FC2ブログ
taki 箱
とりあえず、プラモ製作を中心とした 日々の記録にしたいです。
ジャガジャガやるのもほどほどに
なにが苦手ってマスキングですよ。
貼りこんでるうちに、隠す方と出す方間違えて
ミラーパターンで塗ったり、縁が浮いたりテープの
隙間からにじんだり・・

エアブラシうまく使えないし・・

というわけで、トリムのマスクがめんどくさくて
放置が続いてたジャガーですが、窓のトリムの黒塗装
バンパー周りの黒塗装を行いました。

003_201902110625491ec.jpg
やっぱリ縁に塗りの甘い所が・・
筆で追い塗りしなきゃね・・・

でボディのほうはうまくいきましたよ。・・
で、若干の吹きこぼれがあったので、コンパウンドで
落とそうとしたら。

タミヤのホワイトパテを塗りこんでました。
もう死にました。
ガシガシ剥がすために削ったら、フロントのメンバーの
所が折れるし・・
もう捨てたろうかと思いましたが、

諦めて、パテ塗ったところ中心に600番から1000番まで
磨いて、なんとかサフで被害が留まってたので。
金の下塗り、ボディ色塗りしてみました。メタリックで
塗り直しても、うまくいかないもんですが、しかたありません。

002_20190211062547c0d.jpg
塗り直しのマスキングのラインが見えちゃってますが
マスキングのラインに合わせぼかし吹きして、色味はパッと見
わからなくなりました。なったと思いたい。なってればいいな。

というわけで、先に進めましょうか。
001_20190211062546fb0.jpg

コンパウンド塗る前に、においをかぐことをお勧めしますよ。
でわっ。
スポンサーサイト
fw190 ハセ 48 完成です。
ハセ 48 フォッケ完成いたしました。
大阪女子マラソン見ながら小物をちょこちょこ

一昔前なら、金属パイプを組み合わせたりしま
したが、キットままさっくり仕上げてます。

白は一旦ブラシで吹きましたが、下地が透けたり
して決まらなかったので、筆で上塗り修正して
使ってます。黄色は筆塗。

後は、筆塗、デカール仕立てです。仕上げにクリアー
ブラシで吹いてます。

トライマスターのアップデート版って体の分割で組み
にくいとこもありましたが完成です。

控えめにしたモットリングがいい感じになったと思います。

後輪は、写真で見るとあと1㎜中に入ってるのが多い気が
するのですが、D9のときは調整しましたが、今回はその
ままです。
CIMG3096_20190127214725a5b.jpg
CIMG3097_201901272147269f6.jpg

マーキングはA4では有名な白カウルです。
エデュアルドの指定マーキングにもなってますが、元ネタ
わからず、雰囲気重視で塗りました。

CIMG3095_201901272147249ac.jpg
フォッケウルフ あと少し。
フォッケウルフですが、後部品少々になりました。

カウルと足をつけて、汚しを少し入れました。

空冷フォッケの排気汚れは、シャッターがあるせいで
排気管幅より狭く出て、途中から翼の上に掛かっているようです。

なので、エナメルにて書きかきして、薄め液を付けた綿棒で
調整。

水平にシンナーこぼして、表面を汚したので、右側は後でつけ直し
になりました。

足カバーはバリエーション対応で2分割です。形状もよく合いもいい
ですが厚みが気になるところ、薄くするにも表にも、裏にも綺麗な
モールドがあって結局モールドを生かすことにしました。

組みにくいとこもありますが、出来上がって来れば、流石ハセガワ
いい感じです。
カウルの白は、クレオスのGXクールホワイトに、グランプリホワイト
を少し混ぜて色をくすませてます。
デカールの白と似た感じになってくれました。

機銃やピトー管もキットのプラパーツで仕上げる予定なので
次回は完成出来ると思います。
CIMG3091_20190127135147128.jpg
CIMG3090_20190127135146064.jpg
フォッケを進めてます。
ハセのフォッケを進めてます。
あまり派手なモットリングでなく、ちょぼちょぼって感じで
CIMG3087_201901212033359d7.jpg
CIMG3086_20190121203333aa4.jpg
D-9よりうまくいきました。クリアーで割った色を重ねて
ゆるくグラデーションつけるとちょいと離れるといい感じに
なりますね。
CIMG3089.jpg
CIMG3088_2019012120333037d.jpg
細部の塗装はあとで考えるとして、デカールを貼りこみ。

マークが入ると雰囲気よくなったぞ。
細部塗装と、汚しを加えていこうと思いますよ。

完成させるつもりでしたが
ハセのフォッケは、下面塗りの下塗りまで。
あとは、
フォッケはキャノピーがでかくあとでそこだけ
載せました的な仕上がりは嫌なので、コクピットの
中身を仕上げ、合わせの調整をいたしました。
CIMG3082_20190106203901d33.jpg
CIMG3083_20190106203902dab.jpg
シートベルトは、ファインのナノシリーズを使用。
キャノピーは、風防側が少し高くそのままでは
段差ができるので少し削り合わせが必要でしたが
ピタッと合います。流石ハセガワ。

下面ですが、足カバーの胴体側開けて作る仕様でしたが
実機写真見てると閉めてるのも多いので、閉めました。
CIMG3084_201901062039044c9.jpg
ここってどういう仕組みなんでしょう。
油圧が抜けたら自重で開くとかでしょうか?

マーキング、はA4で有名な白いカウルの10番にしますが、
有名な塗装の割に実機の写真が見つかりません。
別売りデカールの塗装図参考に塗ろうと思います。

さてッ、最後に、長らく放置していたレベルのミラージュ3
キャノピー回りの合いが悪いのと、下向いた機首でなんか似てない
気がしてからずっと放置してましたが、ちょっと見直し。
CIMG3085_20190106203905973.jpg
機首下に切れ目入れて上に引き上げてみました。

雰囲気が改善できそうなのでちょっと進めてみましょう。

でわっ。


copyright © 2005 taki 箱 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ