taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
ズベスタ G6
お久しぶりです。バタバタ続きで更新空きました。

さてっ昔、メッサー3機作りやった時に、プラモとしては凄い
けど似てないんだよね・・って言っちゃったズベスタのF型

最近、そのズベスタからG6が発売になったんだけど、これは
発表写真を見るとかっこいい。F型のキットとは別物みたいです。

F型作った時、私なりに似せようとして後部胴体の高さを
縮めたりしたんですが、似せきらずに終わっちゃってました。

なので、G6は、どこを改修してかっこよくしたのか知りたくて・・
買いました。エデュもユニもハセもあるのに。
ズベスタ G6

先ず、胴体の高さが違うと思ったところ。
胴体の高さというより角度が
翼の取り付けを固定して胴体を合わせますと・・・
尾翼のついてるほうがG6で、短いのがF。G6の後部胴体
は角度がついていて、上に上がってます。胴体の断面形も
G6のがメリハリついてます。
ここが胴体のもっさり感の基だったのね。これは気づいても
修正難しいわ。

他の飛行機のキットでも翼の取り付け角のせいでかっこ悪い
こともあるし、胴体全体のアウトラインのせいでかっこ悪い時
もあるし、一回で見極めるのは難しいですね。

ここのカーブが・・
縦方向に間延びした感じのあったカウル。構造物が多くな
ったせいで見た目が、改善されたのかとも思いましたが、
ボールペンでラインを入れた当たりの曲率が違ってます
、このあたりから丸くなってるので、間延び感が消えてる
みたいです。
微妙なカーブが違う
右がG6ですけど。2時方向に膨らんでますね。

私がF型作った時に変だなと思ったカウル、後部胴体には
やはり修正が入ってました。あと一つ、排気管下の厚みの
とこは変更なしでした。空気取り入れ口がG型は大型化す
るので、組んだら違和感なくなるのかもしれません。

エデュアルドのG6も初回販売のG6から胴体改修されて
るって話だし。メーカーもめっさ大変ですね。
ハセも懐かしい話ですが、E型の胴体を1回改修。F型と
G型で胴体を再設計なんてしてますしね。

というわけで、積プラを増やした話でした。

さてっ、もう一つ言いたいことを、今日は文句言いですよ。
筆塗特集って・・

筆塗特集って、シタデルカラーの特集すりゃいいのに。
シタデルカラーの紹介がメインみたいだし。

長谷川迷人さんは、筆塗もしますって言ってますけど
全体は塗ったことないんじゃないかな。
ラッカー塗装に関しては、一般論も一般論。実際に塗ってる
人だとは思えません。

リターダーで伸びが良くなるって、筆塗ラッカーメインの人
でリターダー入れて伸びの調節してる人なんているのかな?
いないと思うけど・・

戦車も船も汚く仕上げて筆塗ですってやられてる感じ。

飛行機も素人向けですよって言いたいのかな。
筆で大面積塗って細部はエナメルでって。

ブラシ塗りの人だって、細部は筆じゃないの?
それこそ筆でラッカー使って細部塗れるし、エナメル使う
ならフィギュア塗るように書き込めるでしょうに。

筆塗するなら、アクリル、ラッカー、エナメル揃えなきゃ
って提案なのかな?

普段、筆塗じゃない人集めて筆塗させてもね。
まだ加藤さんに塗ってもらって、筆塗のテクスチャー楽しもう
のほうが分かりいですよね。
私は、筆でも平滑に塗りたいし、筆塗とブラシと違和感ない
ように塗りたいですけど。。

まっ筆塗、デカールなんて素人仕上げは少数派だなって
思わされました。筆塗のテクニック的にはあまり参考に
ならないかも。

でわっまた。









スポンサーサイト
静岡で目に留まったもの
静岡で目に留まったのをランダムに貼ります。

以前ほど、写真に収めなきゃってのがなく枚数も
減ってますけどね。

あれだけ作品あっても、色んなとこで紹介されてる
作品かぶってるの多いから、見せ方とか、作りこみとか
やっぱり何かあるんでしょね。

謎作品
ということで、今回の一番。(ぼけちゃってますけど)

これはきっとがあるのでしょうか?改造なのか。
なんか、目が離せない少し不気味な感じまでしてる。
時代が時代なら、祠に納められて神様扱されるんじゃ
無いでしょうか?ぼけててすいません。
モデルアートで活躍中の女性もデラーさんの作品でした。
チョイ前なら、ほぼスルーしてたフィギュアですがこんなのも
これもぼけてる・
飲み会の時にも話しましたが、凄いんです目の塗りが・・
でもぼけちゃってます。腹ペコ山男さん作なので、きれいなの
みたい人は直接リクエストしてください。画像は縦なり、横なり
にしてみてくださいね。

さらに、これ35のメイドさん。
デジカメをだますやつ
これは別の人の作品ですが、撮影していると家のコンデジの
顔認証が働きだしました。AIを狂わすなんて、一枚目で人心を
狂わすし、フィギュア、ひとがたは心を狂わす何かがあるんですね。
ようやく気づきました。
フィギュアのラスト。
これもとなんなのか
キャンディーズです。何かのおまけなんかな?

ここ見てここ
前も作ってましたよね。
凄いのを二つ、
みんな、ストラクチャーに気を取られてた、かぽう氏の
スペースシャトル。タイルの表現がパネイっす。
表現方法も伺いましたし、思っているより簡単ですよ
って言われてましたが、決して進んでやりたくなるものでは
ありませんでした。静岡で目を引くようなのはやっぱどっか
いかれてやがります。
下は、フルスクラッチのX29前にも新谷かおるの世界って企画
で作られてたと思うのですが、まったくの新作だそうです。
まあこんなの作る人に気さくにしゃべっていただけるなんて
嬉しい限りですね。
静岡まだ来たことない人来たらいいですよ。
多分2年越し

これ多分日東のCB、基は古くて全部やり直さないとこうなり
ません。2014年の静岡で写真撮ってるんですけど、これが
完成したんじゃないかな。
CB450だとおもう

これも良くなってる。
これも、去年出てたんじゃないかな、凄く質感が上がってる
気がします。

静岡ならではの凄いやつを少し。
アルミで作ったくらいしかキャプションがなかった。
スクラッチ作品らしい、骨格。なにがなにやら
良くわからんが、すごいですよね。
紙製
紙のお船。
ずらりと並ぶと壮観。
こういいうのもいい
スクラッチのたまご
同じグループのたまごだった。遊び心って大事。
キラキラも塗装にのっとってるから好みの範疇に
なります。

長くなったので、このあたりででわっ。





静岡から帰還してます。
2017年 静岡から帰ってきてます。
9時前に帰宅して、いろいろ片づけて
ました。

いろんな、レポートは、また今後にして
買い物紹介だけ。

キット交換会
この2個は、キット交換会でゲット。
KAZU様、カットニッパー様ありがとうございます。

マジステールはキット交換会でもらったものをサクッと
作るで、作っちゃおうかな。
48 2種

続いて、この2個、ドーラは800円だったので・・
モンモデルは3割引き、タミヤの32に良く似た
良キットと聞いてまして、割引ならよかろうと・・
デカール、歯車
キットを買ったらデカールも欲しくなるってもんでしょ。
エッチングの歯車セットは、ホットナイフがないと使え
ないって言われましたが・・・取りあえず購入。高かった・・
民間機にする。
あとはこの2個、パイパーは民間機で、セスナは新しいのも
他のメーカーからも出ど、結構高いし・・
割引ありで2400円だったので・・

でっニチモは、まじめなメーカーだわ、フロートついてるので
足はついてなかった。足つきにフロートの部品だけ追加しと
けばいいのに・・というわけで、そのうち足を自作して陸上型
にしたいと思います。172Pに改造かな。

あとは消耗品を少々。
消耗品購入。
今回は、買うものを決めておいて、なければ買わないと
思ってたんですが、いろいろ買っちゃいました。
買おうと思ってたのは
バイク VT250 飛行機 72のP38ライトニング、車ハセの
ジャガーXJS グライダー 72のグルナウベイビー
メーカー会場や、フリマもめぐりましたが上記は販売されて
なかったのです。代わりにいろいろ買えば世話ないです。

最後に、帰りの飛行機で、サガン鳥栖の選手と一緒になり
ました。サッカー詳しくないもんで、せっかくのラッキーも
無駄にしちゃいましたが、
2枚ほど写真載せときます。
サガン鳥栖
移動中はラフなのね。








飛燕 見てきました。
飛燕見てきました。といっても、復元された2型ではなく
タミヤの新キットです。

こないだ、東京に行く用事があったので、新橋に寄って
みたんですよ。新橋のタミヤ店舗です。
タミヤ飛燕
パーツです。
凝ったつくりの風防で有名な飛燕丁ですが、正面風防が
曲面になってて、正面のみ平らになってるところまで再現
されてます。ちょいとくどい表現になってますけど。
風防の穴も再現されてますよ。
パーツ数もゼロより少なくまとめられていい感じですね。
クリアー胴体
オマケにクリアー胴体が付くそうです。飾られたのはまだ金型
の磨きが足らないようで曇ってましたけど製品にはつるつる
透明なのが付くでしょうね。

昔の彩雲のときみたいに、キットによって左胴体と、右胴体の
どちらが付くかわからないみたいになってたら・・・
複数買いの人が続出するんじゃないでしょうか。

クリスマスに向けて、楽しみなキットがでますね。

ついでに、浜離宮に咲いていた、桜を
桜が咲いてました。
10月桜だそうです。

でわっ。


懐かしい話
まあ、プラモは子供の頃、王道の遊びでしたから
物心ついたときには、何かしら作って遊んでたわけです。

プラモ屋の棚に売れ残って(箱の価格にシールが貼り足して
あってね。最初600円くらいだったのが1200円とかになって
るんですよ。) いるレベルの32シリーズなんかを作ってた
訳ですよ。レベルの32の52型が当時の私のリアルなゼロ戦
だったんですけど、ちょっと高めのハセの52型丙も買うわけ
で、造り比べになるわけで、そうやって組んでみると、
ハセのが断然かっこいいわけですよ。

そうやってプラモって実物の縮小でも、メーカーによって全然
ちがうんじゃんって感じたのが、私がプラモに足を突っ込む
第1歩目だった気がします。
そうそう、LSの32ゼロ52型は全然似てませんでしたね。
(LSの企画じゃなくて、つぶれそうな会社の金型だそうです)

2歩目は、PPC作品集を模型屋で見たときの驚き。
3歩目は、エアフィックス24のメッサーE型の作例を小坂さん
が作ってるモデルアートを購入したときでしょうか?

というわけで、ハセが新しいゼロを32で出したそうなので
初心に戻るかと、購入してきました。

箱絵のカウルのリベットラインちがうやんなんて細かいこと
言いませんよ、タミヤなんて風防内機内色で塗っていて
これは、浜松の広報館の52型ですか?なんて箱絵だもんね。

言いすぎました。

タミヤのすきを突いたのか、52型丙です。
でも、私は初代32キットをやり直してくれたんだと思って嬉しく
なってたんです。

作るのはいつになるのかわかりませんが、ハセへのお布施
ですね。

年取ると、懐かしいのが嬉しいですね。
新ハセキット
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ