが分厚くて実感なかったり。

ちょっと気になるところが多いキットです。基本が古いしね・・。
問題にする方がおかしいんだけどね。

作られる人は、インテークベーンは別に作り直し、翼と胴体は分離して
組み直す。キャノピーは開けるのが基本のキットなので、閉めるのは
諦めて開けて作る。細かいことは気にしない・・といいですよ。

取りあえずの完成ですが、
CIMG3360.jpg
CIMG3361.jpg
CIMG3362.jpg
CIMG3363.jpg
CIMG3364.jpg


スポンサーサイト



F5E モノグラム 色塗りましたよ。
連休ですが、コロナもあり近所しか行ってません。

給付金も、スクーターのフロントフォークからオイルが
漏れてまして、修理代に飛びそうです。しかも、修理
を受け付けてくれるのが、9月に入ってから・・
たいがいやな。岡山のホンダウィング・・・・

嫁さんも給付金で、自転車買ったのでお互い残りは
あるけど、まあ終了。

というわけで、プラモをゆるゆる進めてます。

F5Eは、大きな部品は付きました、基本塗装も大体終わり。
大まかなデカールも貼りました。
小物と、細部塗装、仕上げ塗装を残すのみ。って結構まだ
残ってますね。
CIMG3351.jpg
CIMG3352.jpg


合間合間にP51作ってます。こちらも大まかに組みました。
キャノピー回りが合い悪いし、キャノピー自体も透明度は
いいけど、表面が凸凹してます。
ここ苦労してます。排気管も出来が悪い。A型用のはいい
出来なのに。

ここまで作って、色々見ると、このキットは、基がA型なので、
無線機の位置が違ってたり、防弾版がなかったりするそう
です。がもうくんじゃったのでスルーします。
それでも、シートには、ファインのナノアビのシートを奢ります。
CIMG3354.jpg


さくっと組んで色塗りたいです。
CIMG3353.jpg
しかし、このキット、プラ質にゴム分が多いのか、やすり掛け
も傷だらけになるし、筋彫りは決まらないし・・作りにくいっす。


まだ、組み立てが続いてます。
CIMG3300.jpg
F5は懸念のインテークの加工が終わりました。

ついでに、REXと前縁を薄くしてやりました。翼を切り離して
組み立てていましたが、REX薄くするためにも、切り離していて
正解。1.5㎜は削ったんじゃないかな。

あとは翼つけて、塗りながら、筋彫りとかの修正かな。
休み中に色つけて、筋彫りやり直していきたいね。

間にユニモデルのメッサーも組み立て中。
CIMG3302.jpg
発売されてるのも知らない人多いユニモデルですが、わがブログの
初期に作ってる、ICMのメッサーの正常アップデート版って感じの
エンジン、コクピット、色んな型を作るためのサービスパーツって
キットです。

以前 ズベスタ作ってるときに、パーツで見てこっちの方が絶対
似ていると思ってたんです。でっ組みあがりまで資料を見ずに
一気に組むことにして、

今ここら辺。翼と、胴体はまだつけてないですけどね。
CIMG3301.jpg
色々甘いとこありますが、組んだ雰囲気はなかなか、パーツは突合せで
貼りつけていきますが、仮組で会うところを見つけて行ったら画像の通り
パテ使うことなく、組めます。位置関係がおかしい所は、エンジンとコクピット
の納め方とか、ラジエターフラップの組み込みくらいで、さくさくっと形にし
ました。
タミヤ出るまでなら、結構戦闘力あったキットだと思いますよ。

まあ、開口部の大きいインテークとか、透明度の悪いキャノピーとか。
削り倒さないと使えない防弾版とか、似てないプロペラとかありますが

組むと納得のG6になります。本当は、高い垂直にエルラハウベ
のG14にしたかったんですが(キットにパーツはついてます。)
デカールがなかったんで、手持ちの別売りに入ってるG6にします。

細かいことは気にしないで作って、塗装の練習にしようと思います。
でわっ。
お家にこもってますので。
まあ、家におりますので、毎日こちょこちょ弄ってるのですが
パッと見全然進んでません。

今日は、切り離して、縁を薄く加工していた、インテークと
ベーン。
ベーンは縁にプラ板を貼って、角を出してます。ここは、もし
作られる方いたら、プラ板で自作することをお勧めします。
私が、基キットを使いたい性質なだけで、変な苦労する必要
ないですよ。

インテークも切り離した所に、プラ板貼って形状と合いの調整
CIMG3297.jpg
インテーク内は、プラ板貼って、素通しをふさぎました。
インテークからプラ板まで距離が短くて、プラ板見えますが
気にしないことにします。ダクトなんか仕込んでられません。
でっ、どうするか迷ってた、排気管。中を抜いて薄くしてます。

パッと見良くなりましたが、ここも中身を作りこむか、蓋するか
もう一悩みしましょう。
CIMG3298.jpg
あとは、小物を少々。足カバーを薄くしたり。
ライトを透明化したり。
CIMG3299.jpg

あともうちょい、ですが、中々塗にまで持っていけませんね。


F5Eコクピット
F5は無改造、にて、さっくりやってますが。組み立てのやりやすい
様に、弄ってるけど。

コクピットは昔、北海道にいるとき買ったので、もう15年は確実に
寝かしている(ということは、キットも17.8年は寝てるんだな)ブラック
ボックスのレジンを組み込みます。

ブラックボックスと言えば、当時(上記参考)今までのレジンと違い
微調整でキットに組み込めるのが売りの一つだったもの。

ところが、このコクピットセットは、キャノピー開けた状態を再現する
様になっているもの。でッ。私は、キャノピー開きで機体を作るのが
嫌なので、当然、閉めるべくあちこち弄ります。
なおかつ、レジンの周りの悪い所も多く、欠けや、整形不良も見られ
ます。

1時間以上格闘して、こんな感じに組みました。
003_202004211935090bf.jpg
002_20200421193507283.jpg
001_20200421193506000.jpg
特徴的な、キャノピー開閉用アームは、上手く納められず、カット
どうせキャノピー閉めたらわからんわ。

でッ色塗ってこんな感じ。
006_20200421193733449.jpg
004_20200421193731941.jpg

穴のでかい、機銃口も埋めて様子見。これで胴体上下合わせられるか?
胴体のライトも埋め込んでからにしよう。
007_202004211937368e5.jpg


デカールも上記の15、6,7年前にトーボブの別売のアグレッサーの奴
買ってた記憶があり探したんだが見つからない。
マイクロが2枚ほど見つかったが、どうしようかな。キットのデカールは
モノグラムって感じのテカテカの固いやつで使う気しないし・・・



copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.