FC2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
P40N ハセガワ 72 完成です。
ハセガワ72 P40N 完成いたしました。

形がいいし、部品は少ないし、いいキットでした。
ただね。機首の排気管が水平でなくちょっと上向
に付きますね。前(機首方向から見てソの字になり
ます。ここは両方の排気管が水平になるよう調整
すれば良かった。あと、後輪の軸が長いかな。

これから作られる人はちょいと気を付けてみて。

さてッ前回まででほとんど部品付いていたわけで、
あとは作り時に切り飛ばした、翼端灯やらピトー管
機銃なんかを付けて塗るだけ。
CIMG3040.jpg
CIMG3041.jpg
翼端灯は、エポパテ練って、筋彫り用の金属定規の
穴に固くなってきたエポパテを押し付けて型取り
(固くなるまで待つのが肝ですよ)出来のいいのを
削ぎ取って接着してます。これを型取りして透明
レジンで抜くと透明な翼端灯ができますがどこまで
追い込んでません。
接着はセメダインのハイグレード模型用を使用。
これ確か2年前の静岡で買ったもの。使い勝手いいの
ですが、こういうとこでしか使わないので全然減り
ません。去年の静岡で、セメダインのブースの人に
「これは、使いやすくて重宝してますありがとう」と伝え
て喜んでいただけたんですが、この調子で使ってると
10年は持ちそうです・・

でっピトー管は同じ時期にP40やってたプラモ名人の
ヒロシさんがピトーのでっぱりまで再現されてて・・
うちもやっとくかってことで、お手軽にプラ片を貼りつけて
おきました。ちなみにピトー管は0.35㎜の虫ピンを切った
ものです。
CIMG3042_20181007044951a91.jpg
CIMG3043_2018100704495249a.jpg
CIMG3044_20181007044953701.jpg
CIMG3045_20181007045941a85.jpg
キャノピーは後ろの2本のフレームが細く決まって
良かった。
タイヤはカバー有がキットのデフォ。実機通り
カバーの縁どりを入れました。
スポークタイプのタイヤもあれば、塗装の
バリエーションに対応できるのにね。

足カバーとか、機首の仕切りとか薄く出来るのは
極力薄くしてます。

機銃とかピトー管は0.4㎜の真鍮パイプ使いました。
この真鍮パイプ、銀座の天賞堂とか、川崎の電車模型
の専門店で買った、肉薄の真鍮パイプです。
九州ではどこで売られてるのだろう手持ち在庫がつきそう
です。ネットで探すと見つかるかな。

さてっ仕掛品が山のようにあっても、1っこ出来ると次が
気になるもの。
CIMG3047_201810070459445e1.jpg
昨日台風で外にも出れなかったので、いろいろ出したり
しまったり。
リマさんが最近完成させた、かっこいいコルベット見て
コルベット作りたくなったり、シボレーならカマロもいいな
って引っ張ってみたり。
最近出たジェミニのイルムシャ―からデカールやら
レカロシートやら、ホイールなんかを取ってきて、角目四灯
を117クーペから持ってきたら、ピアッツアネロとか、カゲムシャ―
仕様にできないかとか妄想したり。

97戦作って最近の老眼に優しく、48のぺロ作を増やそうかとか

CIMG3046_20181007045942db7.jpg

P40の合間にやってたこいつも大体部品ついたし、塗るか。
でわっ。
スポンサーサイト
P40部品がほぼつきましたよ
武士道レジェネーションって本が文庫に落ちてまして
購入、読了いたしました。
武士道16、17、18にて終わったと思ってましたので
続きが読めるなんて・・
映画にもなってるんで、知ってる人もいらっしゃると
思います。

そのジェネレーションですが、文庫で買ってますので
市場に出たのは、1,2年前なんでしょうが、
自虐史観、韓国のウソあたりが出てきます。普通の人
が普通に読む本にこういうのが副題だったりする
時代なんだなと思った次第。巻末に書店員のこの本
にたいする座談会が載ってますが、このあたり、リベ
ラル気取る本屋あたりへの対策なのかとも思ったり

と、
P40ですが、あとは、小物と細部塗装のみ、大まかには
出来てます。
CIMG3038_2018100505481852c.jpg
スピナの色は、結局ブルーにしました。ただ説明書では
ネービーブルーの指定ですが、暗すぎて合わない気が
して、ダルな色のブルーにしました。
どくろは白抜きした上にデカール貼ったおかげでくっきり
白に出来ましたよ。模型的にはメリハリきいてます。

CIMG3039_201810050548200c1.jpg
キャノピーは、こないだからのマスクせず塗りにて、
結局1時間半くらいかけたので、マスクするのと時間は
変わらないかもしれない。風防は、左側にフレームが
1本多いタイプのようです。

防弾版を薄くしたので、キャノピーの枠の太さと比べて
違和感なく出来ました。ここ薄くするだけなのでハセを
作られる人はやってみて下さい。

排気汚れも控えめに、チョーキングで白くなってる感じ
を表現。引きで全体写すと写真じゃうまく写りません
この写真だとわかるかな?

フィレットから後部胴体の感じ。スペホはわかりませんが
アカよりは上です。ハセのほうが雰囲気ありますね。

コクピットや、筋彫り、組み立てやすさはアカのほうが
良さそうですけど。
パテ作業
P40、始めたので、ちょっとあとまわしになってた、D9
パテ作業を行いました。プラモ始めた頃なら、プラ板
貼って削ってたところです。

CIMG3037_20180923232601368.jpg

作業が止まってた原因の一つ。
機首と翼の接続部の窪み。ここは空冷フォッケの排気管が
纏められてるところ。
液冷には必要ないのでD9には窪みないんじゃないかと
おもいまして、いろいろ写真やら見たんですが、そのもの
ズバリの写真は見つからず・・説明書の線図にはしっかり
窪みが書かれてるし・・
迷ってましたが、埋めました。根拠は何となくですが・・

CIMG3036_20180923232559191.jpg

水平の角度を変えたので、穴の位置を修正。

CIMG3035_201809232325588c1.jpg

フォッケの翼のパネルは、翼と胴体のつなぎ目をまたぐ
所があるので、そこだけパテ埋めしています。

気になるところは、埋めて無いことにしたので、
これで次に進めます。

P40ですが、ネットで画像漁ったら、ハセのデカールの
基が見つかりました。
スピナーは説明書で青ですが、赤説もあるようです。
P-40N-Warhawk-10AF-80FG90FS-Burma-Banshee-White-49-1943-45-01.jpg
どっちに塗ろうかしら。

でわっ。
シビック購入
自衛隊の活躍のテレビ泣きながら見てますよ。

さてっハセの2ドアシビック買いました。前にでてた
RSも買ってたんですけど。

2ドアのCVCCのシビックって私の子供の頃、始めての
マイカーなんです。

父親が死んで。(最近のペットや身内まで亡くなるって
表現するのあまり好きじゃないんです。)

もういい年だった母が自動車学校に通って、時間かけ
て免許とって、初めて買った車です。

母の実家に帰る時に家族みんなで乗り込んで、サービス
エリアの食事でもなく、家で握ったおにぎり食べた車。

高速走っても、殆んどキンコン鳴らななかったです。

色はたしか、グリーンのメタリック。(ブラウンかもしれな
い)キットと違って、星のマークが誇らしいホンダマチック
でした。

これは、いつか作りたい。

家は、シビック、トゥディ、ライフとかホンダ車が続いてます。
そんな、母親にこないだ、今乗ってる車が壊れたら、鈴木
のセニアカーにすると言って悲しい顔させました・・・

CIMG3034.jpg

でも、モデルチェンジとかあったのかな、バンパーとか
全部メッキだった気もするんだよね。
3連休終わった。
3連休で進めるつもりだった、P40

持ち帰り仕事終わらせるだけで時間切れ・・

ちょっとだけパテ細工してました。
CIMG3031.jpg
機首のインテークの縁。そのままだと
接合部がVになるので、パテもって。Uに
してます。

CIMG3033.jpg
こういう合わせに溝があるとこは、広くパテ盛って
面がまとまるようにします。翼裏の翼端の付き合わせの
とことかもね。

ひけのひどいコクピットの後ろ・・
CIMG3032.jpg
ひけ埋めて、防弾版ハメるとこもパテで幅狭めました。

ようやく、コクピット塗れそうです。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ