FC2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
コルセア、細部を少し。
あまり、どんな工作しましたって報告しないこのブログですが、
作業を報告します。

まづ、エンジン。
CIMG3407.jpg
キットのままだと、プッシュロッドとシリンダーが合ってない。
プラグコードは、綺麗にモールドされてるし。ここだけやり直し
ます。
CIMG3409.jpg
穴開けて、針金指すだけです。
プロペラ軸は、後ろ側に真鍮線さして、真鍮線の当たるところに
穴開けて、固定します。これで、軸がずれたり、プロペラつけたり
したときに微妙にお辞儀したりすることを防止できます。

CIMG3410.jpg
この後、プッシュロッドに黒色塗って、カウルに収めたら、
針金細すぎたみたいで、全然見えなくなりました。
皆様には、0.5㎜以上のロッドの使用をお勧めします。
カウルは、カウル前部の固定のための、のり代が盛大に
ついてますが、削り落として、ます。中を見たときに
段差が無くなってます。リブやらまで再現しませんけどね。
CIMG3408.jpg
これで、エンジンは、胴体接着してからでも、後ハメできます。

コクピットは位置的に後ハメできないので、床をささっと塗って
固定。計器板は、基キットはモールドですが、いかにも前時代
ぽいモールドです。
ここは同じハセのF4U5Nの計器盤をコピーしてキットの計器盤を
薄くして貼りつけました。5Nの計器盤には目立つとこにレーダー
計器があって、並びが違いますが、そこは華麗にスルーします。
CIMG3411.jpg

翼も、インテークの部品を付けないと、上下貼りつけできない仕様。
ここは、明らかなキットの間違い場所でもあります。
スリットのモールドが5枚になってますが、F4U-4は3枚です。
ここも5Nからコピーしましたが、彫が深くて、上手くコピーできず。
5枚のスリットを3枚に減らして、そのままつけると、横に隙間が
開くので、パテで壁を作りました。
CIMG3413.jpg
CIMG3412.jpg
立体感に乏しいですが、コレクトしたってことで、終了。
これで、大きな部品を接着できます。
でわっ。
スポンサーサイト



連休終わった。
コロナだからと引きこもってましたが、町は動き出してきてる様子。
連休、何となく過ぎてしまった。

コルセアは、大まかに筋彫りしました。修正するところはありますが
これで、先に進めそう。

計器盤と、翼のインテークは修正しようと思います。あと照準器くらい
エンジンもプッシュロッドの位置がシリンダーと合ってないのが気に
なります。。どうしようかな?

CIMG3405_20200922210428f61.jpg
CIMG3404.jpg
筋彫り修正で、ペーパー掛けて、パーツのまくれも綺麗に
なりましたので、仮組の合いは更に良くなりました。
ひけも隙間もないって、なかなか凄いですね。

合間に メッサーも少し塗り進めましたよ。
CIMG3406.jpg





次も2000馬力で。
さて、次は何にしようかなっと。

米軍機が続きますが、今度は、コルセアF4U-4に
しようと思います。
48のコルセアは、タミヤが人気ですが、在庫には
古い金型の、ハセのF4U-4と、新しい金型のハセのF4U-5Nがありました。
どちらも主戦は、朝鮮戦争で、基本守備範囲外ですが
古いほうでいきます。しかし、ハセの5N。タミヤと並ぶか勝るかの
傑作キットですが、なんでこんなマイナーな機体を選んだんだろ。
商売になったのかな?

まあ、作るのは-4の方ですけど。 細部の造形の参考になります。
-5N。写真見て唸るより、参考になりますね。
キットはこちら。
CIMG3403.jpg

取りあえず、筋彫りは掘り直そうと思います。
さっと、黒塗ってスポンジやすりを掛けて、凸モールドを浮き出させま
した。
CIMG3401_20200921213205d02.jpg
CIMG3402_202009212132082e2.jpg
仮組すると、隙間も開かないし。いい感じです。
筋彫り反転させて凹彫りにして行こうと思います。

でわっ。
モノグラム P47 完成しました。
モノグラム P47完成いたしました。
モノグラムP38同様、購入は中学生の頃です。やっと
完成致しました。

一寸、機首周りのボリュームがないかな、とか、翼の
前縁をやり直したいな、機銃の位置を修正すれば
よかったかな、等、ありますが、そういうのは、ハセや
タミさんを作る時に考えよう。

製作は、フロムボックス、ストレート組みです。デカールは
別売り品を使用してます。
筋彫りを反転させて、凹彫りに変更。自作パーツは、
照準器、と機銃、ピトー管くらい。あとは、翼端灯、着陸灯なんか
をクリアー化したくらいです。
シートベルトも、キットのモールド塗っただけです。

CIMG3397_20200921052510e07.jpg
照準器は、雰囲気だけ、自作しました。防弾ガラスは、キットのものを
半分以下の薄さまで削って使用してます。
本当は、バックミラーがついてますが、潔くなかったことにしました。

CIMG3399_20200921052513c2e.jpg
裏、あまり汚してません。ランディングライトと、ポジションライトを
レジンで透明化しました。

CIMG3400.jpg
CIMG3398.jpg
アンテナも厚さを3分の一まで薄くして、キットのままを使用。
機銃は1㎜プラ棒です。一昔前は真鍮パイプ使ってたとこ
ですね。最近は、加工が楽なプラ棒を使うこと多いです。

派手な塗装にとまどりましたが、ようやく完成いたしました。
でわっ。
割れ目の修正
製作中に、色塗ったり、サフ吹いてたら、部品が接着うまく
いってなく、綺麗に割れ目が浮き出てくることありますよね。
こんな感じ。
CIMG3393.jpg
こういうのに、また接着剤流しても上手く、つかない物です。
なので、傷つかないようにマスキングテープで養生して。
傷を掘って、大きくします。
こんな感じ。
CIMG3394.jpg
それで、傷の所が完全にくっついてたら、パテ埋めして修正。
今回は機銃周りが上下に傷つけてるときに、剥がれたので
瞬間接着剤をパテ代わりにして傷埋め。
これで、キズも埋まって、上下も接着できます。

CIMG3395.jpg

傷けしは、傷が小さいと埋めにくいので、一旦大きくする。
急がばまわれですが、有効です。

でわっ。
copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.