FC2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
ハセドラ 48フォッケD9 完成です。
今日は、暖かい12月の一日。福岡マラソンや、嵐の
コンサートの人出をかわして、天神クリスマスマーケットで
ビール飲んでました。昼からポカポカ陽気で飲むのはうまい
ですね。

でっドーラは早起きして、小物、エッチングパーツを塗って
貼って完成致しました。

今はもう古いキットですが、トライマスターで出た時の驚き
フィルターも取れて無く、いいキットでした。

空冷の排気管の窪みを埋めたのと、水平尾翼の取り付け
角度を変えたこと、あとは尾輪が飛び出してつくように見え
たので、短くなるようにつけただけ、スタイル、細部はキット
ままです。
では、尾翼周りから。
CIMG3069_201812021714539b6.jpg
キットもってる人は、短くつけた尾輪、角度を変えた水平が
わかっていただけるんじゃないかと。

CIMG3068_20181202171452e75.jpg
CIMG3067_201812021714515ae.jpg
CIMG3066_20181202171449210.jpg
久々のモットリングが決まらなかったですが、エナメル黒で
ウォッシングしたら落ち着いたかな。

いつもの筆塗、デカール仕様、クリアーコートと脚庫だけエア
ブラシでした。

PS、モデルアートの筆塗特集、筆塗の実験集みたいでしたね。
実際に作ってる人に塗り方聞いたらいいのにね。
少し前でも、加藤さんとか、古かったら、中田、小坂、遠藤、斉藤
とか筆塗モデラー一杯連載してたのに。
筆塗なのか新塗料なのか軸足がぼけてる感じですね。

でわっ。
スポンサーサイト
ドーラを進めました。
忙しくなってくる年末。先週末で終わらせたかったドーラ
ですが、完成までには持ち込めず。あと少しです。

CIMG3059.jpg
CIMG3060.jpg
下塗りまでは、終了してました。帯とスパイラルも筆塗。
クレオスのGXの白を使いましたが、これが裏目に・・
CIMG3061_2018112604480741a.jpg
インクスポットも筆で、前にメッサー3機作った時に
それらしく塗れたので、今回も同じようにやればいいや
と思ってましたが、うまくいかない。
前回は3機連続で塗ったんで練習出来てたんですね。
しかも、塗ったの4年も前だし・・いろいろ忘れてるわ。

塗装図では胴体横はヘビーなモットリングって書かれて
ますが、実機の写真も見つからず、想像で塗ってるのも
原因です。

あとで調整することにして、この辺で一旦あきらめます。
CIMG3064_20181126044834666.jpg
CIMG3065_20181126044835c1b.jpg
デカールは始めキットの中心に貼りましたが、スパイラルや
帯に塗った白とデカールの白の色味がまったく合わない・・

翼の国籍マークは、サイズの合うのをメッサー用別売り
デカールから流用。1は、白デカールからの切り出し。
注意書きはキットから、胴体の国籍マークはサイズの
合うのがなかったのでキットのを使って、白の上にクレオスの
白を薄くのせ、少しだけ発色を改善いたしました。

マーキングの様子見ながら、モットリング追加して。
つや消しクリアーを吹きました。(ここはエアブラシでね)

少しスミ入れして、今こんな感じです。

尾輪は、そのままつけると飛び出しすぎるので
ちょっと引っ込むように位置を調整してます。
サイズもでかい気がする。

もっと暗い緑にしたほうが良かった気がしますね。

でも、後は小物少々で完成させられそうです。

2歩下がる
ハセドラD9、基本塗装終わりと書きましたが・・
やり直し。
このキットは翼の下面に金型の差し替えによる
段があるのですが、出っ張ってるところを削り
落とせばいいわと安易に処理していたのですが、
下面に色塗ってみたら金型差し替えのあたりに
面の乱れが・・・

段になってる周辺が、凹んでいたようです。
改めて凹みにパテを入れて、削り直し
CIMG3058.jpg
なかなかすっきりと進みませんね。

このキットはキャノピーの防弾版とか、キャノピー側に
付ける使用です。
設計では、可動出来るようになっていたんだと思われ
ます。
CIMG3057.jpg
でも、作業がめんどくさいので。胴体側に接着してます。

これで、キャノピーも付けてしまいたいところですが
後でつけようと思ってた椅子が上手くつきません。
トライマスター時代は椅子はエッチングなので仕方
ないですね。

というわけで、色塗りの基礎もまだ終わってないです。
フォッケの下塗り
昨日は久留米の鳥類センターに行ってきました。
こじんまりとしていて、低年齢向けの遊具も
充実していて、のんびりできるいいところでした

ついでに、隣の青少年科学館に行ったら、
福岡県内の実業高校が揃って展示即売会
を行ってまして、可愛い女子高生からカリント買ったり
可愛いお兄さんから餃子の包み方習ったり
しましたよ。

さてっプラモはというと、フォッケの色塗り始めました。

ざっと下塗りまで。
色味を合わせたり、塗ってわかる割れ目やひけを修正
したりして、やっと下塗りすみました。
CIMG3055.jpg
もう少し塗り重ねて、デカール。終わりが見えてきた。
パテ作業
P40、始めたので、ちょっとあとまわしになってた、D9
パテ作業を行いました。プラモ始めた頃なら、プラ板
貼って削ってたところです。

CIMG3037_20180923232601368.jpg

作業が止まってた原因の一つ。
機首と翼の接続部の窪み。ここは空冷フォッケの排気管が
纏められてるところ。
液冷には必要ないのでD9には窪みないんじゃないかと
おもいまして、いろいろ写真やら見たんですが、そのもの
ズバリの写真は見つからず・・説明書の線図にはしっかり
窪みが書かれてるし・・
迷ってましたが、埋めました。根拠は何となくですが・・

CIMG3036_20180923232559191.jpg

水平の角度を変えたので、穴の位置を修正。

CIMG3035_201809232325588c1.jpg

フォッケの翼のパネルは、翼と胴体のつなぎ目をまたぐ
所があるので、そこだけパテ埋めしています。

気になるところは、埋めて無いことにしたので、
これで次に進めます。

P40ですが、ネットで画像漁ったら、ハセのデカールの
基が見つかりました。
スピナーは説明書で青ですが、赤説もあるようです。
P-40N-Warhawk-10AF-80FG90FS-Burma-Banshee-White-49-1943-45-01.jpg
どっちに塗ろうかしら。

でわっ。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ